頭皮のために始めたい紫外線ケア8選♪美髪を育むためにできること。

BEAUTY

美肌を維持するためには、紫外線対策が欠かせませんが、頭皮の紫外線対策はできていますか?
実は頭皮は肌よりも直接紫外線の影響を受けやすいといわれているので、日々のケアが欠かせないパーツなのです。
そこで今回は、頭皮のために始めたい紫外線のケア方法をご紹介いたします。

頭皮の紫外線対策をしないとどうなるの?UVケアが必要な理由って?

鏡を見る女性

髪の毛があるからなのか、顔を優先してしまうからなのか、普段からあまり頭皮の日焼けに対する意識がありませんよね。
しかし、頭皮の日焼けはそのまま放置していたら、大変なことになってしまうことをご存知でしたか?

《紫外線による頭皮への影響》
①炎症、乾燥を招き、免疫機能が低下した状態になる
②育毛環境が悪くなり、うねりや薄毛の原因になる
③髪の潤いを守るキューティクルがはがれ、パサつきやゴワつきを感じる
④髪の内部のメラニン色素が分解され、ヘアカラーが落ちやすくなる
⑤弾力やハリを保つコラーゲンなどを破壊し、たるみの原因になる

頭皮自体はどうなるのかというと、赤くなったりヒリヒリしたりと肌が日焼けするのと同じ状態が続きます。
これによって頭皮にある細胞が機能を果たさなくなり、結果的に抜け毛などのマイナスな現象が起こってしまうそう……。

顔の皮膚は頭皮と一枚で繋がっているので、頭皮がたるめば顔もたるみ、老けて見える原因になってしまいますよ。

微笑む女性

「なぜみんなこんなに紫外線!紫外線!と騒いでいるの?」とまだ疑問に思っていませんか?
紫外線を浴び続けることは、老化を加速させるだけでなく、皮膚ガンになる可能性も高くなるといわれているのです。

女性にとって忘れたくない美を保ち、健康な頭皮環境を守るためには、やはり普段から紫外線のケアを頭に入れておくことが重要だといえるでしょう。

紫外線は、春から夏にかけてのイメージがあるかと思いますが、実は一年中降り注いでいます。

そこで今回は、美髪を育む頭皮のために始めたい紫外線ケアをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

紫外線ケアをチェックする前に!そもそも健康な頭皮ってどういう頭皮?

サングラスをかけた女性

紫外線ケアを見ていく前に、まずは健康的な頭皮についてご紹介いたします。
そもそも健康的な頭皮って、どのような状態なのか気になりますよね。
皆さんは自分の頭皮をチェックしたことはありますか?

自分の頭皮なんてチェックする機会がないからこそ、今の状況を知ることが大切です。
健康な頭皮は色で判断することができるといわれています。

もし頭皮の色をチェックしたときに、頭皮が健康だったら青白いはず!
何も汚い色がなく、白くてうすーく青みがかかっているのが特徴ですよ。
反対に不健康な頭皮だったら、色が黄ばんでいたり、赤みがあったりしていて、白ではない状態になっています。

健康ではない状態だった女性はもちろん、健康的だった女性の皆さんも今の状態をキープするために頭皮ケアを徹底していきましょう。

頭皮のために始めたい紫外線ケア①UVスプレーを使う

ヘアスプレーを使う女性

頭皮のために始めたい紫外線ケアとして、一番手軽に始められるのがUVスプレーを使うことです。
最近では、スタイリングをしながらUVカットも叶えてくれるものや、保湿しながらカットしてくれる商品が充実していますよね。

髪用のUVカットスプレーなら、ベタつきが少ないですし、ヘアスタイルを崩さずキープしてくれるので、スタイリング後やお出かけ前にシューッと髪にスプレーしてみてください。

