雑誌連動

美人になるための9つの温活習慣♡ぽかぽか気分で心も体も穏やかに

♡4MEEE Vol.3 p.82 〜「幸せを掴むためのビューティーお作法」

冬は体の冷えが気になる季節。そこで取り入れたいのが「温活習慣」です!女性はとくに、体を冷やさないように注意してとよくいわれますよね。

今回は、美人になるための温活習慣をたっぷりご紹介します。温活習慣を取り入れて、冬でも健康的な調子の良い体を目指しましょう♡

美人になれると噂の「温活習慣」って?

体が冷えると体調不調になるだけではなく、血行が悪くなって顔のクマやくすみの原因になることもあるそうです!だからこそ、美人になりたいなら温活習慣を取り入れるべき♪

そもそも温活習慣のゴールってなんだと思いますか?それは、「平熱を上げること」です。

あなたの今の平熱は何度でしょうか?35度台という方は要注意!体が冷え体質になっていますよ。目指すべきは365日、36.5〜37度前後をキープすること。

平熱が低く1年中36.5度以上体温がないという方はもちろん、冬の冷え対策として温活習慣を身に付けましょう♡

美人になるための温活習慣①下半身を温める

体は、心臓から1番遠い場所から冷えていくそう。そのため、下半身はとても冷えやすいのです。

理想的なのは、頭を冷やし足を暖める「頭寒足熱」という状態です。よく眠れて、健康によいといわれています。上半身は涼しいまま、下半身を温めるのが冬の正しい温活習慣といえるでしょう。

とくに足元が冷える冬の場合は、かわいいもこもこのルームソックスや湯たんぽを使って足の先までしっかり温めるのが美人を作るコツですよ。

オフィスでも電気毛布などで下半身をしっかり温め、上半身はやや薄着ぐらいが◎仕事が捗るでしょう♡

美人になるための温活習慣②首まわりを温める

温活というと、「厚着をすればいい」と勘違いしている方も多いのではないでしょうか?
実は、ただ温めればいいというわけではなく温める箇所にポイントがあるんです。その箇所を重点的に温めてあげれば、着ぶくれせずに済みますよ♪

それはズバリ、首・手首・足首・腰首(ウエスト)。つまり、体の「首」が付く部分です。

首・手首・足首には動脈が。腰首には、冷やすと体調不良の原因になりやすいといわれている子宮・胃腸・内臓があります。ポイントをしっかり押さえれば、体中をしっかり温めることができますよ。

ウエストは可愛い腹巻などを利用するのが◎可愛い温活グッズで冬でも健康美人を目指しましょう!

美人になるための温活習慣③肌に触れる素材にこだわる

アウターやニットなど厚手のアイテムを着て、体を温めようと考える方は多いはず。
しかし、1番重要視したいのは肌着なんです!肌に1番近く触れるアイテムの素材にこだわるだけで、いつもより体を温めることができますよ。

おしゃれしたいから着こみたくない!という方は、肌着にこだわってください♪
とくに天然素材の肌着がおすすめ。その中でも、シルクは保温性・吸放湿性に優れていて、夏は涼しく冬は温かいそう。体温調整を助けてくれるはずです!

美人になりたい方は、まずは肌着選びを見直して、温活習慣を初めてみてくださいね♡

美人になるための温活習慣④おふろでしっかり温まる

「体を温めるなら、やっぱりお風呂が1番♪」お風呂が大好きで、毎日しっかり湯船に浸かっているという方も多いのではないでしょうか?

湯船に浸かることはとても良い温活習慣です。いつもシャワーで済ましてしまうという方は、できるだけ湯船に浸かる時間を確保してください!そうすれば、もっと美人になれるかも♡

体の芯まで温めるには、ちょっとぬるめの湯船にゆっくり浸かること!
熱めのお湯に入ってすぐに汗が出てくると、体が温まったと勘違いしやすいのですが、実は体の表面しか温まっていないことがあります。

じっくりとぬるめの湯に浸かって、身体の芯まで温めることができれば、血行が良くなり体の不調も改善することができるでしょう♡

美人になるための温活習慣⑤質の良い睡眠をとる

温活習慣とは関係ないけれど、質の良い睡眠をとりたい!と思っている方も多いはず。

実は、体の体温は眠っているときに下がってしまいます。寝る前に体が温まっていないと寝つきが悪くなってしまうそう。疲れているのに布団に入ってもなかなか寝付けないという方は、体が冷えていることが原因かもしれませんよ!

