男をイライラさせたら終わり!こじらせ女子→愛され女子になる方法

LOVE

男性が女子の種類でもっとも苦手なのが恋愛がことごとく下手な「こじらせ女子」。
「わたしは大丈夫よ」と思っているあなた!
自覚していなくても意外とこじらせ女子だった!という人が多いんですよ。
これを読んで、愛され女子になる方法を学びましょう♡

こじらせ女子→愛され女子になる方法①言葉はそのまま受け取る

こじらせ女子の大半は自分に自信がないためにカラ回ってしまうことがほとんどで、そこからなかなか抜け出せないんですよね。

そのため、男性とのデートの約束にこぎつけたとしても「今度行こうね!」と言われるだけで「今度っていつ!?」と焦って具体的な日にちを決めたくなっちゃうんです。

【今度=断っている】と思い込まずに素直に言葉のまま受け取って「今度が楽しみだな♡」という気持ちで過ごせば、彼から日程のオファーがくるはずですよ♪

こじらせ女子→愛され女子になる方法②後から言わない

こじらせ女子って、後から自分の気持ちを伝えたり、忘れた頃に反省しだしたりしますが、それは男性をイライラさせる原因になるので、気をつけましょう◎
気になったり、思ったことをその場で言わないことで、相手の男性の最終的な記憶がマイナスのまま。

「本当はあのときこう思ってたの。」なんて言われたところで、例えその話がネガティブな内容じゃなくても、男性からしたら「いまさら!?」と思ってしまいます。
苦手な子レッテルを貼られてしまうかも……。

自分の気持ちに正直になるだけで、だいぶ状況や思われ方が変わるので自信をもって♡

こじらせ女子→愛され女子になる方法③嫉妬をしすぎない

男性は女子の小さな嫉妬は可愛い部類に入っているので少しくらいお互いの関係を深めるためには必要だったりしますが、嫉妬のしすぎは要注意!

通り過ぎた女子を目で追っていたのを見つけた時に頭ごなしに怒ったり、落ち込んだりしたりするのではイライラさせる原因です。

そんなときは「ああいう感じが好みなの?私も髪切ろうかな〜♪」なんて明るく受け入れることで「そんなことないよ!○○チャンの方が可愛いよ」なんてアナタが聞きたかった答えが返ってくるかも♡

こじらせ女子→愛され女子になる方法④男を上げつつ目線は対等に

こじらせ女子って自信がないせいか、自分を下に見せるクセがあるのです。
ですがそれを男性は謙虚だとは思っていません。むしろ自分で魅力を半減させているので今すぐにやめましょう。

会話の中では自分を下げて話すのではなく「○○くんのそういうところ、すごく尊敬できる♪」など、相手を上げることを心がけるだけで解決できちゃいますよ♡

男性を上げることができる女子は、腰が低い女子よりもはるかに需要があるのをお忘れなく!

自分はそんなつもりがなくても知らず知らずのうちに、ややこしくしてしまいイライラしている可能性があります。
今一度、男性と接しているときの自分を見直して見ましょう♪