雑誌連動

プロポーズから結婚式まで何をすべき?挙式までの段取りリスト

WEDDING

♡4MEEE Vol.4 p.104〜こんなカタチが理想形♡リングがつなぐ、きずな婚!

大好きな彼から、プロポーズを受けた♡幸せの絶頂ですが、実は段取りを組んで結婚式の準備を始める、忙しいタイミングでもあるんです!
「何からやるの?」「どうすればいの?」の疑問に答える、プロポーズから結婚式までの段取りリストです。

プロポーズって?

プロポーズwww.shutterstock.com今回は、プロポーズを受けてから、結婚式までの段取りをご紹介します。
そもそも、「プロポーズ」とはどのようなものなのでしょうか?

プロポーズとは、お付き合いをしている相手に結婚の意思を伝えること。
プロポーズを受けた相手が結婚を承諾したとき、結婚の約束が交わされます。
お互いに結婚を了承していても、プロポーズはあくまで口約束にすぎません。

きちんと段取りを踏まえて、素敵な結婚式を迎えましょう♡

プロポーズから結婚式までの段取り①結婚指輪を購入する

結婚指輪www.shutterstock.com

プロポーズを受けたら、まずは両家の顔合わせのスケジュールを!と焦ってしまいがちですが、実は顔合わせや結納のタイミングで、婚約記念品として結婚指輪が必要な場合もあります。

まずは、段取りとして彼と二人で結婚指輪を探すことから始めましょう♡

結婚指輪は、一生の記念になります。
慎重に下見やリサーチをして、2人にとって、本当に気に入ったものを選びたいですよね!
ただ結婚指輪を買うだけではなく、サイズのお直しや刻印……などが必要な場合もあるので、スケジュールに余裕をもって動きましょう。

プロポーズから結婚式までの段取り②結納・顔合わせ

家族で食事www.shutterstock.comプロポーズを受け、結婚指輪の準備が進んできたら、次の段取りとして、両家の顔合わせや結納の機会を設けましょう。
両家の顔合わせに関しては、遅くても結婚式の3ヶ月前までには済ませましょう。

結納スタイルにするか、顔合わせスタイルにするかは、両家にしっかりと相談したうえで決定しましょう。

ここ数年では、駅から近いレストランなど、両家の両親の交通の便の良さでお店を決定することも多いようです。

プロポーズから結婚式までの段取り③式場選び

結婚式場www.shutterstock.com

顔合わせを無事に済ませたら、結婚式場選びをスタートさせます。
まずは2人で結婚式に関する希望や夢、憧れ……などをお互いに出していきます。
その中から意見をより分けて、結婚式に関する共通認識を持っておきましょう。
憧れのプロポーズを受けて上機嫌になる暇もなく、実は取り組むことがたくさんあるんです!

結婚式場の候補が揃ったら、次は実際に会場を見に行きましょう。
段取りとして、まず式場がカップル向けに開いている「ブライダルフェア」へ参加すると良いですよ。
ブライダルフェアは、1件だけでなく2~3件の結婚式場を回っておくと安心!
1つのフェアから次のフェアまで間が空いてしまうと、前に見学した結婚式場の雰囲気などを忘れてしまうかもしれません……。

ここまでできたら気になる結婚式場を実際に見学に行き、最終的に2、3カ所で見積もりをもらい、比較検討をします。
人気の日取りの場合は、可能であれば仮予約をしておくのも安心です。
式場が決まったら、宿泊の手配も考えておくと良いですよ。

プロポーズから結婚式までの段取り④新居を探す

家を見るカップルwww.shutterstock.com

ブライダルフェアに参加して結婚式場を決めるのと同時期に、必要であれば新居探しもスタートさせましょう!
プロポーズを受けた時はまだリアルな結婚生活は見えませんが、段取りとしてこのタイミングになると、だいぶ未来が想像できてきます。

新居は、賃貸にする?戸建て?マンションを購入する?といったことや、住むエリアに関して、子供に関して……など、結婚生活の第一歩に関わる決めごとがたくさんあります。

ある意味、結婚に対する価値観のすり合わせにもなるので、非常に重要な項目です。
もめごとに発展しないよう、お互いに意見はしっかりと相手に伝えられるよう、話し合いの機会を何度も設けておくと良いですよ♡

