健康にも美容にも効果的♡「お酢」の種類と使用別の効能とは

ビネガーと呼ばれることで、知名度とオシャレ度が一気に上がった「お酢」。
お酢には、実に色々な種類があり、用途もさまざまです。
そして、飲むか調理するかによっても、その効能や作用が異なることをご存知ですか?
今回は健康にも美容にも効果テキメンな、「お酢」の種類と使用別の効能をご紹介します。

こんなにたくさん!?「お酢」の種類

今回ご紹介する「お酢」は、非常にたくさんの種類があり、原料や効能など、違いもさまざまです。
中でも効果があって、人気が高いお酢の種類をご紹介します。

◆食酢
発酵することで完成させる、醸造酢の一種。
原料は主に米や穀物(麦やコーン)、果実、野菜、はちみつ、アルコール、サトウキビなどです。
一般家庭で使われる機会が多いのが、この食酢です。

◆果実酢
原料の果実の使用量が300g/L以上であれば、果実酢と呼ばれます。
果実酢の中でも、りんご酢やぶどう酢など、いくつかの種類に分類されます。

◆穀物酢
穀物酢の中でも、主に良く使用されるのは、米酢と黒酢です。
米酢は、原料の米の使用量が40g/L以上含まれているものを指します。
黒酢は、使用する材料によって、黒米酢と呼ばれたり大麦黒酢と呼ばれます。

お酢の効能・作用〜飲む場合〜

どのお酢でもそうですが、調理をして摂取するか、飲んで摂取するかで、効能が異なってきます。
どんな効能を期待したいかで、摂取法を変えてみるのも良いかもしれませんね。

まずご紹介するのは、飲む場合のお酢の効能です。

✔消化を促進……消化液を施してくれる。
✔疲労回復……疲労の原因と言われる乳酸を分解してくれる。
✔便秘解消……便通を正常化してくれる。
✔肥満防止……法室分解酵素の活性を抑制してくれる。

こんなに様々な効能を期待することができます。
ビネガードリンクとして、飲むタイプのお酢がたくさん登場していることにも納得ですよね!

お酢効能・作用〜調理する場合〜

では、お酢を調理に使用した場合には、どんな効能を期待することができるのでしょうか。

✔減塩効果……塩味を強くする効果を持っている。
✔夏バテ防止……収穫を刺激することによる、食欲増進が期待できる。
✔保存性が高い……主成分である酢酸には防腐効果があるので、ピクルスなどの保存食づくりに役立ってくれる。

夏バテで弱ってしまいがちな体を、いたわってくれるような効能がたくさん♡
元気がないな、と感じた日にはお酢を使ったメニューを作るのも良いですよね。

お酢の効能・作用〜共通〜

お酢を飲んでも調理に使用しても実感できる効能が、「食中毒菌の静菌」と「殺菌効果」です。

食中毒が起こりやすい夏の時期でも、日常的にお酢を摂取していることで、事前に防止することができるかもしれません。

つまり、体調を崩してしまいがちな夏こそ、お酢を摂取するのに最適な季節といえるのです♡

口にする以外の活用法もある!

そして最後にご紹介するのは、飲んだり調理したりという、口にする方法以外にもOKなお酢の活用方法です。

夏に懸念される食中毒には、キッチン用品の消毒などをしっかり行っておくことも大切です。
そこで活躍してくれるのが、お酢なんです♪
お酢を水で少し薄めてスプレーボトルに詰めておくだけで、殺菌効果のあるスプレーを作ることができます。

キッチン周りやまな板などに、このお酢をスプレーしておけば、食中毒菌などを殺菌してくれます。

夏のオフィスにお弁当を持って行っているという人は、お弁当箱のふたなどに、スプレーをしておくのも良いかもしれませんね。
夏に嬉しい効能を持つお酢には、様々な活用法がありました。
体内に取り入れることはもちろん、日常的なアイテムとして、その効能を活かした使い方をしてみてくださいね。

【関連記事】ダイエットにも美容にも◎知っているようで知らなかった酢の魅力♪

昔から健康に良いといわれており、女性が積極的にとり入れたい調味料として人気の高い酢。で...


【関連記事】黒酢より飲みやすい?半年で12キロ痩せたおすすめダイエット法4選

個人的な話ですが、昨年、成人式のためにダイエットをした私。半年で12キロまで落とすことに...

お酢 種類 効能 ビネガー 美容 健康 美肌 殺菌効果 食中毒

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

夢咲 姫花

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる