ちょっとした時間も有効活用♪【時間別】取り入れたいおすすめのヨガ

誰でも気軽に取り入れることができるヨガは、今や美容や健康のために欠かせない運動のひとつになっていますよね。
1日10分を毎日続けるだけで嬉しい効果を実感することができるといわれているのですが、「ちょっとした時間も活用して美ボディを目指したい!」と思っている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、時間別で見るおすすめのヨガをご紹介いたします。

時間別にヨガを効率よく取り入れていこう

誰でも簡単にできるヨガには女性にとってさまざまな嬉しい効果が期待できるといわれています。
代表的な効果は、身体と心をほぐすことができることです。
ヨガはポーズとともに呼吸を深めていくものなので、リラックス効果を得ることができ、疲労回復やストレス緩和などに役立ってくれます。

また、ヨガを繰り返すことでインナーマッスルも鍛えることができるので、ボディラインの引き締めや代謝アップにも役立つことから、ダイエット効果も期待することができるんですよ。

続けにくい運動をしなくてもリラックス効果、そしてしなやかなボディ作りをサポートしてくれるのは嬉しいですよね。
だからこそ、時間別、シーン別に適したヨガポーズを取り入れて1日を快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

時間別で見るおすすめのヨガ▶朝編~朝ヨガの魅力~

朝起きたときに「頭がボーッとする」「やる気がでない」と感じている女性は、朝ヨガを取り入れてみてください。
1日の身体の始動を助けるヨガポーズを取り入れることで、生き生きした1日を送ることができます。

行うときのポイントとしては、朝食の前の空腹時に取り入れることです。
空腹時にすることで代謝も効率的になるので、老廃物の排出なども促進することができますよ。

なるべく換気をして外の空気を吸い、太陽の光を浴びながら行うことがポイントです。
太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができ、身体や脳を目覚めさせる効果があるのだそう。

時間別で見るおすすめのヨガ▶~朝編~①猫のポーズ

おすすめの朝ヨガは「猫のポーズ」です。
窓の外の空気を吸い太陽の光を浴びながら、ベットの上で簡単に取り入れることができますよ。

①両手と両膝を床について四つん這いになります。
②息を吐きながら背骨を丸めて、目線はおへそに向けます。
③次に息を吸いながら背骨をくぼませ、胸を張ったら目線も天井へ向けましょう。

猫が威嚇するときや、伸びをするときのイメージで行ってみてください。
ゆっくりとした動作で3~5回繰り返すと目がさえてくるはずです。

また、腹部のインナーマッスルの強化にも効果的なので、ウエスト引き締めにも期待できます。

時間別で見るおすすめのヨガ▶~朝編~②三日月のポーズ

次におすすめする朝ヨガは「三日月のポーズ」です。

①両手を揃えて立ったら、背筋を伸ばして両腕を真上に伸ばします。
②両手を組んで、人差し指を上に向けます。
③その人差し指を遠くを指すように意識し、息を吐きながら上体を左側へ倒します。
④5回呼吸を繰り返したら、反対側も同じように繰り返しましょう。

三日月のポーズは、倦怠感の解消に役立つだけでなく、腕や背中の筋肉の引き締め、歪んだ骨盤の矯正にも効果的なのだそう。

特に骨盤が歪んでいると血流が悪くなり、むくみや冷え、脂肪を溜め込みやすい身体になってしまうので、朝起きて1日の始まりに矯正し、脂肪の代謝を高めることがおすすめですよ♪

時間別で見るおすすめのヨガ▶昼編~昼ヨガの魅力~

仕事での集中力が途切れてくる時間帯は12~14時頃だといわれています。
しかし、仕事が終わるまでまだ時間はあるので、引き続きいい仕事をするためには、一度脳を休ませながらリセットしてあげることがおすすめです。

そこでお昼の時間帯にご紹介するヨガは、座ったままでもできるヨガポーズです。
集中していると筋肉がこわばり、硬くなってくるので血流が悪くなり、肩こりや首こりに繋がってしまいます。

昼ヨガで筋肉をほぐすことで気分がリフレッシュするだけでなく、肩こりや首こりが解消される効果も期待できるので、午後も元気に仕事をすることができますよ。
同時にシェイプアップも叶うので、一石二鳥ですね。

時間別で見るおすすめのヨガ▶~昼編~①鷲のポーズ

おすすめの昼ヨガは、「鷲のポーズ」です。
お仕事の休憩中、椅子に座ったまま簡単に取り入れられますよ。

①椅子に浅く座り、背すじをまっすぐ伸ばします。
②左腕を上にして両腕をクロスさせたら、肘を90度に曲げ、両手のひらを合わせます。
③息を吸うときは腕を上に伸ばすことを意識し、吐くときは力をゆるめるように行い、10回呼吸を繰り返します。
④今度は右腕を上にして肘を90度に曲げたら、同じように繰り返しましょう。

