嫌味に聞こえちゃう?胸を小さくするバストダウンの方法とは

嫌味に聞こえちゃう?胸を小さくするバストダウンの方法とは

BEAUTY

女性にとって胸は悩みの種になりがちです。

特に人より大きい胸でお悩みの方は、なかなか周囲からの共感を得るのが難しいため、相談しにくいですよね。

また、たとえ相談できても、何だか自慢しているように聞こえるのでは……と考えてしまい、さらに悩んでしまいます。
どこへ行っても何を着ても、人の視線が気になってしまうのにもうんざり!という方もいるかもしれませんね。

すぐにバストダウンすることは難しいですが、日々の積み重ねで徐々に小さくすることは可能かもしれません。
焦らず気長に取り組んでいきましょう♪

大きいのが悩み!胸を小さくしたい、バストダウンしたい女性もいる

胸が大きいという悩みは、共感を得られにくいため、誰にも相談できず人知れず悩み続けてしまいますよね。

特に中高生であれば、胸の大きさで同性から反感をかってしまう、または思春期の異性からの視線が集まりやすくなってしまうなど、悩みは尽きません……。

他にも、胸の大きさのせいで、思うようにファッションが上手く決まらなかったり、太って見えてしまったり、毎日着る服でさえ気を遣わなければならず、ストレスに感じてしまうかもしれません。

雑誌やテレビでも、バストアップの方法はよく特集されていますが、胸が小さくなる方法についてはあまり取り上げられていないため、どうしたら良い分からないという方もいるでしょう。
でも、日々の積み重ねで徐々にバストダウンすることは可能かもしれませんよ♪

共感してもらえない……

友達や周囲に、胸が大きいことを実際に相談した方もいるかもしれません。

しかし大体の反応は、うらやましがられたり、贅沢な悩みだなんて敵意を向けられたりしたこともあるでしょう……。

本人からすると、好きで大きな胸になったわけではないのに……と思ってしまいますよね。

胸が大きい人同士で悩みを打ち明け合えたら良いとは思いますが、胸が大きい人はそれほど多いというわけではないので、なかなか共感を得にくいのが現実です。

また、将来的に胸が垂れてしまうのではないか?と不安になってしまい、憂鬱な日々を過ごしてしまっている方も多いでしょう……。

胸を小さくしたい!バストダウンしたように見える方法①服装に注意する

胸の大きさの悩みが少しでも減らせるよう、バストダウンしたように見せられる方法をご紹介します!

服装は、胸元が強調されてしまうような、Vネックや胸元が空いているものは極力避けましょう。

緩めのワンピースも、どうしても太って見えてしまうので、これも避けたほうが無難です。

特に人の視線が気になることが悩みだという方は、胸元に多少気を遣わなくても、帽子やバッグ、靴などで目を引くようにすると、着られる服の幅が広がるかもしれません♪

胸自体を小さく見せたい方は、首回りを見せるようにしましょう。
胸が大きいのに露出したくないという方もいるかもしれませんが、逆に鎖骨を見せてしまうことで、スッキリとした印象になり、結果的に胸を小さく見せることができます。

また、派手な柄の服を着用すれば胸の大きさを目立たなくすることも可能です。
特に着痩せしたように見られる、ストライプ柄をファッションに取り入れるのも手です。

柄以外にも色にも工夫をこらせば、胸を小さく見せることができます。
ブラックやネイビーなどの濃い色の服は、胸の大きさを控えめに見せてくれ、見た目をすっきりとさせることが可能でしょう。

暗い色が苦手な方は、ドット柄やチェックのデザインを取り入れてみると、暗いイメージも払拭することができるかもしれませんよ♪

胸を小さくしたい!バストダウンしたように見える方法②ブラやナイトブラのつけ方

胸が大きい人は、ブラジャーにもこだわりを持った方が良さそうです。
特に最近では、胸が小さく見えるブラジャーなども発売されています。
このことからも、胸の大きさで悩む女性が多いことが見てとれますね……。

このような商品を購入するのもおすすめですが、その前に、普段自分がつけているブラジャーのサイズは合っているかを、先に確認すべきでしょう。
自分のサイズを把握していたとしても、メーカーによって大きさが違うこともあります。

また、胸を小さく見せたいがために、わざわざ小さいサイズをつけているという方は、今すぐやめた方が良さそうです。
将来、胸が垂れてきてしまい、形が崩れることにもなりかねません。

自分に合ったサイズのブラジャーを選ぶことで、胸周りのお肉がスッキリして、細く見える場合もあるのです!

