ブルーデイだって仕事に集中したい!オフィスで心掛けたいことって?

LIFESTYLE

女子にとって、月に一度のブルーデイは、仕事をすることすら憂鬱に感じてしまうもの。
しかし、ブルーデイだって、本当は仕事に集中したい!
そんな働く女子に向けて、ブルーデイだからこそオフィスで心掛けたいことをご紹介します。

ブルーデイだって仕事に集中したい▶カフェインを避ける

デスクワークの際、つい手にしてしまうコーヒー。

しかし、実はブルーデイはコーヒーなどの飲み物に含まれるカフェインをあまりとりすぎない方が良いのです。

なぜなら、カフェインは血管を収縮させ、血の巡りを悪くしてしまうから。

血の巡りが悪くなってしまうと、痛みが出てしまう可能性があるので、仕事に集中するためにもブルーデイのデスクワークのお供は、ノンカフェインのドリンクにしましょうね♡

ブルーデイだって仕事に集中したい▶白砂糖が含まれている食べ物を避ける

ブルーデイだって仕事に集中なら、カフェインだけではなく、血をドロドロにしてしまう成分として知られる“白砂糖”がたくさん含まれている食べ物も避けるのが無難。

例えばチョコレートやケーキなどといった、いわゆる“甘いもの”は、白砂糖がふんだんに使われています。

疲れやすく、体がだるいブルーデイは、どうしても甘いものが欲しくなってしまいがち。

そんな時は、スウィーツに頼るのではなく、フルーツなどの天然の甘みを選ぶようにしましょう。

ブルーデイだって仕事に集中したい▶体を冷やさないようにする

冷えや血行不良も、ブルーデイの大敵!
ブルーデイは仕事に集中するためにも、体を冷やさないようにしましょう。

ここ最近は暖かい気候が続いていますが、足元はどんな季節でも冷えやすいので、注意が必要です。

会社にはカーディガンやブランケットなどの防寒グッズを常に常備し、いつブルーデイが訪れても良いように、準備をしておきましょう。

どんな季節でも、冷え対策を怠らないことで、血行不良を招いてしまうことを防ぐことができます。

ブルーデイだって仕事に集中したい▶締め付けのないお洋服を選ぶ

普段仕事にはしゃきっとした服装で挑んでいる人も、ブルーデイばかりは締め付けのないお洋服を選ぶようにしましょう。

ぴったりしたトップスやスキニーパンツなどのお洋服は、締めつけてしまうことで血流を悪くしてしまい、生理痛を悪化させてしまう可能性があります。

適度にゆとりのあるお洋服を選ぶことで、ブルーデイでも快適に仕事に集中することができますよ。

ブルーデイだって仕事に集中したい▶TODOリストを作って冷静に仕事をこなせる工夫をする

ここまででは、ブルーデイの体調に気遣った方法をご紹介してきました。
ただ体を気遣うだけでは、テンションが付いてこないのがブルーデイの厄介なところ。

しかしそんなときには、“冷静に仕事に集中できる”状況を、自分で作ってあげることが大切です。
ブルーデイでもしっかりと仕事をこなすためにおすすめしたいのが、「TODOリストの作成」です。

出社してすぐに一日の仕事をまとめ、TODOリストを作成することで、どんな仕事から取り組むべきなのかという順序や、優先順位などをスムーズに把握することができます。
このTODOリスト作成時には、仕事のミニマムを記しておくことも大切。

ブルーデイは無理をしすぎず、できることをできるだけこなすという心持ちでいることも、精神的な安定を保つために必要なのです♡

体調にも気づかい、精神面でも工夫をする。
これを自然と実行できるようになれば、ブルーデイだって集中して仕事に取り組むことができるのです。