【ミディアム編】梅雨におすすめ!可愛いをキープするヘアアレンジ9つ

BEAUTY

湿度が高く、ジメジメとした日が続く梅雨シーズンは、ヘアスタイル問題に悩む女性が多くいます。
特にくせ毛さんの場合は、うねりや広がりがいつも以上にひどくなってしまうことも!
そこで今回は、梅雨におすすめのヘアアレンジをミディアムヘア編でお届けいたします♡

mana yuki
mana yuki
2019.06.20

梅雨のヘアスタイル問題、どうしている?

ミディアムヘアの女性出典:www.instagram.com

毎日ヘアケアやドライヤーに気を付けていても、湿気がすごい梅雨シーズンになるとどうしてもヘアスタイルが決まらないことってありますよね。
湿度が高くなる梅雨は、髪の癖が膨らんでしまうことから広がりやうねりが強くなるといわれています。

その結果、髪の毛が上手にまとまらず、多くの女性を悩ませてしまうんです。
梅雨シーズンのヘアセットは、常に髪のうねりやボリュームとの戦い!

そこで今回ご紹介するのは、梅雨におすすめのヘアアレンジです。
髪に程よく長さがあるミディアムヘアさんであれば、簡単なまとめ髪も作りやすいので、梅雨でも雨の日でもボリュームを抑えた崩れにくいヘアアレンジをキープすることができます。

どうしようと悩む前に、梅雨に向けて対策を練っていきましょう♡

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ①ローポニーテール

ローポニーテール出典:beauty.hotpepper.jp

梅雨におすすめのヘアアレンジと言えば、ポニーテール!
髪をまとめて一つに結ぶだけなので、手間いらずで忙しい朝もパパッとセットすることができます。

ミディアムヘアで大人っぽく決めたいときは、低めの位置で作るローポニーがおすすめです。

《ローポニーテールのやり方》

  1. おしゃれに決まるよう、最初に髪全体を軽く巻いておきます。
  2. ざっくりと手ぐしで髪をまとめて、耳よりも下の位置で結べば完成です。

少し後れ毛を出しておき、結んだ後にトップの髪をつまんで引き出してボリュームを出してあげることがポイントです。
ポニーテールであれば、両サイドの髪を残して最後にゴムを隠すようにぐるぐる巻きにするなど、アレンジもたくさんあるので便利ですよ。

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ②くるりんぱサイドアップ

サイドアップ出典:beauty.hotpepper.jp

低めのサイドアップも、ミディアムヘアさんが簡単に取り入れられて、梅雨シーズンもまとまった髪をキープできるヘアアレンジです。
このときも軽くウェーブをかけておけば、仕上がりがとってもおしゃれになりますよ♡

《サイドくるりんぱのやり方》

  1. 顔周りの後れ毛を残して髪をまとめたら、左右どちらかでまとめておきます。
  2. ゴムで結んだら、ゴムのすぐ上に穴を作って毛先を上から下に通してくるりんぱをします。
  3. ぎゅっとしっかり引っ張ったら、くるりんぱ部分の髪を少しほぐせば完成です。

仕上げに後れ毛部分をもう一度コテで巻いて、しっかりクセをつけるといいですよ。

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ③無造作お団子ヘア

お団子ヘア出典:beauty.hotpepper.jp

梅雨の時期のヘアアレンジでは、簡単なお団子スタイルも人気があります。

《簡単なお団子ヘアのやり方》

  1. 髪をまとめて好みの位置でポニーテールを作ります。
  2. ゴムに毛束を通す最後の段階で輪っかを作ったら、毛先をゴムにぐるっと巻き付けてピンで固定しましょう。
  3. あとはお団子部分を少しほぐして、ラフに仕上げれば完成です。

ミディアムヘアであれば、高めの位置でも低めの位置でも作ることができるので、気分やファッションに合わせてお団子の位置を変えていきましょう!
このとき、スカーフなどでお団子を下から支えるようにセットしてあげると、崩れにくさがアップします♡

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ④簡単ギブソンタック

ギブソンタック出典:beauty.hotpepper.jp

「梅雨シーズンに大事なデート!」など、ヘアアレンジで失敗したくない日があるのなら、キレイめな印象に決まるギブソンタックにチャレンジしてみてください。
短すぎず長すぎないミディアムヘアだからこそ、きちんと感のあるまとめ髪にすることができます。

《ギブソンタックのやり方》

  1. 両サイドの髪を残して、ハーフアップを作るように上半分の髪を結びます。 
  2. 両サイドの髪をねじりながらゴムに巻き付けて固定し、残りの髪はできるだけ下の方で結んでおきます。
  3. あとはくるくると毛先を丸めていき、ピンでしっかり固定すれば完成です。

