【まとめ】たれ目が叶うメイク法とは?まん丸目元の甘顔に♡

BEAUTY

綾瀬はるか(あやせはるか)さんや石原さとみ(いしはらさとみ)さんなど、男女問わず愛される芸能人の方は「たれ目」の方が多いですよね。
彼女たちのようなまん丸の目に見つめられたら、思わずうっとり……♡自分には縁遠いなぁなんて思っている人もいるはずです。

諦めるのはまだ早い!憧れのたれ目は、ちょっとしたメイクテクニックで手に入るのです♪
今回は、たれ目に見えるメイク方法やおすすめの美容医療を幅広くご紹介します!

憧れのたれ目をゲットするには、どうすればいい?

キリッとした切れ長の猫目、セクシーでかっこいい印象を与えますが、時には「怒ってるの?」なんて聞かれることも。
猫目がコンプレックスという方も中にはいるはずです。少しでもたれ目に近くには、一体どうすれば良いのでしょうか?

まずは、自分の目の形としっかり向き合ってみましょう!
憧れの芸能人の目とどこが違うのかな?このパーツが数cmずれていたら理想的かな?などを、鏡を見ながら考えてみてください。

今回は、メイクだけでなく美容医療まで幅広くご紹介します。

猫目がコンプレックスで仕方がないという方は、美容医療を手段の一つとして考えてみましょう。

たれ目はメイクで手に入る!

まずはたれ目メイクのご紹介!
たれ目メイクは、いくつかのポイントを押さえれば必ず成功できます。ここでは、アイラインの長さやマスカラののせ方を例として挙げていますが、たれ目メイクにはまだまだたくさんのポイントがあるのです。

例えば、アイシャドウ。目の形に沿って幅広く並行にのせていた方は、上下の立体感を意識してのせてみて!
黒目の上に濃いめのシャドウをのせると、より丸い目に近く見せることができます。

アイブロウの描き方にもポイントが。ふんわり並行眉を意識してみると、きつめの顔の印象があっという間に柔らかく。
眉毛は顔の印象を大きく左右するパーツなので、注意して描いてみましょう。

タレントの佐野ひなこ(さのひなこ)さんは、まん丸たれ目がトレードマークですよね。黒目がちのカラコンや涙袋が特徴的です。参考にしてみてはいかがでしょうか?

たれ目メイクのポイント① 長めのアイライン

アイラインを引く時は、目頭から目尻まで少し長めに引くことがコツ。最も重要なのは、目尻のラインをはね上げずに少し下げて描くことです!

これ一つで目元の印象はあっという間に柔らかくなります♡ウォータープルーフなどのにじみにくいラインを使えば、目尻のラインも一日キープできるでしょう。

さらに、ラインの太さにも工夫を。目頭から目のてっぺんまでの太さより、目のてっぺんから目尻までを太く描いてみてください。
下がった目尻がより強調されるメイクテクニックです♪

人気ブロガーの桃(もも)さんは、甘いたれ目がチャームポイントですよね。彼女のアイラインテクニックがご紹介されているので、チェックしてみてください。

たれ目メイクのポイント② ぷっくり涙袋

たれ目メイクは、ラインやマスカラなど目の上側だけを意識しては完成しません。目を上下に大きく見せるには、涙袋もしっかり強調させる必要があります!

涙袋は別名“目の下のホルモンタクン”ともいわれており、女性らしさのポイントとなる重要なパーツなのです。
涙袋を強調することは、たれ目効果をもたらすだけでなく目元全体をウルッと見せることができ、ピュアで可愛らしい瞳を演出することができます♡

ここでは、涙袋メイクにおすすめの商品を多数ご紹介しています。普段のメイクにしっくりくる色合いのものを探してみて♪

元々涙袋がほぼなく、ラインを引いても顔の中で浮いてしまうという方もいるはずです。そのような方は、ヒアルロン酸注射などで涙袋を作ってみるのも一つの手です!

たれ目メイクのポイント③ マスカラ・マツエク

たれ目を作る上でまつ毛は重要なパーツ。マスカラののせかたやマツエクの選び方にも注意しましょう!

マスカラは、目尻を重点的にのせましょう。外側に向かって斜め下方向にマスカラを動かすことで、目尻を下げて見せることができます。
ただし、パンダ目になりやすいという欠点があるため、メイク時は丁寧にマスカラを動かしましょう。

下まつ毛をいつもよりのせるのもポイント。下方向に目を強調すると、まん丸とした目に見せることができます。
下まつ毛専用のマスカラは、普通のマスカラでは塗りにくい目尻などにもしっかり行き届くため、一つ持っていると非常に便利ですよ♪

マツエクはカールの種類を慎重に選びましょう。カール感が強く丸みのあるCカールを全体に使用すると、たれ目に近くことができます。
目尻や目頭よりも黒目の部分だけ1mmほど長くすると、より愛らしい目元になるためおすすめです♡

美容医療でたれ目に?①目尻切開

しかし、メイクの力でもたれ目に近づけるには限界がありますよね。
根本的にたれ目になりたいという方は、美容医療に頼ってみましょう。ここでは、たれ目に近づける美容医療をご紹介しています。

目尻切開は、目を大きく見せたい人に人気のある整形手術です。
顔の両側面に向かっている目尻にメスを入れて長さを出すことで、左右だけではなく上下の幅も広がります。
ダウンタイムや費用など、事前に把握しておくべき情報が載っているので、検討している方は必ずチェックしてください!

目尻切開は、たれ目形成の効果を上げるために、目尻切開と下眼瞼下制法や二重手術を組み合わせたりすることもあります。
お医者さんとよく話し合って、適切な手術法を選びましょう。

美容医療でたれ目に?② グラマラスライン形成

続いては、グラマラスライン形成をご紹介。
グラマラスライン形成とは、目を大きく見せる手術法です。

下まぶたの目尻部分を数mmカットし、下まぶたを少し下げて固定することで目尻部分に見える白目の幅を広くすることでたれ目を作るんだとか。
費用は20〜40万はかかるため、本当に投資できるのかを一度じっくり考える必要があります。

まずはヒアルロン酸注入で涙袋を作ってみるところから初めてみると良いかもしれませんね♡

たれ目が手に入るメイク方法や美容医療をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ラインの引き方、マスカラののせ方一つで顔の印象はガラリと変わります。憧れのたれ目が手に入る日も遠くはないはずです♪
美容医療に頼るのも一つの手です。自分に合う方法を探してみてください!