必殺恋愛心理学テク♡相手の気持ちをコントロールできる!?

好きな相手がいるけれど、どうやったら向こうから好意を抱いてもらえるかわからない……。
それなら心理学を使って、相手の心を効果的にコントロールしちゃいましょう♡
これは使える!という“必殺恋愛心理学”を早速ご紹介します。

目次

必殺恋愛心理学♡テクニックを伝授①「ダブルバインド効果」

「ダブルバインド効果」とは、相手を断らせないためのテクニックのこと!
ビジネスシーンで有名な心理学ですが、実は恋愛においても効果的♡これをデートのお誘いをするシーンに当てはめてみましょう!

◼︎普通の誘い方
「今度食事に行かない?」

◼︎ダブルバインド効果を使った誘い方
「来週の土曜日か日曜日に食事に行かない?」

お気づきになりましたか?
“食事に行くか行かないか”を尋ねている普通の誘い方と違って、ダブルバインド効果の誘い方は“食事に行くのが前提”で話を進めていくテクニック♡

「土曜か日曜に…」という聞き方をされた相手は、「どちらの曜日だったら空いてたっけ?」と自分のスケジュールのほうへ自然と意識が向かいます。
その為、普通に誘うよりも断られることが少ないんです!
これが心理学のおもしろいところ♡他にも色んな場面で使えますよ。

必殺恋愛心理学♡テクニックを伝授②「ウィンザー効果」

「ウィンザー効果」は、本人から直接情報を受け取るよりも、第三者を介して受け取った情報の方が信じやすいという効果◎
直接言われてないからこそ色んな想像が働き、気になってしょうがなくなるのです。
そしていつの間にか信じてしまっているという心理状態に……!

この原理を恋愛シーンに活かすなら、相手に自分の気持ちを伝えるのに効果的なテクニック。
彼との共通の友だちの前で彼への気持ちをさりげなく漏らしたり、いっそのこと友だちに伝えてもらうようお願いしちゃいましょ♪

その時は「好き」というストレートな思いより、「○○くんって紳士的で素敵」というような“好意”を表す内容がgood。
「好き」という明確な言葉でないからこそ聞き手は色んな想像をして、よりドキドキするからです。
これを友だちから聞いた彼はきっと、あなたのことが気になって仕方なくなるはず♡

必殺恋愛心理学♡テクニックを伝授③「ザイガニック効果」

人の脳って中途半端が大嫌い。
それを利用した効果が「ザイガニック効果」です。
例えばTVでよく見る「気になる結果はCMの後!」や「ドラマの予告」がそうです。これを見ると結果や続きが気になりませんか?
それがザイガニック効果によって引き起こされた心理なんです!

こういう未完結な状態のものって人の記憶に残りやすい一方、完結したものは忘れやすいというのが人間の記憶の性質なんですって。
これを恋愛に使うなら、気になる彼と解散するタイミングにぜひ♡
話し終わって落ち着いたので解散ではなく、あえてその場が盛り上がってきたところで解散しちゃいましょう!
“もっとこの子と話したい”そんな気持ちを掻き立たせるテクニックです。

そして、1度に自分の全てを話すのではなく、小出しにして興味を引くのも会話のテクニック◎
“なんか気になるコミュニケーション”で確実に2人の距離を縮めていきましょう♪

必殺恋愛心理学♡テクニックを伝授④「ザイオンス効果」

「ザイオンス効果」を日本語にすると“単純接触効果”といいます。
簡単に言うと…一緒にいる時間の長さよりも、会う回数が多い方が相手に与える影響力が大きいというものです。

例えばディズニーランドで12時間遊ぶのと、2時間くらいの食事を6回するのとではどうでしょう?
一緒に過ごした時間の合計は同じ12時間ですが、新密度で言うと後者のほうが深まっているように感じませんか?
これが「ザイオンス効果」です。

会うだけでもOK♡
好きな相手と接触する回数を増やすことで、親近感や好意を持ってもらいやすくなるので、試してみる価値はありますよ。
今回ご紹介した4つは、男女に共通して使える心理学なので、もしかすると「それ分かる!」と思ってくださった方もいるのでは?
次は恋愛心理学のテクニックを使って、気になる相手を攻めてみるのはいかがでしょう♡

【関連記事】【モテ心理学】初対面の異性を落とすテク♪ナチュラルに射止める♡

モテメイク、モテヘア、モテファッションなど、”モテ”を意識したテクがあちこちで広まってい...

恋愛 心理学 テクニック 使える 男性 効果 好き

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

片山 侑貴

学生時代は女子大生サークルL'allureの初代副代表。大学卒業後、金融業界に就職。その後転職をしてキャリ…

>もっとみる