胸を小さく!バストダウンする方法①胸を大きくする食材を避ける

大豆製品は、あまり摂取しないようにしましょう。
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをしてしまうため、胸をさらに大きくさせる可能性があります。

エストロゲンは、乳腺の活性化を促すので、脂肪や乳腺でできている胸が大きくなってしまうのです。

しかし、全く大豆製品を摂らないというのも、健康を考えたたときに良くないでしょう。

例えば、納豆を食べたら豆腐は食べないなど、大豆製品を多めに摂ることのないよう、適度な摂取を心がけると良いですね♪

胸を小さく!バストダウンする方法②筋肉をつける

毎日の運動で、バストダウンしたい方におすすめなのが筋トレです。
自宅ですぐにできるので、手軽に続けやすいという点でも良いですよね!

しかし、胸筋を鍛えるだけで胸を小さくすることはなかなか難しいです。
筋トレと併せて、有酸素運動をすることで、効率よく胸の脂肪を燃焼することができるでしょう。

バスト周りを引き締めたい場合は、腕立て伏せがおすすめです。
腕立て伏せは胸筋が鍛えられるため、胸を小さくするために効果的なんだとか。

並行して有酸素運動を行うことで、さらなるバストダウンにもつながるでしょう!

胸を小さく!バストダウンする方法③バストダウンしやすいダイエットをする

バストダウンに有効なのが、ダイエット。
胸は脂肪でできているので、体全体の脂肪を落とすことで、胸も小さくなっていくことが一般的です。

筋トレだけでは胸の大きさ自体を小さくすることはできませんので、有酸素運動を取り入れて、脂肪を落とすように意識して行ってください!

バストダウンしやすいダイエットとして、水泳がおすすめです。
全身を使って泳ぐため、体全体の脂肪を落としやすいのです。
また水の中なので、ランニングよりは体の重みを感じずに、楽しんでダイエットをすることができますよ♪

胸を小さく!バストダウンする方法④胸が小さくなるマッサージや体操をする

胸を小さくする運動は、大きくするときと同じ体操になります。
したがって、回数を間違えないように気をつけて行ってください。

胸を小さくしたい人は、胸を持ちあげながら、1秒間に5回のリズムで揺らしてください。
これを1秒間に3回のリズムで揺らしてしまうと、逆に大きくなってしまうので注意が必要です。

加えてバストを持ち上げずに揺らすと、垂れてきてしまう可能性が高いので、この点にも気をつけながら、マッサージを毎日行っていきましょう。

胸を小さく!バストダウンする方法⑤部分痩せする脂肪燃焼クリームを使う

もっと手軽にバストダウンしたいという方には、脂肪燃焼の専用クリームがおすすめです。
胸だけではなく、全身のあらゆる部分の気になる脂肪に塗るだけで、脂肪を燃焼することができるのだそう。

なぜクリームを塗るだけで、脂肪燃焼ができるか不思議ですよね?

これは、肥大化してしまった脂肪幹細胞を小さくさせる効果があるので、胸を小さくさせることができるといわれています。

胸だけ小さくなってほしいという場合には、胸だけにこの脂肪燃焼クリームを使用することも一つの手です。

胸を小さく!バストダウンする方法⑥美容外科クリニックに相談する

自分のやり方では不安で、胸を小さくしたいと悩んでいる方は、一度専門のクリニックに足を運んでみると良いかもしれません。

おすすめのクリニックは下記の通りです。

◆ガーデンクリニック
「手のぬくもりが伝わる本物の医療」を目指しているクリニックです。
事前のカウンセリングにも力を入れており、患者さんの悩みに真摯に向き合ってくれるでしょう。
さらに、一人一人に合わせた治療方法を提案してくれるのも特徴です。

◆ナグモクリニック
バストの美容と健康を専門に扱っているクリニックです。
手掛けたバストの手術症例数は、日本トップクラスという実績があります。
新しいバスト医療の技術を広めて、リードする存在でもあります。

バストの美容はもちろん、健康、乳がんの専門医が多数在籍しているそう。
看護師やカウンセラーはすべて女性だるため、初めての方でも安心して受診することができるでしょう。

主な治療は次の通りです。

・脂肪吸引
・乳輪縮小
・乳線切除

胸が大きいことに思い悩んでいる、コンプレックスとして抱いているなら、専門クリニックに相談してみましょう!

ファッションでさえも、大きな胸のせいで楽しめないなんて、とってももったいないことですよね。
胸が大きいのは仕方がないことだと諦める前に、やれることはたくさんあります!
ダイエットで体も痩せて胸も小さくなるなら、一石二鳥でラッキーだとは思いませんか?

筋トレや有酸素運動は、キツイと思うことも確かにあるかもしれませんが、その後の胸が小さくなった自分を想像してみてください。
周囲の目線というわずらわしさから抜け出せるのだと思えば、きっとくじけることなく、取り組めるのではないでしょうか。
それでも辛いと感じた時は、一人で抱え込まずに、専門のクリニックやカウンセリングを受けてみてくださいね♡

人に話すことで、多少は悩みも解決できるかもしれません。
デリケートな問題だからこそ、カウンセリングで話すことによって、見えてくるものもあります!
ぜひ専門家のアドバイスも参考にしながら、バストダウンを目指していきましょう♪