頬の肌荒れの原因と改善策とは?生活習慣やスキンケアを見直して。

肌荒れはあらゆるところに現れますが、その中でも“頬の肌荒れ”に悩まされている女性が多くいるようです。
他のパーツは問題なくても、どうして頬だけゴワついたり、ニキビができたりしてしまうのか気になりますよね。
そこで今回は、頬の肌荒れの原因や改善策をご紹介いたします。

頬の肌荒れはなぜ起こるの?

頬に手を添える女性

そもそも肌荒れとは、“肌がピリピリする”、“肌が痒い”、“ニキビや吹き出物ができた”など、ほとんどの肌トラブルのことを指します。
原因や人によって、症状や症状が現れる場所が違ってくるのですが、同じ場所で毎回肌荒れを繰り返してしまう女性も多いよう……。

おでこや顎、フェイスラインなど、いろいろなところが挙げられますが、その中でも頬の肌荒れが気になるという女性もいます。
顔の中で一番柔らかく面積の広いパーツである頬が、ゴワついたりニキビができたりしてしまうと目立つので厄介ですよね。

頬の肌荒れは、ホルモンバラスの乱れや頬への刺激が関係しているといわれています。
ここからは、原因や改善策をご紹介していくので、女性らしいふっくらした柔らかい頬を維持できるように対策をとってみてはいかがでしょうか。

頬の肌荒れの原因と改善策①食生活を見直す

ご飯を食べる

私たちの生活に欠かせない食事は、肌を作る大切な栄養素でもあるので、食生活が乱れていれば頬の肌荒れも招きやすくなります。

とくに、頬にできるニキビや吹き出物の場合は、お肉や砂糖、乳製品の摂り過ぎである可能性が高いといわれているんですよ。
また、過度なダイエットをしていたり、「肌荒れにいい食べ物だから」と言われてそればかり食べることもNG!

頬の肌荒れ改善策として一番大切なことは、規則正しい時間に1日3食、栄養バランスが考えられた食事を摂ることです。
カロリーや体重が気になるようであれば、バランスのいい食事を基本に野菜から食べて主食を最後にしたり、しっかり噛んで食べたりすることを意識するといいですよ!

その中でも健康的な肌を維持するためのサポートしてくれる栄養素が詰まったビタミン類は、積極的に摂っていくようにしましょう。

頬の肌荒れ改善策②ホルモンバランスを整える

コーヒーを飲む女性

続いてご紹介する、頬の肌荒れ改善策は、ホルモンバランスを整えること!
頬の肌荒れの治りが悪かったり、繰り返したりしてしまう場合は、ホルモンバランスの乱れが原因だといわれています。
ホルモンバランスの乱れは、ストレスの蓄積や運動不足、睡眠不足、乱れた食生活、生理前、生理不順など、さまざまな原因で乱れてしまうそう……。

そうすると、女性の体内に存在している男性ホルモンの働きを抑制できなくなり、男性ホルモンの影響によって皮脂の分泌量が増えたり、体毛が濃くなったりしてしまうそうですよ。
女性らしい健やかな頬を保つためには、ホルモンバランスも整えるようにしましょう。

食生活はもちろん、睡眠はきちんと確保し、同じ時間に起床、就寝ができるようにリズムを整えてあげることもポイントです。

また、ストレスをため込み過ぎないように、ウォーキングやヨガなどの適度な軽い運動、38度ほどでの入浴、趣味に没頭するなど、ストレス発散法を見つけておくといいですよ。

頬の肌荒れ改善策③内臓を休ませる

お腹に手を添える女性

頬の肌荒れ改善策として意外と知られていないのですが、内臓を休ませてあげることも大切!
“肌(皮膚)は内臓の鏡”ともいわれていて、肌荒れ=内臓からのサインという可能性があります。

内臓を休ませるためには、やはり食べる時間と食べない時間にメリハリをつけ、就寝する3~4時間前に夕食を食べ終えることがポイントです。
また、お酒の飲み過ぎも内臓に負担をかけることになるので、お酒の飲み過ぎや遅い時間のお酒は控えるようにしましょう。

さらに、内臓機能が低下している場合は冷え性であることも関係しているそうですよ。
冷たい飲み物は控え、白湯やジンジャーティーなどの身体が温まるものに変え、毎日湯船に浸かることもおすすめです。

