行ってわかった♡『ふくろうカフェ』の楽しみ方

LIFESTYLE

これまで、猫カフェ、ことりカフェ、うさぎカフェをご紹介してきましたが……今回は『ふくろうカフェ』に行ってきました!
行ってわかった、ふくろうカフェの楽しみ方をお届けします♪

ここ数年、動物カフェが大ブームです。定番の猫カフェを始め、様々な動物カフェがオープンしています。

そんな中、異彩を放つのが『ふくろうカフェ』。

猫やことり、うさぎは接したことがある人が大半だと思いますが……ふくろうはあまり見る機会もなく、ましてや触れることは、なかなかできません!

そんな貴重な体験をしたく、私がお邪魔したのは国分寺にある「ふくろう茶房」です♪

『ふくろうカフェに到着すると……』

まず、カフェに到着すると、さっそくふくろうを発見!

このふくろうは、お店の外からも眺めることができます。

『ふくろうカフェに入ると……』

中に入ると、出迎えてくれたのはなんと「カワセミ」でした。

看板娘のような、キュートなお顔です♡

『店内にはたくさんのふくろうが!』

ふくろうカフェには、お店中にふくろうが居ます。

ほとんどのふくろうは、ガラス越しですが……♡

写真のように、ガラス越しではなく、間近で見ることができるふくろうも居ました。

『食事メニューが豊富♪』

ふくろう「カフェ」なので、もちろん食事を楽しむことができます。

お食事メニューは、オムカレー、ミートドリア、カツサンドなどなど……種類も豊富です。

スイーツメニューもあり、私は「苺のパンケーキセット」を注文しました。

動物カフェと聞くと、“食事にはあまり力を入れてないのかな?”と思いますが、こちらのパンケーキセット、絶品でした♡

たくさんのフローズン苺は、なんと“とちおとめ”♪
美味しくない訳がありません!

さらにさらに、よ〜く見てみると、ソースの入ったカップ、ドリンクのコップやスプーンに、鳥さんが居ます!

食事も細部まで、楽しめませてくれます♪

『ふくろうと触れ合う!』

食事後は、いよいよ、ふくろうとの触れ合いタイムです!

ふくろうにより、価格が違うのですが、私が触れ合ったこちらの「メンフクロウ」は、300円程で触れ合えました。

写真を見てお分かりのように、ワクワクと不安を感じながら、最初は腕に乗せました。

ふくろうカフェの注意点を一つ挙げるなら、ふくろうが飛ぼうとすることがあるので、次の写真をご覧の通り、風で髪がボサボサになることもあります(笑)。

ふくろうには紐が付いているので、きちんと持っていれば飛ぶことはありません。
ですが、私のようにビクビクしながらふくろうに触れ合うと、ふくろうに伝わってしまうのか……ふくろうが飛ぼうとして、落ち着いてくれません。

一緒に行った友人は堂々としていたので、ふくろうは大人しくしていました。

次は、肩乗せに挑戦!

肩に乗せる方が、難しそうですよね。

腕は動かしてしまいがちですが、肩は土台がしっかりと安定するので、実は肩に乗せる方がふくろうは落ち着きます。

私も肩に乗せた際は、ふくろうが飛ぼうとすることはありませんでした。

ジッとしながら肩に乗せると、乗せている人には、ふくろうがあまり見えないので……写真を撮ってもらうのをお忘れなくっ!

『ふくろうカフェに行ってみて……』

ふくろうカフェは、想像以上の充実感でした!

「ふくろう茶房」の店員さんは、英語がペラペラということもあり、私が行った日は、4人の外国人の方が来ていました。
海外の方も、大注目のスポットのようです☆

店員さんとお話もしやすく、“ふくろうはヒヨコを食べる”など、驚きのふくろうの生態もたくさん知ることができました。

店内が広すぎず、他のお客さんともお話をできたりと、とてもアットホームで、おすすめのふくろうカフェです☆

◆カフェ ふくろう茶房
住所:〒185-0022
   東京都国分寺市東元町3-15-1
電話:042-208-3400
営業時間:月~金曜日 11:00~17:00(LO 16:30)
土、日、祝日 11:00~18:00(LO 17:30)
定休日 毎週火曜日・木曜日

ふくろう茶房HP

ふくろうカフェの楽しみ方をお届けしました♪
定番の動物カフェに飽きてしまった人も、十分楽しめると思います。
ぜひ行ってみてください♡