プロポーズから結婚式までの段取り⑤結婚式場を予約する

カップルwww.shutterstock.comブライダルフェアへの参加や情報収集などで結婚式場に関してしっかりと下調べをしたら、次の段取りとして、式場を予約しましょう!
予約のときに、頭に入れておきたいのが「キャンセル料」です。
結婚式場によっては、予約の取り消しをするとキャンセル料が発生することも!
キャンセルに至らなければ良いのですが、もしもの時のためにキャンセル料の内容を事前に確認しておきましょう。

キャンセル料を恐れて、第一候補の結婚式場を押さえず、結局挙式日が埋まってしまった……という事態になってしまっては泣いても泣ききれませんよね。
そうした事態を避けるために、「仮予約」をしておきましょう♪
せっかくプロポーズを受けたのですから、憧れの式場を抑えたいですよね。

仮予約をすれば、だいたい1週間~10日間程の期間、希望の日程を押さえることが可能です。
その間に、他の候補の結婚式場も、じっくり検討しましょう。

プロポーズから結婚式までの段取り⑥ドレスを選ぶ

ドレスを選ぶ女性www.shutterstock.com花嫁にとって、プロポーズの次に重要なのが、ドレス選びです♡
ウェディングドレスやカラードレスを扱うドレスショップは、結婚式場と提携しているか否かによって「式場提携」「式場提携外」と分けて呼ぶことがあります。

ホテルで挙式を上げる人や、和装も洋装も検討している人は、和装も洋装もどちらも揃っている「ホテルの衣裳室」がおすすめ!
一方、どのようなドレスを着ようか悩んでいる人や、たくさんの中から選びたいと考えている人は、一度にたくさんのドレスを見ることができる「ブライダルフェアの試着会」への参加がおすすめです。
段取りを取って試着の日程を決めるのですが、回数は2~3回という人が多く、1回目の試着の大体の目安は「挙式日の1年~半年前」という人がほとんどなんだとか。
人気のドレスショップはなかなか予約が取れないこともあるので、結婚式場を決めたら、早めの予約をおすすめします。

ウェディングドレスのフィッティングwww.shutterstock.com

試着をする中で、しっかりと確認しておきたいのが金額です。
予算の設定は、試着に行く前に、しっかりと決めておきましょう。
ウェディングドレスは、レンタルでも1着だいたい20~40万円程が一般的です。
お色直しのカラードレスや着物をプラスする場合には、さらに費用がかかることを頭に入れておきましょう。
他にも、レンタルドレスの場合には「保険料」や「クリーニング料」がかかることが多いです。

お気に入りのドレスが決まったら、契約を交わしましょう。
契約書を記入し、内金や申込金を支払うのが一般的です。
一部の内金を支払って、残り代金は挙式日の1ヶ月前までに振り込むなど、後日支払うケースが多いよう。
試着当日に全額を支払うということはほとんどないので、安心ですよね!

プロポーズから結婚式までの段取り⑦挙式に向けて準備を進める

結婚式の準備www.shutterstock.comここまで済ませたら、ようやく、結婚式当日へ向けて段取りを取って、準備が本格的にスタートします!
結婚式に向けての主な準備のTODOリストを、下記にピックアップしておきます。

ゲストのリストアップ
彼と手分けして、結婚式に参列してもらいたいゲストをリストアップします。
招待状の手配など
新郎側、新婦側それぞれのゲストへ招待状を送る手配をします。返信先などを2人で決め、ゲストの管理をきちんと行えるようにしておきましょう。
席次決め
親族や上司、同僚や友人……など、ゲストの席順を決定します。目安として、招待状を発送するタイミングで大まかな席順を決め、返信が着たら正式に決定すると良いでしょう。
ヘアメイク
結婚式場のメイク担当の人と打ち合わせをして、決めていきます。
写真・動画の撮影を検討
どのプランがお得かなど、しっかりと予算と照らし合わせます。

ウェルカムボードと花www.shutterstock.com

料理・飲み物を決める
ゲストが一番楽しみにしてくれているのは、ココ!予算と相談して、ゲストに喜んでもらえる内容にしましょう♡
装花・ブーケ・ウェディングアイテム
打ち合わせ時に、イメージを明確に伝えられるとスムーズです。
披露宴の演出・プログラムを検討
余興をやるか否かも、ここで決定します。
引き出物・プチギフトを決める
ゲストを見送る際に、どのようなプチギフトを送るかを決めましょう。手作りをするという新郎新婦も、多いようです♡
エステ・ネイル・ヘアカラー
結婚式当日に、一番美しい姿でいられるように準備をします。

プロポーズを受けてから結婚式当日を迎えるまでには、様々な準備が必要です!
順を追って段取りを取ることで、焦ることなく当日を迎えることができますよ。