ベッドのなかに湯たんぽを忍ばせたり、保温効果が期待できる天然素材のパジャマを着る温活習慣を取り入れてみてください。体温調整がしっかりできれば、質の良い睡眠をとることができるはず♪

心が落ち着きリラックスできる、アロマなどを炊くのもおすすめですよ!

美人になるための温活習慣⑥白湯で体温を上げる

朝に取り入れたい美人になれる温活習慣は、白湯を飲むこと♪

先ほどご紹介したように、寝ているときは体温が下がっています。つまり、朝は体温が下がっている状態なのです。

そこから体温を素早く上げるには、寝起きに1杯の白湯を飲むことが効果的!白湯を飲むだけで、いつもよりも体が温まっていることをすぐに実感することができるでしょう。

外に出て体が冷えてしまったなと感じた時にも、オフィスや自宅ですぐに白湯を飲めば安心。朝はもちろん、体の冷えを感じた時には白湯を飲むようにしてください♡

美人になるための温活習慣⑦血の巡りを良くする

体を冷やさないために、日頃から「温まりやすい体づくり」をしておくのも、美人になるためには大切な温活習慣です。

体温を上げるためには筋肉量を上げることが必要♪体温を生み出しているパワーの約4割は、筋肉によってつくられているといわれています。

また、筋肉は血液を循環させるためのポンプの役割をしているそう。なので、とくに下半身の筋肉を鍛えるのがおすすめです。冷え改善だけではなく、むくみ解消にも繋がるでしょう!

運動が苦手という方は姿勢を正すだけでもOK。それだけで大切な筋肉を鍛えることができるそうなので、整体に通うのもおすすめですよ♡

美人になるための温活習慣⑧体を温める食べものを選ぶ

何より欠かせない美人になれる温活習慣は、毎日の食事♪冷たい食べものや飲み物はなるべく口にしないことが、大切なポイントです。

飲み物は常温がベスト!冬のアイスは美味しいですが、体が一気に冷えて温まるまで時間がかかってしまうのでおすすめできません。
どうしても食べたいときは、お風呂に入る直前に食べるなどして、寝るまでに体温を上げておくようにしましょう。

体を温める効果のある食事は、温度の高いメニューだけではありません。
熱を持っていなくても、スパイスやショウガ・トウガラシなどを上手に取り入れた食事を摂ることで、体を温めることができますよ♡

美人になるための温活習慣⑨デスクワークにもちょっとした習慣を

デスクワークが多い!座っている時間が長い!という方は血行不良になりがち……。
だからこそ、デスクワークの合間にちょっとした温活習慣を取り入れましょう♪

トイレにたつ時やちょっとした休憩のたびに、足首や手首・首を回して血行を促してください。回すことで筋肉が動き、滞っていた血液の巡りを良くすることができるそうですよ。数分間行うだけで、運動していないのに体がポカポカしてくるのを感じるはず♡

美人は1日にしてならず。オフィスワークが多いという方は、デスクでこっそり血行を良くする習慣を取り入れてみてくださいね♪
冬だけではなく一年中取り入れたい美人になるための習慣がたくさんありましたね♪「最近体調不良の日が増えた。」「寒くなると体調が悪くなってしまう。」という方は、もしかしたら体の冷えが原因かもしれません。

しっかり体を温める習慣を取り入れることで、驚くほど体の体調が良くなることも!体を温めることで免疫力をアップさせることもできるそうなので、体調不良改善はもちろん風邪やインフルエンザの予防にも効果的でしょう。2018年の冬は美人になれる温活習慣を取り入れて、体の中から美しい健康的な体をキープしましょう♡

【関連記事】プレゼントにも最適!温活グッズで体の内側からキレイになろう♪

♡4MEEE Vol.3 p.82 〜「幸せを掴むためのビューティーお作法」寒い季節になると恋しくなるあ...

温活 習慣 美人

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

大森 瞳

>もっとみる