晩婚の何が悪いの?結婚を30歳まで待つのもアリな4つの理由

結婚の時期は早い方がいいのか遅い方がいいのか、意見が分かれるところ。
早めの結婚で若くしてママになるのも楽しそうだけれど、30歳まで待ってみるのもアリかも知れない……。
そこで今回は、30歳まで結婚を待つのもアリな理由を探ってきます!

《結婚を30歳まで待つべき理由①》経済的な問題に悩まないため

若くしての結婚や出産は、経済的に楽とはいえません。
中には年の差婚や、若くして成功を収めた人など、経済的余裕のある場合もありますが、多くの人はそうではありません。

お金の問題で楽しかった日々の思い出や、愛情や信頼関係に深い溝ができてしまっては元も子もありませんよね。

結婚は楽しいこともあれば、ストレスや負担もたくさん出てきます。そこに経済的問題まで抱えることになるのは、最悪、離婚を招く可能性もあるのです。

《結婚を30歳まで待つべき理由②》自分が大人になりきれていないから

自分が大人になりきれていないと感じているうちは、出産もそうですが結婚もしない方がよさそうです。

自分が何者なのか、どんなビジョンは明確か。これは20代では理解できていない人も多いのです。

自分のこと、仕事のこと、恋人との将来のことまで理解をして、冷静に判断できるようになるまでは、大人とはいえないのかもしれません。

《結婚を30歳まで待つべき理由③》まだ自分優先になっているから

まだやりたいことは残っていませんか?
自分に構ってばかりいませんか?

結婚は共同生活。一人で暮らしているわけではないので、自分本位な行動は少なからずできなくなるものです。

そこに出産も考えるとするなら尚のこと。自分に構っている時間はゼロに等しくなります。

自己投資をまだしたい、やり残したことがある。そう思っているうちは、簡単に決断を下さない方がいいかもしれませんよ。

《結婚を30歳まで待つべき理由④》妥協で結婚するのか、愛で結婚するのか迷いがあるから

迫る年齢をコンプレックスに、結婚相手を妥協して決めようとしていませんか?
すぐの離婚を考えていないならば、今結婚しようとしているその人と、今後何十年も一緒に暮らしていくわけです。

あなたにとって大切なその何十年を、年齢というたかが数字のために妥協してもいいのですか?

「私にはこの人しかいない」「この人と家庭を作っていきたい」と、そう確信できるようになるまで結婚を待ってもいいのです♡
早く結婚したい気持ちもわかりますが、そこは一旦落ち着いて。
結婚は幸せなことばかりではなく、今まで以上に色々な問題が絡み合います。
様々な困難を乗り越えて行けると思える相手が見つかるまで待ちましょう♡

【関連記事】彼の男レベルはどの程度?結婚を考える前にチェックするべきこと4つ

「付き合いも長く、彼との結婚も考えたい」なんて思い始めている女性。結婚をする理由や相手...

理由 結婚 30歳 晩婚 待つ アラサー

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる