飲み会でモテるコミュニケーション術を習得♪次こそいい出会いに期待

LOVE

恋愛をするきっかけにもなるのが飲み会♪
そこでは、とにかくモテた者勝ちなんです!
そんなモテる人の、飲み会でのコミュニケーション術をご紹介します。

飲み会でモテるコミュニケーション術① マイナーな話はしない

飲み会で自己紹介をした流れで、趣味や特技の話になったりするとき。

誰も分からないアーティストが好きだったり、特殊すぎる特技だったりすると話が盛り上がりにくいですし、周りが引いてしまいます。ですので、マイナーなトークはなるべく避けるようにしましょう。

ましてや、カラオケなどで誰も聞いたことない曲を選んだり自分のこだわりを出しすぎるのもNGです!
初めはなるべく、みんなから共感されやすいものをチョイスすることがモテるポイントですよ♡

飲み会でモテるコミュニケーション術② 飲めなくてもまずはお酒!

飲み会や、食事会でお酒を飲むことはもう常識になっていますよね。

でも、お酒が苦手、好きじゃないという理由で断固としてお酒を飲まない人ってすごくノリが悪いと思われてしまうんです。

たとえ飲めなくても、乾杯くらいはお酒を選ぶのがベストです。

最近では、飲めないキャラよりもお酒に強いキャラの方がウケが良いので、ペース配分を気にしながら上手く振る舞ってみましょう♪

飲み会でモテるコミュニケーション術③ 好きなタイプは大衆向けに

飲み会での恒例でもあるのが、好きなタイプの質問。

その時についついガチで答えてしまう人がいますが、それは自分のハードルを上げてしまうだけなので、なるべくは控えましょう。

モテたいのであれば、とくに多くを語らずに「優しくて一途な人かな〜!」など、誰でも当てはまる範囲での返事がベスト。

ただ、「好きになった人がタイプかな〜」みたいなアイドル的な返事はモテ狙いと思われやすいので、これだけは気をつけて!

飲み会でモテるコミュニケーション術④ 個別でのメッセージ

飲み会終わりにみんなでメールアドレスやLINEを交換することがあると思いますが、その際に、お礼の連絡は個人個人1通ずつ送ることが大切です。

たとえ、グループができてそこでみんなが会話をしていても、一緒になって「今日はありがとうございました!またね♪」なんて送っていては、次につながる可能性は低いのです。

異性はもちろん、同性にも丁寧にメッセージを送れば完璧!
最後の最後こそ、気を緩めず率先してコミュニケーションをとっていきましょう。

コミュニケーションって自分次第でどんな風にも変わるので、人と関わるためにはとっても大切なことですよね。
また、飲み会で知り合うならなおさら大事になってくるので、よりいい自分を表現できるように行動しましょう♡