これであなたも会話美人♡誤解を招かない言葉の選び方とは?

LIFESTYLE

人に何かを伝える時に重要なのが"言葉の選び方"。
ひとつ間違えただけで、思わぬ誤解や喧嘩を招いてしまいます。
そうならないための言葉の選び方を勉強しておきましょう◎

言葉の選び方を間違えると、とんでもない誤解に!

言葉の選び方って難しいですよね。
育ってきた環境や周りの状況で、自分が伝えたかった意味と違うように捉えられてしまうことがあります。
でもそれは仕方のないこと。

常に誤解の危険性があると思いながら、上手に言葉を選ぶ術を身に付けておく必要があります♪
ちょっとしたミスで家族や恋人、大切な友達と心が離れてしまわぬように、しっかり学んでおきましょう◎

誤解を招かない言葉の選び方①たった一文字で誤解は生まれる

日本語はとても難しいです。
たった一つの文字で意味が全く違ってきてしまうのですから…。

たとえば…
▶○○がいい!
▷○○でいい!
というのでは意味がまったく違いますよね。

▶は「これがいいんだ!」と自分の欲している物を要求するようなイメージ。
▷は「まぁいいや」という妥協のようなイメージ。

これでは気持ちの高揚度が全く違ってきます。
自分の気持ちや度合いを正確に伝えるには、たった一文字すらバカにできないのです!

誤解を招かない言葉の選び方②いちばん伝えたいところを主張する

誤解を招く原因は、いちばんしっかり伝えたいことを、隠してしまうからです。

照れや恥ずかしさで肝心なところを伝えられないことが、相手に誤解させてしまう原因!
相手の気分を害してから、いろいろ説明を加えたとしても遅いのです…。

たとえば最近デートが減ってきたカップルで『デートがしたい』と思う。
「デートにしよう」と「たまにはどこか出かける?」と切り出すのでは少し違うと思いませんか。
「デートしよう」と率直に言ってくれた方が、言われた方は嬉しいですよね♡

相手がいちばん気持ちよく会話できるような言葉選びが大切です◎

誤解を招かない言葉の選び方③親しき中にも礼儀あり

親しい・親しくないに関わらず、すべての人と接するときには礼儀は必要ですが、大切な人にはさらに注意するべき!

近しい存在だからこそ、気が緩んで特に気を付けずに話してしまいます。
でも、親しいからこそ言われて機嫌が悪くなれば、「その言い方は何!?」と返ってくるのも事実。

分かってくれるからいいや、誤解は後でも解けるは思い違いです。
はじめからそういうことがないように、必要ならば説明を加えながら話すようにしましょう♡

いかがでしたか?
言葉って難しいですよね。自分の気持ちを100%伝えきるのはきっとできないと思います。
でも誤解は少ない方が人間関係は潤滑になります。
言葉の選び方、一つ一つ丁寧にしていきましょう◎