湿気で髪がピョンッと出てきてしまうときは、まとめ髪スティックのようなグッズを活用して髪に塗っておくといいですよ。

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ⑤三つ編みポニーテール

三つ編みポニー出典:beauty.hotpepper.jp

梅雨はジメジメしていることから、まとめ髪中心になってしまう女性も多いかと思いますが、たまには違うヘアアレンジでおしゃれを楽しみたいと思うのが乙女心!
そのときは、ミディアムヘアを活かしたダウンスタイルで決まり。

《ポニーテール×三つ編みのやり方》

  1. 好みの高さでポニーテールを作り、ゴムで結んでおきます。
  2. あとは毛先まで三つ編みを繰り返し、毛先をゴムで結んだら三つ編み部分をほぐします。
  3. 最後にスプレーをかけて固定すれば完成です。

三つ編みをほぐすときは、編み目の外側を軽く引っ張るようにするといいですよ。
サイドで作れば、ますます女性らしさがアップするでしょう。

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ⑥アレンジを加えたハーフアップ

ハーフアップ出典:beauty.hotpepper.jp

ハーフアップも梅雨におすすめのヘアアレンジですが、ただ髪を上下に分けて上の髪を結ぶだけではシンプルすぎてしまいますよね。
ミディアムヘアはアレンジがしやすい髪型でもあるので、もうひと手間加えておしゃれなハーフアップに変えましょう!

《アレンジを加えたハーフアップのやり方》

  1. 両サイドの髪を残して、耳のあたりで上下に分けてハーフアップを作っておきます。
  2. サイドの髪で三つ編みを作ったり、ねじり編みをしたりしながら後ろに流し、ゴムに巻き付けて固定すれば完成です。

上部分のアレンジによってボリュームを控えめにすることができるので、下の髪をそのまま流しておいても気にならなくなりますよ♪

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ⑦編み下ろしヘア

編み下ろしヘア出典:beauty.hotpepper.jp

ミディアムヘアの場合、少し時間をかければもっとおしゃれなヘアアレンジを楽しむことができますよ!
梅雨でも関係なく、こなれ感のある髪型にするなら、高めの位置から編み込みにチャレンジしてみましょう。

《表編み込みのやり方》

  1. ハチあたりからハーフアップを作るように髪をすくい取ったら、一回だけ三つ編みをします。
  2. そして二回目からは、サイドの毛束を真ん中の毛束とクロスさせるときに、横から新しい髪を追加させながらクロスしていきます。
  3. 横からすくい取る髪がなくなったら、あとは毛先まで三つ編みを繰り返してゴムで結べば完成です。

表編み込みができるだけで、ぐっとおしゃれ度を増してくれます。

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ⑧サイドをピンで留める

ミディアムヘア出典:beauty.hotpepper.jp

梅雨シーズンの湿気によるうねりが気になる女性が多い一方で、そのときに出るクセを活かした髪型を楽しむ女性が増えてきています。
ナチュラルなウェーブが出るミディアムヘアであれば、そのままでもおしゃれに決めることができますよね。

このときは、顔周りの髪だけでもピンで留めておくことがおすすめですよ♡

《クセ毛を活かしたヘアアレンジ》

  1. ムースなどで髪をくしゃっと揉み込んでウェーブを出します。
  2. 手で押さえながらボリュームを調節したら、前髪やサイドの髪を耳にかけて顔周りをすっきりさせましょう。
  3. 崩れてこないようにピンで留めれば完成です。

ピンでシャープや星の形を作ることもできるので、ヘアアクセサリーの使い方にも注目してみてくださいね。

【ミディアムヘア編】梅雨におすすめのヘアアレンジ⑨大人可愛いツインテール

ツインテール出典:beauty.hotpepper.jp

ミディアムヘアはツインテールにしても可愛くまとめることができるモテヘア♡
梅雨シーズンでも雨の日でも安定した可愛らしさをアピールすることができますよ。

《おしゃれツインテールのやり方》

  1. 髪全体を二つにしたら、それぞれの毛束で高めの位置から編み込みをしていきます。
  2. 毛先まで繰り返して、あとはリボンなどで毛先を結ぶだけ!

最初はきつめに編み込んでいき、最後にほぐしてラフ感を出してあげた方が、おしゃれに決まるだけでなく崩れにくくなります。

梅雨におすすめのヘアアレンジをご紹介させていただきました。
ミディアムヘアであれば、まとめ髪もダウンスタイルもパパッと作ることができるので、梅雨でも安心しておしゃれな髪型を楽しむことができます。
どれも簡単なものばかりなので、ぜひ気になったヘアアレンジにトライしてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。