お話メモを用意♡人見知りを克服するコミュニケーション方法5つ

LIFESTYLE

合コンや、新しい職場や仕事……春はなにかと新しい出会いが待っている季節でもあります。
ですが人見知りの人にとっては新しい出会いというのも、億劫に思ってしまうこともありますよね。
人見知りでも、上手に他人とコミュニケーションをとれるようになる、5つのポイントをご紹介します。

人見知りを克服!上手なコミュニケーション方法①人見知りこそ笑顔が大切

新しい出会いの季節も、人見知りさんには億劫なこともありますよね。
周りの人達は盛り上がっているのに、自分だけ会話についていけない。初対面の方となにを話したらいいのかわからない……とお困りの方もいるかもしれません。

人見知りさんが、初めて会う人達と上手に付き合うポイントとして、まず笑顔が大事です!

人見知りの方は、会話についていけなかったりすると、ついつい無表情になりがちですね。
まずは、笑顔で輪に入るところから意識してみてください♡

無言で怖い顔をしていると、相手からも話かけづらくなることを認識しておきましょう。

人見知りを克服!上手なコミュニケーション方法②「人見知りなんです」と言う

人見知りの方というのは、初対面の相手と会話が弾まず、なかなか話の糸口を見つけることができなかったりしますよね。

ですが人見知りだから会話しなくてもいい!というのは、社会人だと通用しないときもあります。

もし会話が億劫な場合には思い切って「私、人見知りなんですよ。」とカミングアウトしてみましょう。
相手も大人ならあなたのことを気遣い、会話を投げてくれるはずです。
まずは、その会話に乗れるように意識してみましょう。

先に「人見知り」であることを伝えるだけで、あとの会話がぎこちなくても相手はある程度理解してくれるはずです。
無理せず自分のペースで話をしてみるように心がけてみましょう♪

人見知りを克服!上手なコミュニケーション方法③話せなくても聞く姿勢を見せる

人見知りの方に多いのが、合コンなどの場で自分だけ会話の輪に入れなくなることです。

無理して面白いことを話そうとする必要もないと思うのですが、やはり周りの人達から「この人楽しんでるかな?」と、心配されてしまうのは厄介なものですね。

人見知りで会話に入れなくても、まずはしっかりと聞く姿勢を見せましょう。
頷いたり、相槌を打つだけでも話を聞いていることは伝わります。

自分だけ会話に入れないからといって、決して怖い顔をしたり、つまらなそうな顔を見せないように注意したいものです。

人見知りを克服!上手なコミュニケーション方法④話をふられたら簡単でも答える練習を

人見知りの方は、いざ会話をふられても自分のことをうまく伝えることができなくて、会話がもやもやとしてしまいがちですね。

もちろん相手との距離が縮まれば会話もスムーズになるのですが、初対面だったりすると、自分の話をすることが難しいという方も多いのではないでしょうか?

まず、話をふられたら答え方にちょっとだけ工夫をしてみましょう。
「はい」「いいえ」だけで済ませると相手も次の会話に困るものです。

「私は○○と思いますが、あなたはどうですか?」と自然に相手にふり返す会話を覚えておくと、人見知りさんにとってもスムーズで◎
会話が盛り上がる糸口となるのではないでしょうか?

人見知りを克服!上手なコミュニケーション方法⑤お話メモを作っておく

人見知りの方にとって、初対面の相手との会話は億劫なものです。
ですがその相手と二度目、三度目と会っていけば、自然と会話が盛り上がったりするようになりますよね。

人見知りさんが、二度目の相手に好印象を与えるためにやっておきたいのが、「お話メモ」を作ることです。

初対面のときに相手とどんな話をしたか、相手の印象などをメモしておくと、二回目に会ったときの会話がよりスムーズになります。

相手と意気投合するまでに時間がかかる方は、ぜひ取り入れてみてください♪

人見知りの方にとって、春の出会いの場というのは楽しみな半面、億劫なときもありますね。
ですがちょっとの工夫だけで、もっと自分らしく他人と関わったり、仲良くなるきっかけを作ることができるんです。
大切なのは相手のことを知りたいと思うこと。そして、相手との距離感です。
人見知りの方は相手と距離を取りがちなので、まずは相手のことを知りたいという姿勢を見せるといいかもしれませんね♪