いつでもどこでも黒が着たい!黒い服を着る女性の心理を解明♡

FASHION

ワードローブの中に黒の服が多かったり、全身黒で出かけることが多い人っていますよね♪
シュッとした印象でかっこいいんだけれど、なんでそんなに黒ばかり着るのでしょう……。
今回は、黒を着る女性心理を解明していきます♡

【黒い服ばかり着る女性心理➀】仕事着にもオフにも着られるから

黒い服のいいところは、TPOを選ばないところです。
黒は洗練されたイメージを与えますので、仕事着にはもってこいの色。
仕事ができる人だと、簡単に思わせることが可能な色です。

反対に、普段着に黒を着る人も多いように、オフの時にもさらっと着れてしまう手軽な色でもあります。

簡単にキマって、簡単に落ち着ける、選択を簡単にしてくれる……そんなスーパーカラーなんです♪

【黒い服ばかり着る女性心理②】所作を意識できる

女性は、所作や振る舞いが大事ですよね。
男性との違いを見せるためには、女性らしい振る舞いがとても大切。

服でも女性らしさを醸し出すことはできるけれど、それよりも所作を学んだほうが実は効果的だったりするんです。
その理由は、行動が人を変えてしまうこともあるから!

女性らしい行動を心がけていれば、どんな服を着ていても、凛とした女性に見られるもの。

黒い服を着ていると、服で女性らしさを出しきれない分、余計に自分の行動がはっきりとわかってしまうので、意識せざるを得ないわけです♪

【黒い服ばかり着る女性心理③】エネルギッシュ

色覚心理によると、黒を好んで着ている人は「エネルギッシュで、自分を持っていて、他人から尊敬されてる」人が多いのだそう。

黒と決めておくことで選択を簡単にできるので、その分エネルギッシュに活動できたりもします。
ごまかしのきかない色なので、自分をしっかり持ってないと着こなせない色だったりすることが、この心理を生み出しているのですね。素敵です……♡

【黒い服ばかり着る女性心理④】依存しない

黒を着る人は、ある程度独立出来ている人が多いようです。
友達や恋人、仕事などに依存せず、自分を確立して人生を生きる意志のようなものがあります。

感情的というよりも理論的かつ合理的なところがあり、自分にとってプラスにならない関係は案外あっさりと断ち切れたりするもの。

【黒い服ばかり着る女性心理⑤】他人を羨ましがらない

黒を着ると洗練された感じがしますよね♪
また、黒は安さを感じない色でもあります。
つまり、簡単に自分に自信を持たせてくれる最高な色なのです。

自分に自信がついたり、反対に欠点が浮き彫りになって、直そうという気にさせてくれるからこそ、自分に価値を見出すことができます。
だから他人を無駄に羨ましがったり、妬む人が少ないのです。

黒い服は、着る人にとっていい事づくしの色ですね♪
しかも、チープ感が出にくいところも嬉しい!
あんまり黒を持ってないという人は、とっておきの一枚から探してみては?♡