ファッション界の女王!ココ・シャネルに学ぶ「モテ力」

LOVE

ハイブランドの中でも「シャネル」は女性が1つは持ちたいと思う憧れのブランドではないでしょうか?
シャネルの創立者・ココシャネルがデザインするファッションアイテムは、女性の社会進出の先駆けとなりました。
仕事と恋に生きた女性と言われている恋多きファッション界の女王が残した言葉で、モテ力が高まること間違いなし!

美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である。

www.theguardian.com

美しいだけが全てではないということを教えてくれる名言。
「美しさ」「装い」「謙虚さ」の3つが揃ったときに、男性はこの人を僕だけのものにしたい!と思うのです。どれか1つだけでは、魅力的な女性とは言えません。
特に、エレガントさを醸し出すために必要な「謙虚さ」は、仕事やプライベートにおいても大事な要素。
自分がいくら美人でも、素敵な服を着ていても、たくさんの人に愛されていても「謙虚さ」を忘れずに、どんな人にも対等にお話できる人こそモテる女性♡

男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。

www.whowhatwear.com

男性との接し方において勉強になる名言。
「男性はいつまでも少年」と言われるように、年上の男性でも恋愛やプライベートにおいては子どものような心を持っています。
例えば、目的を持たずに行動したり、物事の加減がわからなかったり。
そんなことにいちいち気にしたりイライラせず、小さい子どもと遊んでいるかのような感覚で接する人こそがモテる女。

香水をつけない女性に未来はない。

www.whowhatwear.com

シャネルが初めて世に送り出した香りである「シャネルの5番」は、マリリン・モンローが「夜は何を着て寝るのか」との質問に「シャネルの5番よ」と答えたエピソードでも有名ですよね!
男性は女性の香りが好きな生き物。香りをアクセサリーのように身につけましょう。
「香り」は記憶と強く結びつくものの1つ。
自分の顔と同じくらいの印象を与えると言っても過言ではありません。
自分の香水を纏って男性を心地よい気分にさせるのがモテ女なのです。

出かける前に、何かひとつ外したら、あなたの美しさは完璧になる。

www.theguardian.com

いつどこで誰と出会うか分からないから、髪型、メイク、ファッション…気合いを入れてお出かけしますよね。
でも全てに力を入れすぎては、男性が逆に引いてしまいます。
親近感のもてる部分が必要です。
たとえば、ぐるんぐるんではなくゆる〜い巻き髪だったり、アイメイクをしっかりしたら唇はリップクリームだけにしたり、ヘアとメイクをバッチリしたらファッションはちょっとラフだったり…。
どこかに気軽さがあると男性は話しかけやすいですし、落ち着くものなのです。
男性が入る隙を適度に与える女性こそがモテ女!

仕事もできて、恋愛経験も豊富なシャネルの言葉は強くて説得力がありますね!
この他にもシャネルはたくさんの言葉を残しているので、チェックしたい♡