日本人だからピッタリ♪糖質制限ダイエットで美ボディをGET

BEAUTY

「糖質」……すっかり馴染み深い言葉になりましたよね!
糖質制限とか糖質オフとか、名前は聞いたことあるけれど詳しいことは知らない、という人、意外にも多いのではないでしょうか?
今回は、正しくきちんと痩せられる「糖質制限ダイエット」をご紹介します♪

糖質制限ダイエット① なぜ「糖質」が注目されているのか

今や、糖質制限されている商品が続々発売されるほど、馴染んでいる「糖質」というキーワード。
みなさんも漠然と、糖質カットされている商品を選ぶようになっているのでは?

しかし、なぜ糖質が注目されているのでしょうか。
糖質は、タンパク質と脂質と同様に、体内でエネルギー源として使われる役目を持っています。
大切なエネルギー源ではありますが、余ったら蓄えてしまうため、太るという現象が起きるのです。

糖質やタンパク質は1gにつき4kcal、脂質は1gにつき9kcalとされています。
では、糖質よりも脂質を減らしたほうが手っ取り早く痩せられるのでは?と思いますよね?
しかし人間の体はそんなに簡単ではないんです!

糖質制限ダイエット② 日本人と糖質のカンケイ

カロリーの高い脂質よりも、糖質を制限しようとする風潮がなぜあるかというと、それは私たちが「日本人」であることが根源なのです。

日本人は驚くことにエネルギーの60%を糖質から得ています。
それゆえ糖質を制限することがカロリー摂取量を減らす、さらにはダイエットに成功することにつながるのです。

しかし、糖質は減ったとしても、同時に必要なエネルギー量を少なくしてしまうと、健康的に痩せることはできません。
なので、タンパク質や脂質で必要なエネルギー量は確保しておきます。

糖質制限ダイエット③ 糖質を制限すると、頭がボーッとしてくるのでは?

脳が働くためにはブドウ糖が必要ですよね。
そんな糖質制限なんてしたら、頭が脳がボーッとしてきてしまうのでは?と思うかもしれません。

でも、大丈夫なんです!
なぜなら、タンパク質や脂質が糖を作り出す「糖新生」が起きるから◎

▼糖質制限ダイエットのやり方♡

では、詳しく糖質制限ダイエットの方法をみていきましょう!

①主食を減らす。
炭水化物には、やはり糖質が多く含まれています。

②お菓子やジュースは飲まない!
いくら100%のフルーツジュースでも糖分はあるので、飲みすぎには注意!

③油は植物油中心で!

④良質な緑黄色野菜と、良質なタンパク質を摂取

基本的な原則は4つ!簡単そうに感じますよね。

でも、日本人の糖質摂取割合は60%。急に減らすと体に負担がかかったり、リバウンドの原因になりかねません。
なので、ゆっくり少しずつ「体を慣らす」ように食生活を変えていきましょう!

やたら「糖質」と叫ばれるようになったのは、私たちが日本人であることが密接に関係していたんです。
逆を言えば、だからこそ「糖質に気をつければ痩せる」ということでもあります。
これで無理のない美ボディをゲットできるかも♡