新人アラサーはまだ子供?OVER30女子が大人になったと思う瞬間5つ

LIFESTYLE

ハタチになると大人の仲間入りを果たしますが、成人したとき大半の人が“大人”という言葉がしっくりこなかったと思います。
では「本当に大人になったな〜」と思う瞬間はどんなときなのでしょうか?
30歳以上の方に聞いた話をご紹介します♪

楠原諒子
楠原諒子
2017.02.13

アラサーの先輩が伝授♪「大人になったな」と思う瞬間① 周囲を見渡すことができたとき

学生時代、“家族や友達を大切にしましょう”と、学校の先生に何十回も言われたと思います。

しかし勉強や部活で忙しく、思春期特有の悩みが多い学生時代や、慣れない仕事のプレッシャーに押し潰されそうな新社会人は自分のことで精一杯……。

時間が経ち、仕事や生活に慣れて余裕を持つと、周囲を見渡すことができるかもしれませんね。
このとき、“本当に大人になったな〜”と思った人が多いようです!

アラサーの先輩が伝授♪「大人になったな」と思う瞬間② お酒が美味しいと感じたとき

大人の楽しみのひとつはお酒ですよね。
子供の頃は、こどもびいるや子供用シャンメリーを飲んで大人の真似をしていた人も多いと思います♡

そしてついにハタチになった瞬間、お酒を口にすると“苦い……”と感じた人もいるのでは?
こんなものを“うまい!”と言いながら飲むおじさんが、不思議で仕方ないと思ったかもしれませんね。

しかし美味しく飲んでいるフリをし続けると、不思議と心から美味しいと感じる日がやってくることも。
ある日突然甘いお酒が飲めなくなったり、ほんのり苦いビールや辛口の日本酒が飲みたくなったときに、“本当に大人になったな〜”と思うようです♪

アラサーの先輩が伝授♪「大人になったな」と思う瞬間③ 仕事に夢中なとき

大人といえば仕事ですよね。

学校を卒業して社会人になったときに、“大人になったんだから”と自分に言い聞かせたことがあったかもしれませんが、言い聞かせただけで、心から大人になったと感じた人は少なそうです……。
その後、30歳前後になって仕事に夢中になっていることに気づき、“本当に大人になったんだ”と感じた人もいるよう。

また仕事に慣れ、夢中になると不思議とお金や時間を賢く使う力がつくことも。
時間の効率化のための工夫や、将来のための貯金法が身につくと、大人の世界が広がりそうですね!

アラサーの先輩が伝授♪「大人になったな」と思う瞬間④ 相談をされることが増えたとき

テレビで年下の芸能人をよく見かけると、私も大人になったんだな〜と感じます。
バラエティ番組で活躍する若いタレントさんには、キャラクターを演じている方も多いですよね。
これは芸能界に限らず、身近でも見かけます。

いじられキャラを演じて先輩ウケを狙ったり、ちょっとだけぶりっ子キャラを演じて彼氏が絶えない状況を作る女子もいるでしょう。
しかし、キャラを演じ続けるといつか限界がきます。
タレントさんは話が別ですが、キャラを演じるのをやめて自然体で生きることを選ぶと、本当の大人に近づけそうですね。

またキャラを演じるのをやめて自然体で生き始めてから、相談を持ちかけられることが増えたという声もありました。
キャラに振り回されなくなると、相手の心に届くような言葉が見つけやすくなるようです♡

アラサーの先輩が伝授♪「大人になったな」と思う瞬間⑤ 直感が当たるようになったとき

先入観を持ってしまうことってありますよね。
初対面の男性を見て、女性にだらしなさそうと勝手なイメージをつけて冷たく接したり、強めの巻き髪で爪がにぎやかなキラキラ女性を見て、能天気に生きていそうと思ったり……。

このイメージ通りの人もいるかもしれませんが、大半がそうでないことが多いので、悪い先入観を持って相手と距離を縮めにくい状況を作るのはもったいないです。
本当に大人になりたいなら、先入観を持ってしまったときはそれを疑ってください。

また「30歳前後から直感が当たるようになった」という声もありました。
30年くらい生きた経験と、先入観を疑い正しい情報を知る努力が、直感力を鍛えたのかもしれませんね♪

アラサーの先輩に聞いた「本当に大人になったな」と思う瞬間をご紹介しました。
本当に大人になったと感じるときは、ある日突然やってきそうですね。
大人に必要なものを考えるキッカケにしてください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。