女子必見♪◯◯を食べたくなるのは貧血のサインだった!?

BEAUTY

夏になると無性に食べたくなる、冷たくて甘い○○ですが、実はソレを無性に食べたくなるのは、「貧血のサイン」だと言われています。
体のメカニズムや、原因を追究していきましょう!

要注意!貧血は、女性の美しさや若々しさを奪う厄介な病気

血圧が低い人に起こりがちな、貧血と言う症状。
実は、若い女性にも多く起こっていることをご存知でしたか?

貧血の原因の多くは、体内の鉄分が少なくなる事で起こる‟鉄欠乏症貧血”です。
鉄分が不足することで、肌細胞に酸素が届きにくくなり、肌荒れや乾燥を巻き起こしてしまうことになります。

この症状は、美容のためにと思って行った、極端なダイエットなどが原因でも起こりうるもの。
実際に貧血になってしまうと、髪の毛が細くなったり、抜け毛や切れ毛になってしまうこともあります。

せっかく美しくなるために行ったダイエットでも、このような症状を伴う‟貧血”になってしまっては、意味がありませんよね。
そうならないためにも、事前に自分の体が発するサインに気が付くことも大切です。

アイスを無性に食べたくなるのは、貧血のサインだった?!

夏になるとどうしても食べたくなってしまうアイスですが、これを「無性に食べたい!」という感情になっていたら、これは貧血の合図です。

アイスのほかにも、グラスに入った氷などを無性に食べたくなる時は、貧血の可能性が考えられます。
これは「氷食症」とも言われ、鉄欠乏症の最も分かりやすいサインと言われています。

妊娠中でアイスや氷を食べたいと感じる人も、鉄欠乏症の可能性が考えられるので、要注意ですよ!

そして貧血の状態でもしアイスをたくさん食べてしまった場合、太りやすくなってしまうことも分かっています。
これは、貧血で代謝が悪い体の状態に、高カロリーなものを摂取することで起こります。

こうした悪循環に陥る前に、貧血の前触れに気が付き、対策を考えることが必要ですね。

貧血時にアイスが食べたくなってしまうのはどうして?

貧血になると体温調節ができなくなることから、アイスや氷などの冷たいものを欲してしまいます。

だからといって、アイスや氷などの冷たいものを大量に食べてしまうと、胃腸や内臓は冷えて、様々な害を引き起こしてしまうのです。

代謝が悪い体の状態でアイスを食べたら太ってしまうのなら、氷なら良いのでは?と思いがちですが、“体が冷えてしまうこと”が余計に貧血を悪化させます。
これを考えると、アイスだけではなく、氷をたくさん食べるのも良いこととは言えません。

食べ物だけじゃない!他にもあった!貧血のサイン

アイスや氷を無性に食べたくなってしまうこと以外にも、様々な面で貧血のサインを感じ取ることができます。

目に見えてわかるのは、爪の中央がスプーンのように凹み、先が反り返ってしまう「スプーンネイル」という症状。
見た目が美しくないだけではなく、体内に極端に鉄分が足りていないというサインなので、要注意です。

他にも、食べ物が飲み込みにくいと感じたときにも、貧血が疑われます。

自分では気が付かなかったけれど、実は貧血だった。
そんな女性も多くいるのが現状。

鉄分不足は、毎月の月経時にも体調を崩しやすく、女性の体を美しく保つことにも良いことではありません。
日々の食事で鉄分の摂取を心掛け、ご紹介したようなサインを感じたら、すぐに対策をとるように心がけましょう!