簡単にできる手作りフェイスパック10選♪作り方や方法をcheck!

BEAUTY

しっとりした肌をキープするために欠かせないフェイスパック♡
最近では、自分で作る女性も増えているそうです。
高級なフェイスパックにも負けない、お家で簡単に作れる手作りフェイスパックは、成分が分かっているので安心してできるスキンケアアイテムになってくれますよ。
そこで今回は、おすすめの手作りフェイスパックの作り方や方法、ポイントをご紹介するので、ダメージを受けた肌のケアとして取り入れてみませんか?

手作りフェイスパックの魅力とは?

3種類のパック

女性にとって毎日の食事や睡眠と同じように欠かせないのが、丁寧なスキンケアです。
スキンケアを怠るだけで肌は乾燥したり、ダメージを蓄積したりしてしまうので、「どんな忙しいときでもスキンケアは欠かさない」という女性も多いのではないでしょうか。

そのスキンケアの中でも集中的に肌にうるおいを与えることができるフェイスパックは、とても人気がありますよね。

安いものから高いものまで幅広くありますが、最近話題になっているのが「手作りフェイスパック」♡
家にある食材を使って簡単にフェイスパックを作ることができ、ぷるぷるのお肌をGETすることができますよ。

また、どんな成分を使ってフェイスパックを作っているのか自分で知ることができるので、安心して使えるのも魅力です。
そして目的に合わせたフェイスパックが作れるので、ぜひ手作りフェイスパックで肌のお手入れをしてみてください。

簡単な手作りフェイスパックの作り方①キュウリパック

キュウリパック

最初にご紹介する簡単な手作りフェイスパックは、キュウリパックです。
夏の日焼けした肌におすすめのフェイスパックで、クールダウンしてうるおいを与えてくれるのがキュウリパックの魅力!

中途半端にキュウリが残ってしまうことがあれば、ぜひフェイスパックに活用してみましょう。
食材がスキンケアアイテムになるなんて驚きですし、キュウリパックを聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

<材料>
・キュウリ

<作り方>
①キュウリをよく洗って薄くスライスします。
②顔全体にのせ、5~10分ほど経ったら洗い流しましょう。

キュウリはスライスではなく、すりおろしてペースト状にしてもOK!
ペースト状なら塗りやすいですし、落ちてくる心配もないのでキープしやすいですよ。

簡単な手作りフェイスパックの作り方②卵白パック

パックをする女性

続いておすすめする簡単な手作りフェイスパックは、卵白パックです。

卵白には界面活性作用があるといわれていて、皮脂汚れも落としてくれるそうなので、手作りフェイスパックとして活躍してくれるんですよ。
リゾチームという殺菌成分や、アルブミンという保湿成分なども含まれ、スキンケアとして優秀な食材だといえそうです。

<材料>
・新鮮な卵の卵白(1個分)

<作り方>
①卵白を洗顔ネットにのせて軽く泡立てます。
②顔全体に塗って5〜10分ほど放置したら、ぬるま湯で洗い流して化粧水で保水していきましょう。

もし電動のハンドミキサーなどがあれば、メレンゲ状に泡立てて使うのもおすすめです。
頻度は毎日でもいいといわれていますが、卵は新鮮なものを使うのが必須!

古い卵ではお肌にも良くないので、使わないように気をつけてくださいね。
卵白パックで、卵のようなぷるぷる素肌を目指していきましょう。

簡単な手作りフェイスパックの作り方③小麦粉パック

小麦粉とパン

小麦粉パックも、簡単な手作りフェイスパックの一つです。
小麦粉パックは簡単に作れるだけでなく、美白や小鼻の黒ずみオフ、保湿など、美肌作りに嬉しい作用が期待できるスキンケアアイテムになってくれますよ。

作り方もこれといって難しいものがなく、お家にある材料ですぐに手作りできるフェイスパックなので、初心者向けでもあります。

<材料>
・小麦粉 大さじ2
・水 大さじ1.5

<作り方>
①大さじ2杯の小麦粉を、器に入れて少しずつ水を加えながら溶かしていきます。
②ダマを潰しながら、塗りやすいペースト状になったら完成です。
③5~10分ほど放置して、すすぎ残しがないように丁寧に流してくださいね。

