東京でおすすめの花火大会6つ♡夏のイベントを思いっきり楽しもう

Cover image: www.facebook.com

夏の風物詩、花火♡
「夏のイベントとして花火大会だけは外せない!」という人も多いのではないでしょうか?
7月・8月は毎週のようにあちこちで花火大会が開催され、どこに行くか迷ってしまいますよね。
そこで、この記事では東京でおすすめの花火大会をご紹介します。
迷った時にはぜひ参考にしてくださいね♪

夏といえば花火♡東京でおすすめの花火大会①足立の花火

adachikanko.net

足立の花火(あだちのはなび)は、1時間に約1万3,600発もの花火が打ち上げられます。
これだけ密度の高い花火は他では見ることができず、特にフィナーレの5分間は一気に大量の花火が打ち上げられて圧巻ですよ。

会場には屋台が出ませんが、最寄りの北千住駅・五反野駅・梅島駅から会場に向かう道には多くの屋台が軒を連ね、夏のお祭り気分を満喫できます♪

混雑しない場所で花火を楽しみたい人には、屋形船がおすすめですよ。
おいしい料理を味わいながら、優雅に花火を見ることができます。

◆足立の花火(あだちのはなび)
日程:2018年7月21日(土)
開催時間:19:30~20:30
開催場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
住所:〒120-8510 東京都足立区中央本町1-17-1(一般財団法人足立区観光交流協会)
電話:03-3880-5853

第40回足立の花火

夏といえば花火♡東京でおすすめの花火大会②エキサイティング花火 江戸川区花火大会

www.city.edogawa.tokyo.jp

幻想的に夏の夜を彩るさまざまな演出が見どころのエキサイティング花火 江戸川区花火大会(えどがわくはなびたいかい)は、隣接した市川市の市川市民納涼花火大会と同時に開催されます。

オープニングからエキサイティングで、5秒間に1000発もの打ち上げが毎年恒例になっているんですよ。
また、10分ごとに異なる8つのテーマによる演出があり、いろいろな雰囲気の花火を見ることができるのも魅力です♪

江戸川花火大会では有料席の用意はないのですが、同時開催の市川市民納涼花火大会の有料席を購入することで、江戸川花火大会を迫力満点の正面からゆったりと楽しむことができますよ。
ペア席もあるので、デートにおすすめです。

◆エキサイティング花火 江戸川区花火大会(えどがわくはなびたいかい)
日程:2018年8月4日(土)
開催時間:19:15~20:30
開催場所:江戸川河川敷
住所:〒133-0054 東京都江戸川区上篠崎1-25
電話:03-5662-0523(江戸川区花火大会実行委員会事務局)

江戸川区花火大会

夏といえば花火♡東京でおすすめの花火大会③隅田川花火大会

ja.wikipedia.org

江戸時代から続いている隅田川花火大会(すみだがわはなびたいかい)は、全国的にも有名な夏の花火大会です。
開催場所も第1会場と第2会場に分かれているということと、観覧スポットも多いため、あらかじめ場所の特徴をつかんで場所を決めておくことをおすすめします!

第1会場では花火コンクール玉など約1万発、第2会場では連発のスターマインや創作花火など約1万発が打ち上げられますよ。

花火大会の中で、隅田川花火大会が1番混雑するのではないでしょうか?
夕方になると駅から出るのも大変なほどで、駅から出てもゆっくりしか進むことができないので、「会場に着くころには花火が終わってしまった!」なんていうこともあるんです。

でも、実は混雑を避けて花火を見ることができるスポットがあるんですよ。
それはスカイツリーの展望台!
しかし、チケットは抽選になるのでご注意ください。
先着順だと、スカイツリーのレストランSky Restaurant 634(スカイレストラン ムサシ)で食事をしながらゆったりと花火を鑑賞することもできますよ。
どちらも予約方法など詳細は公式サイトで確認してくださいね♪

◆隅田川花火大会(すみだがわはなびたいかい)
日程:2018年7月28日(土)
開催時間:19:00~20:30
開催場所:隅田川桜橋下流~言問橋上流(第1会場) 駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
住所:〒130-8640 東京都墨田区吾妻橋1-23-20(隅田川花火大会実行委員会)
電話:03-5608-1111

隅田川花火大会

夏といえば花火♡東京でおすすめの花火大会④いたばし花火大会

www.facebook.com

関東で最長のナイアガラの滝で有名な夏の花火大会が、いたばし花火大会(いたばしはなびたいかい)で、長さはなんと700メートルにも及ぶんですよ!
ナイアガラの滝だけでも壮大なのですが、なんと同時に1,000発ものスターマインが一気に打ち上げらます。

規模は年々大きくなり、現在は埼玉県戸田市の戸田橋花火大会と同時開催されているんですよ。
戸田市側と板橋側のどちらからも両方の花火を見ることができます。
ただ、気をつけてほしいのが、ナイアガラの滝は戸田市側からは見ることができません!
ナイアガラを見たい、という人は板橋側から見てくださいね。

逆に、ナイアガラの滝は見なくてもいいから混雑を避けたい、という人には戸田市側がおすすめです。
戸田市側のほうが全体的に混雑が少なく、穴場スポットも多いんですよ♪

◆いたばし花火大会(いたばしはなびたいかい)
日程:2018年8月4日(土)
開催時間:19:00~20:30
開催場所:荒川河川敷
住所:〒174-0041 東京都板橋区舟渡4
電話:03-3579-2251

いたばし花火大会

夏といえば花火♡東京でおすすめの花火大会⑤立川まつり国営昭和記念公園花火大会

www.facebook.com

立川まつり国営昭和記念公園花火大会(たちかわまつり こくえいしょうわきねんこうえんはなびたいかい)は、2018年夏で60回目の開催となります。
そのため、2018年は今までよりパワーアップし、花火の打ち上げ数が5,000発から6,000発に増え、クライマックスを飾る一尺五寸玉が3連発から5連発に増えるんですよ。

開催場所である国営昭和記念公園は、18時までは入園料がかかりますので、早めに行って場所取りをしようと思っている人は気をつけてくださいね!
また、有料の特設エリアの席もあり、早くから並ばないで席を確保することもできます。
イスのある席やお弁当付きの席もありますよ♡

◆立川まつり国営昭和記念公園花火大会(たちかわまつり こくえいしょうわきねんこうえんはなびたいかい)
日程:2018年7月28日(土)
開催時間:19:20~20:20
開催場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
住所:〒190-0014 東京都立川市緑町3173
電話:042-528-1751

立川まつり 国営昭和記念公園花火大会

夏といえば花火♡東京でおすすめの花火大会⑥江東花火大会

sp.jorudan.co.jp

江東花火大会(こうとうはなびたいかい)は、約4,000発の迫力ある花火が人気の花火大会!
会場の荒川・砂町水辺公園は、打上げ場所からわずか150メートルの距離なんです。
なので、臨場感たっぷりで迫力満点なんですよ♪
また、川面に花火が映るので納涼感も感じられ、夏の夜がステキに彩られます。

こんな魅力たっぷりな江東花火大会ですが、他にも大きな魅力があるんですよ。
実は江東花火大会は穴場の花火大会なんです。
それほど混雑しない上に広大な敷地なので、花火大会が始まってから到着してもブルーシートを敷くスペースが充分に確保できます。
早くから場所とりをする必要がないので、デートにもピッタリですよ♡

◆江東花火大会(こうとうはなびたいかい)
日程:2018年8月1日(水)
開催時間:19:30~20:30
開催場所:荒川・砂町水辺公園
住所: 〒136-0076 東京都江東区東砂8-22先
電話:03-3647-4963(江東区地域振興課区民交流担当)

江東花火大会

東京でおすすめの花火大会をご紹介しましたが、いかがでしたか?
カップルシートのある会場や、穴場スポットなど、花火大会はとにかく混むので早めの対策が必要です。
夏の夜のひと時を、ステキに過ごしてくださいね♪

【関連記事】夏が待ちきれないっ!6月開催の花火大会でロマンチックな夜を。

花火は日本の夏の風物詩のひとつ。夜空に浮かぶ大きな花火を眺める、ロマンチックなデートを...

花火 東京 おすすめ イベント

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小林 亜樹

素敵なカフェ・レストランや旅行が大好きです。
以前は航空会社で勤務していました。現在はモデル…

>もっとみる