使うときのポイントは、髪から10~15cmほどスプレーを離し、髪全体にまんべんなくスプレーをすること
そして、こまめにスプレーをすることも重要ですよ。

肌と同じように時間が経つと紫外線のカット効果が薄れてしまいますので、頻繁に外へ出る際や一日中外にいるような場合は、2~3時間おきに使用するのがおすすめです。
汗をかいたり、濡れたりしたときもタオルで拭いてスプレーのつけ直しを徹底しましょう。
そうすることで、紫外線のカット効果を保つことが期待できます。

頭皮のために始めたい紫外線ケア②つばが広い帽子をかぶる

帽子をかぶった女性

紫外線から頭皮を守るためのケアとして、一番心掛けたいのは「日差しを直接浴びない」ということです。
直射日光を浴びれば浴びるほど、頭皮も日焼けする確率が高くなるので、帽子を常備するのがおすすめ!

UVカット効果が期待できる専用の帽子もあるので、ぜひチェックしてみてください。
選ぶときには、つばが広い帽子をチョイスするのもポイントですよ。

つばが広ければ、それだけ広範囲で紫外線から身を守ってくれるので、頭皮だけでなく顔の紫外線ケアにも最適です。

また、ずっとかぶっていると夏場はムレて辛くなってしまうこともあるので、通気性などがある素材だとさらにGOOD♡
最近では帽子をかぶったときのおしゃれなヘアアレンジもたくさんあるので、おしゃれも両立できますよ。

頭皮のために始めたい紫外線ケア③日傘も持ち歩く

傘をもつ女性

帽子をかぶる対策と同じように、頭皮を紫外線から守るなら日傘を用意しておくのもおすすめですよ。
日傘も紫外線を物理的に遮断できるといわれているので、頭皮の日焼け対策やケアにはとても有効な方法なんだとか♡

女性の場合は、帽子をかぶるとヘアスタイルが崩れることや、汗でぺたんこになってしまうことから「かぶりたくない」という意見が多いよう……。
日傘ならヘアスタイルもキープできるので、帽子嫌いの女性にもおすすめですよ。

荷物になってしまうかもしれませんが、折りたためるコンパクトタイプの日傘や、普通の傘としても使える日傘などもあるので、使いやすいものを選んでみてください。

色やデザインも豊富にあるので、好みのものを見つけることもできるでしょう。

頭皮のために始めたい紫外線ケア④髪型の分け目を分ける

ブラックをする女性

頭皮の紫外線ケアとして、意外に知られていないのですが、髪型の分け目をこまめに変えることも効果的な方法だといわれています。

普段からポニーテールやお団子など、アレンジ方法は変えても、分け目を変えることって少ないですよね。

しかしここにも落とし穴があり、分け目をずっと同じにしていると、常にその分け目部分で紫外線を浴びることになり、ダメージが集中してしまうのです。
この状態を放っておけば、当然その分け目部分から紫外線による影響を受けることになるので、分け目あたりの髪が抜けてしまうこともあるそう……。

ですので、少なくとも週に一度は分け目を変えるようにし、他の紫外線ケアを組み合わせながらダメージを分散するようにしてみてくださいね。

頭皮のために始めたい紫外線ケア⑤シャンプーは優しく行う

シャンプーする女性

健やかな頭皮環境を整えるために欠かせないシャンプーは、紫外線ケアでも重要なポイントになります。
シャンプーによってダメージを与えないように、丁寧なヘアケア、頭皮ケアをしていきましょう。

《シャンプーの基本的なやり方》
①最初にブラッシングをして、不要な汚れや絡まりをとっておきます。
②絡まりやすい毛先から中間、そして根元の順にブラッシングをしたら、今度はぬるめのシャワーでしっかり予洗いをしてください。
③そしてシャンプーをたっぷり泡立てたら、泡で髪や頭皮を包み込むように指の腹を使いながら優しく洗います。
④しっかりすすぎ、軽く水を切って毛先を中心にトリートメントをなじませてくださいね。

