自分と争うのはやめよう。「できないこと」を認めると人生が変わる!

LIFESTYLE

本当になんでもできる人はいないでしょう。
だれにでも向き・不向き、得意・苦手なものがあります。
そんな向かないものや苦手なもの、そして「できないこと」を認めると人生が変わるかもしれません。

楠原諒子
楠原諒子
2017.01.04

自分と争うのはやめて、「できないこと」を認めてみる。

“できない”と決めつけ、それを受け入れるには勇気が必要ですよね。
自分の限界を決めるのと同じことなので、これを否定する人もいるでしょう。

自分の限界を決めなくても、ひたむきに頑張れるのなら、そのままを維持するのが理想的です。けれども人生が上手くいかない、変えたいと強く思っているのなら、違う選択をしても良いと思います。

「私は平凡な人間だな〜」と、なにもできない自分と争うのはやめて、一度勇気を出して認めてみませんか?

認めると心に変化が現れるかもしれません。

「できないこと」を認めると人生が変わる:“できること”を知りたくなる!

できないことを認めると、最初は落ち込み、辛いと感じると思いますが、しばらくするといい意味で諦めがつくでしょう。

こうなると、できないことにとらわれない心の状態になるので、自然と「できることを知ろう」と思えます。

できることにこだわると、人生が変わるかもしれません!

「できないこと」を認めると人生が変わる:素直になれる!

“平凡な人間だから、1人ではなにもできない”ことに気づくと、プライドを低く保てそうです。

プライドが低い人には、「わからないから教えて」「困っているから助けて」と、素直に言える人が多いですよね。

プライドが低すぎるのはどうかと思いますが……人それぞれ得意なもの、できることは違うので、それを出し合えるのは素晴らしいことです。

武器の共有をすると、そこで生まれる相乗効果により、人生の流れを変えるキッカケが見つかるかもしれませんよ。

「できないこと」を認めると人生が変わる:自己評価が安定する!

できない自分を認め、“できることを知りたい”という気持ちを大切にし、他人を頼ることができるようになると、目標やまだ存在しない未来を使って、心のバランスを取るのはやめるでしょう。

やめると、自己評価が安定します。
自己評価が安定している人は、他人になんと言われようが、自分軸をキープできます。

また情緒も安定するので、正しい意見を受け入れやすくなり、臨機応変に対応できそうです。

つまり、必要なときは“曲げられる自分軸”が手に入るのです。

「できないこと」を認めると人生が変わる:人生が今よりスムーズに動くかも!

つまり、できないことを知り、それを認めるというのは成長に必要不可欠なのです。

1〜2度目は慣れていなくてできないということもあるでしょう。
3〜4度目もできなかったら“できない”と認めて、他のものを探すのもひとつの手です。

適度に飽きらめる気持ちを持つと、人生が今よりスムーズに動くかもしれませんよ!

できないことを認めると、自分に優しくなれるのかもしれませんね。
できないことを認めて、自分をいじめるのはやめましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。