クールな女性でも簡単にできる♡彼に上手に甘える方法って?

LOVE

寂しい時、困った時に素直に甘えることができればいいけれど、クールな女性やプライドが高い女性にとって「甘える」というのは至難の業ですよね。
けれども彼は、きっとあなたに甘えてほしいと思っているはず。
そこで今回は、クールな女性でもできる、上手に甘える方法をご紹介していきます。

彼氏に甘える方法① 楽しい時に甘える

しんみりとした雰囲気で甘えることが苦手なら、あえて楽しい時に甘えるというのもひとつの手です。

デートで盛り上がっているときなど、会話の中で「あ~まだ帰りたくない~!」などとさりげなく言ってみてください。

会話の中で自然に取り入れることで、あなたの中でイメージされている“甘える”というハードルが低くなるはずです。

さりげない甘え方ではありますが、彼にはしっかりと届くはずですよ♪
甘えることが恥ずかしいと感じてしまう人には、とってもおすすめな方法です。

彼氏に甘える方法② たまに甘える

クールな女性は「たまに甘える」くらいでもOK!

普段はあまり甘えてこないのに、ふとした時に甘えられると男性もキュンとしてしまいます♡

記念日やイベントの時などの特別な時もいいですが、なんでもないいつものデートの時などに甘えると、より彼の心に響きます♪

たまには思い切って甘えることで、彼とも良い関係を続けられるはずです。

彼氏に甘える方法③ 甘えるではなく「頼る」と考える

「甘える」と考えてしまうと恥ずかしく感じてしまったり、なんだか自立していない弱い女性のような感じがしてしまいますよね。しかし、「甘える」ではなく「頼る」と考えることで彼に甘えることができるようになるはずです。

あなたは彼が困っていたり、寂しいと思っていたら頼ってほしいと思いますよね?
それと同じで、彼もあなたが困っていたり寂しく感じていたら「頼ってほしい」「助けてあげたい」と思っているはずです。

深く考えずに、彼を頼りにすることを意識してみてくださいね♪

彼氏に甘える方法④ 素直に「甘えても良い?」と言う

甘えたいときに、思い切って「甘えても良い?」と素直に聞いてみてください。
前置きしてしまえば、思っていたよりも甘えるのが簡単になるはず。

甘えるといっても、内容は小さなことでいいんです!

ちょっと相談に乗ってもらったり、女性にはできない力仕事をお願いしたり……♡些細なことでも甘えてくれることが、彼にとっては嬉しいはずです♪

【番外編】甘えたら、「ありがとう」を忘れずに

あなたの甘えに対して彼が答えてくれたら、しっかりと「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

会話の中で「ありがとう」が増えていくだけでも、彼との関係が良くなっていくことにつながります。

また、彼も「また頼りにしてほしい」という気持ちが大きくなっていくはずです♪
甘えるということに慣れてきても、それが当たり前だと思わずに過ごすことが大切ですよ。

いかがでしたか?
甘え上手な女性になることで、彼と良い関係を築いていけるはず♪
強がりや恥ずかしさで甘えられないと理由をつけるのではなく、小さなことから彼に甘えていきましょう♡

もっと愛されたい彼女へ♡
彼氏を胸キュンさせちゃう甘え方4選