目に見える頬の肌荒ればかりに気をとられずに、内臓も労わってあげることが大切になりそうですよ。

頬の肌荒れ改善策④寝具や睡眠を見直す

うつ伏せで寝る女性

続いてご紹介する、頬の肌荒れ改善策は、寝具や睡眠を見直すこと!
睡眠不足が続いていると、ホルモンバランスだけでなく、肌の生まれ変わりであるターンオーバーも乱れる原因になります。
ターンオーバーが乱れるということは、頬の表面にいつまでも古い角質が溜まってしまうということになるんですよ。

古い角質が溜まることによって、ゴワつきやザラつきなどを感じるようになるので、ターンオーバーを正常にするためにも睡眠はとても重要になります。

大人であれば6~7時間ほどの睡眠時間が好ましいといわれていますが、それに加えてぐっすり眠れていることも大切です。

睡眠の質を上げるために、就寝1時間前からスマホやパソコンの使用は控え、自分の身体に合った寝具でリラックスして眠れるように心がけてみてください。
ストレッチをしたり、ゆっくりしたテンポの音楽を聴いたりすることも効果的です。

頬の肌荒れ改善策⑤日々のスキンケアを丁寧に行う

頬に手を当てる女性

内側からの改善策について見ていきましたが、外側からのアプローチも大切です。
そこで見直したいのが、日々のスキンケア♡

スキンケアは直接頬に触れるものなので、選び方を間違えてしまうと治りを遅くしたり悪化させてしまったりする可能性があります。
頬の肌荒れを1日でも早く治すためには、保湿力に優れていることを第一に、ニキビケア専用や敏感肌用の化粧品を手に取ってみてはいかがでしょうか。

頬が荒れているときは、いつも以上に弱っているときであり、ダメージを受けやすい時期でもあるので、肌への優しさも忘れずに!

そして使うときもできるだけ頬に刺激を与えないよう、包み込むように優しく浸透させるように意識してみてください。

頬の肌荒れ改善策⑥メイク道具を清潔に保つ

メイク道具セット

毎日メイクをする女性にとってメイク道具は欠かせないアイテムですが、定期的に洗って清潔さを保てていますか?
ファンデーションのスポンジやフェイスパウダーのパフ、チークブラシなど、頬はメイク道具が触れることが多いですよね。

何度も使っていると、メイク道具の中で雑菌が繁殖してしまい、その雑菌が頬に付着することで肌荒れに直結してしまうんです。

頬の肌荒れ時もそのまま使用してしまえば、治りにくくなり、悪化してしまうので要注意!
スポンジ専用のクリーナーや、中性洗剤を薄めた水で揉み込むように洗い、天日干しをしてしっかり乾かすようにするといいですよ。
このメイク道具を清潔に保つというのも、頬の肌荒れ改善策の一つ♪

2日に1度洗うのがいいといわれているので、何個か代えを用意しておくと便利です。

頬の肌荒れ改善策⑦頬への刺激を避ける

頬に服を当てる女性

最後にご紹介する頬の肌荒れ改善策は、頬への刺激を避けること!
頬へのあらゆる刺激が続き、普段よりバリア機能が低下してしまうと乾燥しやすくなります。

乾燥によって頬の肌荒れを招いてしまうこともあるので、これ以上ダメージを与えないように工夫することがポイントですよ。

《頬への刺激を避けるためにできること》
・うつ伏せや横向きで寝ない
・洗顔やクレンジングでゴシゴシ洗いはしない
・タオルでゴシゴシ拭かない
・頬にかかる髪は束ねておく
・ナチュラルメイクへシフトする
・マフラーやストールが頬に当たらないようにする
頬の肌荒れの原因や改善策についてご紹介させていただきました。
頬の肌荒れは目立ちやすく、カバーしにくい部分でもあるので、早く治したくなりますよね。
生活習慣やスキンケアを見直していけば、肌荒れ知らずの頬へ整えることができるので、できることから始めてみてください。

【関連記事】共感!アラサー女性に聞いた「ストレスによる肌荒れ経験談」4つ

ストレスが原因と思われる肌荒れが起こったことはありませんか?今回は、アラサー女性に聞い...

肌荒れ スキンケア 美肌

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる