ストレスの原因がこんなにも!実はたくさんあるハラスメントの種類

◯◯ハラスメントという言葉、セクハラ(セクシャルハラスメント)以外にも、実はいろいろあるんです。
されるだけでなく、自分が知らないうちに、ハラスメントをする側になっていることもあるんです!
ストレスの元凶になってしまうハラスメント、正しく種類と概念を理解しておきましょう♡

ストレスの元となるハラスメントの種類①セクシャルハラスメント(セクハラ)

女性にとって、身近で常に直面するリスクにさらされているハラスメントの種類といえば、セクシャルハラスメント(セクハラ)です。

セクシャルハラスメントは、身体を触るだけではありません。
「胸大きいね」なんて一言も、受け取る人がストレスになったら立派なハラスメントなんです!

ストレスの元となるハラスメントの種類②パワーハラスメント(パワハラ)

職場で悩まされる人が多いパワーハラスメント(パワハラ)は、上司がその立場を利用して、部下に不当な要求や嫌がらせとも取れる言葉を発言する、ハラスメントの種類です。

上司だからと泣き寝入りしていると、どんどんつけあがっていくだけ!

きちんとした会社なら、ストレスを緩和して、誰もが笑顔で働ける環境作りの一環としてパワーハラスメントを取り締まってくれるはず。人事や先輩などに相談してみましょう♪

ストレスの元となるハラスメントの種類③モラルハラスメント(モラハラ)

離婚の原因にもなるハラスメントの種類があります。それがモラルハラスメント(モラハラ)です。
モラルハラスメントは、パートナーから受ける精神的なDVのこと。

付き合い始めは献身的で優しかったのに、彼女になった途端にオラオラ系や俺様系に変身して、ストレスが溜まり始めている場合は要注意♪

外面はいいのに、二人きりになるとあなたに高圧的な態度をとるようなモラルハラスメント男はさっさと別れるのが正解です。

ストレスの元となるハラスメントの種類④マリッジハラスメント・マタニティハラスメント

「結婚しないの?」「もうそろそろ子供産んだ方がいいんじゃない?」などの何気ない一言は、事情があって子供が産めない女性や、自分なりの結婚観を持っている方にとっては、深く傷つけられる一言になりえます。

マリッジハラスメント(マリハラ)、マタニティハラスメント(マタハラ)と呼ばれるハラスメントの種類は、女性同士でもしてしまっていることが!

相手にストレスを与えている可能性もあるので、自分自身の言動を振り返って、気をつけていきたいところです。

ストレスの元となるハラスメントの種類⑤スメルハラスメント

体臭や香水など、キツイ匂いで周囲の人の気分を害してしまうスメルハラスメント(スメハラ)は、もしかしたら日々香水を使っているあなたでもやってしまっているかもしれません!

柔軟剤の匂いが苦手でストレスを感じているという人もいるので、自分の使っている香りが周囲にどう捉えられているのかを一度確認し、それに応じて使う柔軟剤や香水の種類を変えたほうがいいかもしれません。

ストレスの元となるハラスメントの種類⑥ソーシャルハラスメント

SNSを通じて、上司や先輩から上下関係を示すような言動を書き込まれ、ストレスになっている方いませんか?

やけに馴れ馴れしいコメントを頻繁に入れてきたり、「いいね」をするタイミングがすごく速かったり、面識のないあなたの友達に「友達申請」されたりするのが、ソーシャルハラスメントなんです。

仲良くなるどころかストレスになってしまうようなSNSの使い方をする上司や先輩いるんです。
ソーシャルハラスメントは、現代社会ならではのハラスメントの種類といえるかもしれません!
ハラスメントの種類を知ることは、自分が周りに不快感を与えていないかを考えさせてくれるきっかけにもなりますよね。
また、ストレスの原因になっていた、あなたの周りの人からの言動も、ハラスメントと分かれば対策の道筋も見えてくるもの。
ハラスメントをする側にならないためにも、ハラスメントの種類を知っておくといいでしょう。

【関連記事】言い訳が多くない?職場で苦手意識を持たれやすい女性の特徴5つ

“この人なんか嫌だな……”と思う仕事仲間が、だれにでも1人や2人はいるでしょう。反対に、自分...

ハラスメント 種類 ストレス

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

>もっとみる