シャンプーも、アミノ酸系や弱酸性など、頭皮に優しいものを選ぶのがおすすめです。

頭皮のために始めたい紫外線ケア⑥ヘッドスパで頭皮をいたわる

ヘッドスパを受ける女性

頭皮のメンテナンスとして、ヘッドスパを受けることも紫外線ケアとしておすすめですよ。
ヘッドスパで頭皮マッサージをすると、頭皮の血流を良くすることができるので、美髪に必要な栄養を食事からしっかり摂取することができるようになります。

そして頭皮の洗浄もすることができ、髪と頭皮を活性化させることが期待できるんですよ。
自宅で行う場合は、濡らした髪に頭皮用のオイルなどをつけ、頭皮マッサージをしてみてください。

《自宅でできるヘッドスパ》
①ブラッシングと予洗いまではいつものシャンプーと同じです。
②次に頭皮用のオイルをなじませ、指を軽く開いた状態で頭に添えたら、指の腹を使って頭皮全体をもみほぐします。
③さらに指で軽くつまむように、トントンと頭全体をたたき、頭頂部は親指以外の指を使ってグーッと押してみてください。
④そしてシャンプーとトリートメントをすれば終わりです。

美容院で本格的なヘッドスパを受けるなら、2週間に一度通うのがおすすめですよ。

頭皮のために始めたい紫外線ケア⑦保湿をしっかり行う

鏡を見る女性

頭皮の紫外線ケアとして欠かせないのが、肌と同じように保湿をすることです。
肌と同じように頭皮も乾燥しますし、その乾燥した状態では免疫機能も低下してしまうので、紫外線によるダメージをさらに受けやすくなってしまうそう……。

「髪と同じようにトリートメントをつけるのはダメ?」という女性もいるでしょうが、トリートメントが頭皮に残ってしまうと毛穴を塞いで頭皮環境を悪くさせる原因になってしまうといわれています。
なので、トリートメントは毛先中心と髪の表面につけるのがポイントです。

頭皮を保湿するなら、きちんと頭皮用の美容液を使ってみてください。
頭皮の痒みやフケ、頭皮湿疹などの頭皮トラブルを予防する効果が期待できるだけでなく、頭皮のたるみ改善にも役立ってくれるそうで、肌のリフトアップにも嬉しい効果が期待できそうですよ。

敏感肌の女性用や低刺激の頭皮美容液もあるので、ぜひチェックしてみてください。

頭皮のために始めたい紫外線ケア⑧ドライヤーの使い方に注意する

ドライヤーを使う女性

ドライヤーの使い方は、紫外線ケアのためだけでなく、普段からの頭皮ケアのためにも意識しておきたいポイントになります。

お風呂上りの濡れた髪は、そのままにしておくと雑菌が繁殖して頭皮環境を悪化させてしまうので、必ずドライヤーで乾かすことが重要です。
しかしドライヤーの熱によって頭皮や髪にダメージを与えてしまう可能性も……。

《ドライヤーの使い方》
①まずはしっかりタオルドライをし、余分な水分を吸収してドライヤーを使う時間を短くしましょう。
②さらにアウトバストリートメントなどで毛先を中心に髪を保護したら、髪から20~30cmほどドライヤーを離して風をあてます。
③熱が1カ所に集中しないように、ドライヤーを動かしながらまんべんなく風をあてて乾かしてくださいね。

素早く乾かすことで、頭皮や髪へのダメージを軽減できますよ。
うっかり日焼けをしてしまったときも、ぜひ心掛けてみてください。

頭皮のために始めたい紫外線ケア方法をご紹介させていただきました。
頭皮は顔の皮膚と繋がっているからこそ、どちらかのケアが怠っていれば悪影響が連鎖してしまいます。
今は良くてもしっかりケアしないと、30・40代になってドーンっと大きな影響が出てきてしまうので、紫外線量の多い春や夏はもちろん、秋や冬も油断せずにケアしていきましょう。