トーンの違いがカギ!「ピンク」はファッションにこう取り入れる♪

FASHION

女子の大好きカラー『ピンク』。でもピンクって可愛すぎて、大人女子はちょっと取り入れにくいと感じることも。
でもでも、諦めないで!ピンクといっても様々なピンク色があります。
ここでは、なりたい自分別の"ピンク"の取り入れ方をご紹介します♡

【大人女子の"ピンク"の取り入れ方①】ベージュピンクで上品に

出典:wear.jp

まずは『ベージュピンク』。
可愛いピンクに大人カラーであるベージュが混ざっているので、ベージュピンクは上品な印象を作れます。
大人女子におすすめなピンク色ですよ♡

ベージュピンクは、お洋服はもちろん、靴やネイルで取り入れるのがおすすめ。
ベージュピンクは肌色に近いので、靴やネイルで取り入れると、脚や手を綺麗に見せることができます☆

【大人女子の"ピンク"の取り入れ方②】パステルピンクでキュートに

出典:wear.jp

ピンクの魅力をとことん引き出すなら、パステルピンク!
ピンクの可愛らしい印象を、最大限に発揮してくれます。

パステルピンクは、今の時期ならニットで取り入れるのがおすすめ。
ニットはカジュアルな印象も作りやすいので、キュートなアイテムも取り入れやすくなると思います。

春まで使えるニットで、ふんわり愛され女子を目指してみませんか?♡

【大人女子の"ピンク"の取り入れ方③】ビビットピンクでクールに

出典:wear.jp

意外と使い勝手がいいのが『ビビットピンク』。
大人女子のコーディネートの主役に、アクセントに、大活躍してくれます。

ライダースなどレザージャケットってとってもクール。黒のライダースだと尚更です。
そんな時、くみっきーこと舟山久美子(ふなやまくみこ)さんのこちらのコーデのように、ビビットピンクをプラスすると、クールな印象は崩さずに、可愛さを取り入れられます。

大人可愛いコーデにビビットピンクは大活躍!

【大人女子の"ピンク"の取り入れ方④】くすみピンクで垢抜けコーデ

出典:runway-webstore.com

ピンクの中でもイチオシは『くすみピンク』!
ちょっとくすんだピンク色は、コーディネートを垢抜けさせてくれます。

くすみピンクは甘さ控えめ。
落ち着いた印象もあり、ピンクが苦手な人にも取り入れやすいです。

また、くすみピンクは、洋服はもちろん、小物で取り入れても可愛いんですよ。
「コーデが決まらないな〜。」なんて時は、くすみピンクを取り入れてみると決まるかも♡

大人女子の"ピンク"の取り入れ方をご紹介しました。
ピンクにも様々なタイプがありますね!自分に合ったピンクを見つけてください♡