K-POPの先駆者wonder girlsが韓国内外で愛される魅力♡

LIFESTYLE

wonder girls(ワンダーガールズ)が今のK-POPを作ったと言っても過言ではないほど、偉大なグループで、韓国内外で今も愛され続けているガールズグループです!
今回は、そんなwonder girls(ワンダーガールズ)をご紹介☆

韓国、K-POPアーティストwonder girls(ワンダーガールズ)の複雑なメンバー構成

引用:onehallyu.com

韓国、K-POPアーティスト「wonder girls(ワンダーガールズ)」!
元々、2007年歌手兼プロデューサーのパクジニョン(韓国三大芸能事務所の1つであるJYPエンターテイメントの創業者)によって選ばれました。
メンバーは、1989年生まれのソネ(リーダー)、イェウン、1992年生まれのソンミ、ヒョナ(現4minuteのメンバー)ソヒで構成されています☆

しかし、デビューして5ヶ月でヒョナが体調不良のため脱退。
その2ヶ月後に1988年生まれの新メンバーユビンがヒョナの代わりとして加入しました。
その月に発売された1stアルバム『The Wonder Years』のタイトル曲「Tell me」が韓国の音源チャート、音楽番組で何週にも渡って1位を独占するほどの大ヒット♡

その後発売した「nobody」も大ヒットし、アメリカデビューもはたします♪
一気にトップガールズグループへと成長したワンダーガールズでしたが、メンバーソンミが2010年に学業専念のために活動休止、代わりに1992年生まれの新メンバーへリムが加入しました。

2011年に発売された『Wonder World』のタイトル曲「Be My Baby」でも人気を得ましたが、2013年ソネが結婚し、チームは活動を休止。
2014年にソヒが脱退、2015年には結婚したソネ、ソヒが公式に脱退を発表しました。
ですが、元メンバーのソンミがソロ活動を2013年から始め、今年2015年にチームに復帰し、ワンダーガールズは4人組バンドとして、音楽界に返り咲いたのです☆

韓国、K-POPアーティストwonder girlsの魅力とは?

引用:www.amazon.co.jp

韓国、K-POPアーティスト「wonder girls(ワンダーガールズ)」の、メンバー1人ずつの魅力について画像の左から順に説明していきます!

最初はユビン!ユビンはチームではラップ担当です。ユビン特有の魅力とパワフルなラップには誰もが魅了されます♡
次はイェウン!イェウンはメインボーカルで、作詞作曲も出来る天才肌♡高校はほとんど通ってないのに成績は上位だったそうです。
その次はへリム!へリムはチームの可愛いマンネ(末っ子)ですが、4ヶ国語喋れるスーパーガールです♡
最後はソンミ!ソンミはほんとセクシーです。ソロ活動の曲24時間じゃ足りないはほんとソンミの魅力が詰まっている曲です♪

韓国、K-POPアーティストwonder girlsの脱退したメンバーについて

引用:www.elle.com

韓国、K-POPアーティストwonder girls(ワンダーガールズ)を脱退したソネは、カナダ在住の韓国人宣教師と結婚されて、ハイチで2013年から5年間ボランティア活動をしています。

ソヒはワンダーガールズの顔で、「国民の妹」や韓国女子のなりたい顔として有名になったメンバーで、今は女優をしています。

ヒョナはワンダーガールズ脱退後4minuteというガールズグループで再デビューし、ソロ、ユニットとしても活躍。
2012年にはPSYのカンナムスタイルの相手役の女の子としてPVにも参加し、一気に世界中で有名になりました。
ちなみに画像はヒョナです♡

韓国、K-POPアーティストwonder girlsの新曲「I Feel You」

今年約3年ぶりにカムバックした韓国、K-POPアーティストのwonder girls(ワンダーガールズ)の新アルバム「REBOOT」は再起動という意味。

音楽界に返り咲いたワンダーガールズにとってはふさわしい名。
そのアルバムのタイトル曲「I Feel You」は、wonder girls特有のレトロなメロディーと、バンドになった4人の魅力が詰まっている最高かつ最強の曲です♡

韓国、K-POPアーティスト、wonder girls(ワンダーガールズ)は、現メンバーも脱退したメンバーも今も親交があり、仲良くしているとても素敵なグループです!
wonder girlsのことが気になった方はぜひ調べてみてください♡