小麦粉パックを落とすときは、お湯ではなくぬるま湯に近い水がおすすめです。
お湯で落とすと小麦粉が固まり、落ちにくくなってしまうそう!
また、小麦粉アレルギーの女性もいるかと思いますので、必ずパッチテストをしてから24時間何もないことを確認し、顔に塗るようにしてくださいね。

簡単な手作りフェイスパックの作り方④ヨーグルトパック

ビンに入ったヨーグルト

乳酸がたっぷり含まれているヨーグルト♡
このヨーグルトを使ったヨーグルトパックも、簡単に手作りできるのでおすすめですよ。

ヨーグルトをフェイスパックとして使うことでもちもちの肌にすることができます。
ケミカルピーリングにも使われるといわれているフルーツ酸が古い角質も溶かしてくれるそうなので、肌の透明感もアップしますよ。

また、たんぱく質を吸着することから毛穴の汚れが落ちるなどいいことばかり!
そのためハリウッド女優なども、スキンケアとして手作りヨーグルトパックを実践しているそうです。

<材料>
・プレーンヨーグルト 大さじ2
・小麦粉 適量

<作り方>
①ヨーグルトに小麦粉を混ぜて肌から垂れない程度の固さにします。
②程よくペースト状になったら肌に塗り、5~10分ほど待ったらぬるま湯でキレイに洗い流しましょう。

ヨーグルトはピーリング効果も強いので、週に一度のスペシャルケア程度で取り入れるのがおすすめです。
やりすぎると肌が荒れる原因になってしまうので注意しましょう。
また、お好みではちみつやココア、オリーブオイルなどを混ぜても◎

簡単な手作りフェイスパックの作り方⑤はちみつパック

ビンに入ったはちみつ

続いておすすめする簡単な手作りフェイスパックは、はちみつパック!

飲む美容液ともいわれているはちみつには、約190種類以上もの肌に良いといわれている成分が含まれているので、高い保湿効果があるといわれています。
特に多く含まれるビタミンやミネラル、アミノ酸は肌のハリやツヤをアップしてくれるそうですよ。

また、高い抗菌力もあるそうなので、ニキビケアとしても役立ってくれます。
さまざまなスキンケアアイテムでも使われているほど有名な食材ですよね。

<材料>
・はちみつ 適量

<作り方>
①大さじ1杯ほどのはちみつを目安に、肌に塗っていきます。
②乾燥が気になるときはサランラップで顔を覆い、5〜10分ほど経ったら洗い流しましょう。

使うはちみつはできるだけ「純はちみつ」を選ぶようにしましょう。
砂糖や添加物が含まれていないほうが、はちみつ本来の役割を発揮させることができます。

簡単な手作りフェイスパックの作り方⑥緑茶パック

緑茶の葉

緑茶パックも、簡単な手作りフェイスパックの一つですよ。

日本人と馴染み深い緑茶には、飲めばダイエット効果、塗れば美肌効果が得られるといわれています。
その秘密は緑茶に含まれるタンニンやビタミンCにあり、肌の代謝を活性化してくれるからなんだとか♡

小麦粉を混ぜることで肌の汚れを取る効果がさらに高まるそうなので、セットで使ってみてください。

<材料>
・緑茶の茶葉 適量
・小麦粉 適量

<作り方>
①緑茶の茶葉をフードプロセッサーなどで粉末状にします。
②緑茶の粉末と同じくらいの量の小麦粉を混ぜ、ぬるま湯を加えながらしっかりこねます。
③肌に薄く伸ばして塗り、乾燥する前にぬるま湯で流しましょう。

使う緑茶は、元から粉末タイプのものでもOK!
緑茶の香りも楽しめるので、リラックス効果も高めることができそうですよ。

簡単な手作りフェイスパックの作り方⑦酒粕パック

酒粕

酒粕には美容成分が豊富に含まれていることから、美容にいいアイテムとして女性の間でも人気ですよね。
そんな酒粕を使って簡単に手作りすることができるフェイスパックが、酒粕パックです。

特に酒粕にはリノール酸やアルプチンと呼ばれる美白成分が豊富に含まれているといわれているので、くすみのないワントーン明るい肌へ整えてくれるんだとか♡

また、老廃物を排出してくれる働きもあり、保湿効も高いのでスベスベの肌を目指すことができるでしょう。

<材料>
・酒粕 大さじ2
・ヨーグルト 適量

<作り方>
①酒粕をぬるま湯と混ぜてペースト状にし、ヨーグルトも少し入れて滑らかにします。
②顔をマッサージするように薄く塗り、5~10分ほど置いたら流しましょう。

乾きやすいので、乾燥が気になる部分はラップをするのがおすすめ!
使う酒粕はバラバラのものや板になっているものなど何でもOKですが、お酒が弱い女性はほろ酔い気分になってしまう可能性があるので注意してくださいね。

簡単な手作りフェイスパックの作り方⑧アボカドパック

アボカドを持つ女性

続いておすすめする簡単な手作りフェイスパックは、アボカドパックです。

アボカドは栄養価が高く、独特のクリーミーさが美味しいので、女性から人気がありますよね。
美味しいだけでなく保湿力も抜群だといわれているので、乾燥肌をケアしたいときにぴったりな食材なんですよ。

また、シミやたるみにも働きかけてくれるといわれているので、アンチエイジングケアとしても役立ってくれそう♡

<材料>
・アボカド大さじ1
・はちみつ小さじ1

<作り方>
①アボカドを容器の中に入れてフォークなどで潰しながらペースト状にします。
②そこへはちみつを入れてさらに混ぜたら、顔全体に塗ります。
③5〜10分ほど経ったら洗い流しましょう。

週に1~2回のスペシャルケアで取り入れれば、肌の水分バランスも整えられてもっちり肌に変わりますよ。

簡単な手作りフェイスパックの作り方⑨バナナパック

バナナを食べる女性

バナナパックも、簡単に手作りすることができるフェイスパックの一つです。

果物の中でも比較的安く購入することができるバナナは、栄養価の高い果物として人気ですよね。
しかしバナナのパワーはそれだけでなく、健やかな肌作りのサポートもしてくれますよ。

ビタミンB群はニキビ予防、ビタミンCは美白ケア、そして肌のターンオーバーを促してくれるので、健康な肌サイクルへ整える効果が期待できます。

<材料>
・バナナ 1本
・純カカオ 小さじ1
・はちみつ 大さじ1

<作り方>
①新鮮なバナナをフォークなどで潰したら、純カカオとはちみつも加えてしっかり混ぜます。
②顔全体に薄く塗り、5~10分ほど放置したらぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

こだわるのであれば、オーガニックバナナを使うのもおすすめ!
パック中に痒みを感じるようであれば、直ぐに洗い流して様子をみてください。

簡単な手作りフェイスパックの作り方⑩米ぬかパック

米ぬか

最後におすすめする簡単な手作りフェイスパックは、米ぬかパックです。

食べても健康や美容にいい米ぬかは、肌に直接塗っても嬉しい効果を得られます。
特に、美肌やアンチエイジング効果に優れているといわれていて、小じわやたるみの予防に役立ってくれるそうです。

さらに今回は、ふっくらした肌に整えてくれるといわれている豆乳を使って、若々しい肌作りを目指していきましょう。

<材料>
・米ぬか 大さじ2
・小麦粉 適量
・豆乳 適量

<作り方>
①材料を混ぜ、肌に塗りやすくなるまで豆乳を少しずつ混ぜていきます。
②顔に塗り5~10分ほど置いてぬるま湯で洗い流しますが、ぬめりが気になるようであれば電子レンジで1分ほど温めた蒸しタオルを使って優しく拭き取りましょう。

小麦粉アレルギーがあるなら、酒粕を代わりに使うのもおすすめです。
週に1~2回取り入れて、キメの整った肌を目指してみてくださいね。

簡単にできる手作りフェイスパックの作り方や方法をご紹介させていただきました。
家にあるもので美肌にいいパックが作れるのは嬉しいですよね。
ただ、小麦粉パックに限ったことではありませんが、手作りフェイスパックをする際には、肌との相性がいいかを肘の内側などで必ずパッチテストをしてからトライしましょう。
また、10分以上のパックは却って肌が乾燥する原因にもなってしまうので、放置時間には注意してぬるま湯でしっかり流したら乳液などでうるおいに蓋をしてあげてくださいね。