ロマンティックで幻想的♡秋田でおすすめの『竿灯祭り』をチェック

LIFESTYLE

秋田の「秋田竿灯祭り」って知っていますか??
ロマンティックな光の提灯に、迫力満点の技の数々、絶対見る価値アリのお祭りです!!
今回は、そんな秋田竿灯祭りをご紹介します♡

「秋田竿灯祭り」の原点とは??

引用:www.kantou.gr.jp

竿灯祭り(かんとうまつり)の原点は、真夏の疫病や邪気を払う、「ねぶり流し」の行事と言われています。
なんと、1789年の文献には、このねぶり流しが行われている様子が掲載されており、歴史の深さを物語っています!

現在もこの伝統はしっかりと受け継がれ、8月初旬、秋田は秋田竿灯祭りで、盛り上がりを見せます。

提灯づくりの職人さんや、お祭りに欠かせない半纏を作る職人さん、竿灯祭りの携わるたくさんの人々の努力のおかげで、秋田竿灯祭りは、国の重要無形民俗文化財に指定されています♪

竿灯ってどうなっているの??

引用:www.kantou.gr.jp

秋田竿灯祭りのメインである「竿灯」。この竿灯には、全部で46個の提灯が付けられています!

46個の提灯は、全部で9段に分けてつけられます。
一段目が 2個
二段目が 4個
三~八段目が 6個
九段目が 4個
と決まっており、真ん中を親竹が支え、横竹に提灯が張り糸でつながれています。

中心を支える竹も太くて立派なもので、総重量は約50キロにもなるそうです!!


竿灯の妙技をご紹介☆

引用:www.kantou.gr.jp

秋田竿灯祭りは、この竿灯を持って練り歩くだけではありません。
五穀豊穣・無病息災を祈りながら、この竿灯で演技をして回るのです!!

手のひらに竿灯を乗せ、高々と上にあげてみせる「平手」
首の強さが試される「額」
差しやすくもっとも覚えやすいとされる「肩」
かなりの修練が必要されるド派手な「腰」

どの技も、約50キロの竿灯を使いこなし披露されるので、成功するたびに歓声が上がります♪

また、子供たちもこの竿灯妙技に参加します!子供用の竿灯でも、5キロ・15キロの重さがあり、見ている方が涙を流すほど、子供たちの一生懸命さに心打たれます♡

お祭り期間のイベントにも注目♪

引用:www.kantou.gr.jp

秋田竿灯まつりの期間中に体験できる、さまざまなイベントがありますので、ご紹介します!

竿灯妙技を生でご覧になって、感銘を受けた方も多いと思います!そんなときは、ぜひご自分で竿灯の技を体験してみてください♪

「竿灯体験コーナー」では、ミニチュアの竿灯や、子供用の5キロサイズの竿灯を実際に持ち、体験することができます!

記念撮影することができるので、秋田竿灯祭りの思い出づくりにピッタリです♡

【開催日】
8/3~8/6 10:00~17:00

秋田竿灯祭りHP

秋田のお祭り「秋田竿灯祭り」は魅力たっぷりですね♡
この迫力はぜひ生で体験していただきたいです!!
ぜひ秋田に行って、竿灯祭りに参加してくださいね♪