本来の鷲のポーズは床に座って全身を使うヨガポーズなのですが、上半身だけでも十分に肩こり解消効果を期待することができます。

また、痩せにくい二の腕のシェイプアップにも効果的ですよ♪

時間別で見るおすすめのヨガ▶~昼編~②ひねりのポーズ

続いておすすめする昼ヨガは、「ひねりのポーズ」です。
こちらも、座ったまま簡単にできるポーズなので、仕事のちょっとした休憩時間に取り入れることができるヨガポーズです。

①椅子に浅く座り、背すじをまっすぐ伸ばします。
②そのままの状態で、息を吐きながら静かに上半身を左側にねじります。
③10回呼吸を繰り返したら元に戻り、今度は右側にねじって呼吸を繰り返しましょう。

骨盤と膝がずれないように上、半身だけをひねることがポイントです。
ウエストから脇腹、胸、肩、目線の順番にひねっていくと上手に効果的なポーズをとることができますよ。

同じ姿勢を続けていると血流が悪くなってしまうので、ひねって身体のめぐりをよくしてあげましょう。
老廃物のサポートにも効果的です。

時間別で見るおすすめのヨガ▶夜編~夜ヨガの魅力~

「眠いのに眠れない」「寝つきが悪く困っている」など、ストレスを感じて眠ることができない女性は、リラックス効果の高いヨガポーズを行ってみてください。
7時間ほどの睡眠は大切ですが、その睡眠の質が悪ければ十分に疲れた身体を修復させることができないので、翌朝になっても「疲れが残っている」というような悪循環に陥りやすいのだそう。

質の悪い睡眠は、自律神経やホルモンバランスを乱すことにもなるので、イライラや肌荒れなどのトラブルを招くこともあるんですよ。

そこで夜ヨガを取り入れれば、リラックス時に働く副交感神経を優位に立たせる効果が期待できるので、自然の眠りに誘うことができます。
入浴後の身体が温まっているときに行うことと、間接照明やアロマを焚くなどしてリラックス効果を高める環境作りをしてから取り入れてみてください。

時間別で見るおすすめのヨガ▶~夜編~①赤ちゃんのポーズ

おすすめの夜ヨガポーズは「赤ちゃんのポーズ」。
眠る前、ベットにゴロンと横になった状態で出来るヨガポーズです。

①仰向けになったら、両膝を両手で抱え込みます。
②息を吐きながら両手で両膝を胸に引き寄せ、上半身を軽く起こします。
③おでこを膝につけたら、静かに呼吸を5回繰り返します。
④息を吸いながら、上半身を戻し、両手や両脚を伸ばして力を抜きましょう。

赤ちゃんが羊水の中にいるようなイメージで行うことがポイントです。
おでこに膝をつけるポーズがきついようであれば、膝を胸に引き寄せたまま身体を前後に揺らしてみてください。

リラックス効果はもちろん腸整効果も期待できるので、翌朝の排便をスムーズにしたり、ぽっこりお腹の解消にも効果的です。

時間別で見るおすすめのヨガ▶~夜編~②ワニのポーズ

最後にご紹介するおすすめの夜ヨガポーズは、「ワニのポーズ」です。

①膝を立てて仰向けに寝たら、両腕は左右に広げておきます。
②そのまま両膝を左側に倒し、顔も右側に向けます。
③10回ほど呼吸を繰り返したら、一度仰向けに戻します。
④今度は反対側も同じように繰り返しましょう。

ワニのポーズは非常にリラックス効果が高いヨガポーズのひとつであるといわれており、ベッドの上でできるので、そのまま眠りについてしまう女性も多いほど。

深い呼吸と程よく伸びるストレッチ効果で、1日の疲れを癒してくれそうですね。
時間別で見るおすすめのヨガをご紹介させていただきました。
ヨガにはたくさんの種類があるので、効果もそれぞれ異なります。
その時間に合ったヨガを取り入れることで、快適な1日を過ごせるようにサポートしてもらうことができますよ♪

そして継続していくことで、疲れにくい身体や太りにくい身体を目指すことができるので、ぜひ取り入れてみてください。

【関連記事】骨盤の歪みを整えればお腹も脚もほっそりする!骨盤矯正ヨガ7選

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ結合部にあり、人間の中心に位置しているとても大事なパーツです...

ヨガ 効果 時間別

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる