ブラウスとは?シャツとの違いや豊富な種類&おすすめコーデを紹介

FASHION

レディースファッションアイテムの中でも、一年を通して人気が高いブラウス。いまさら聞けないけれど、シャツとの違いをご存知ですか?ブラウスに関しての豆知識や、今すぐマネしたいおすすめのコーデなど、ブラウスについての知識を、様々な角度から解説していきます♪

ブラウスとは

ブラウス引用:item.rakuten.co.jp

なんとなく「ブラウス」や「シャツ」と呼んでいるトップスですが、「その違いは?」と問われて、自信を持って回答できる人は、そう多くないかもしれません。

ブラウスの特徴として覚えておきたいのは、まず発祥の段階から1枚で着られる上着として作られているということ。
そして、シャツは衿がついているデザインが多いのに対し、ブラウスは衿がないものや、あっても台衿がないピーターパンカラーのようなデザインが多いですよね。

ブラウスの名前の由来は「裾をボトムに入れる=ブラウジング」といわれています。
素材は絹などの天然素材やポリエステルなど化繊、いずれも柔らかいものを使用しているのが特徴です。

シャツとは

シャツ引用:item.rakuten.co.jp

一方、シャツは上着の汚れ移りを防ぐための男性用の肌着として発祥したアイテムです。
その後、部屋着→普段着へと変化していきました。

現在では、シャツというと大きく分けると「ワイシャツ」と「カジュアルシャツ」の2種類がありますます。
ワイシャツの語源は、「白いドレスシャツ=White Shirt」が変化したのだとか!

ワイシャツの素材はしっかりした風合いの綿を使用することが多く、衿は台衿を付けて、硬めの芯地を使用しているのが特徴です。
カジュアルシャツの素材は、綿や麻など、様々な素材を使用しているのが特徴です。衿は大衿のないクタッとしたものが多いのが特徴です。

カットソーとは

カットソー引用:item.rakuten.co.jp

ブラウスとシャツの違いが分かったところで、次はカットソーについてお勉強しましょう!

夏の定番アイテムである「Tシャツ」と「カットソー」は、同じジャンルのアイテムです。

カットソーはカット(切る)&ソー(縫う)を掛け合わせた言葉です。
カットソーは、ニットの生地を裁断して縫ったものです。Tシャツも生地を裁断して縫っているので、カットソーといえるでしょう。

ブラウスの種類は豊富

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

現代では、ブラウスのデザインは多種多様!

どのようなコーデに合わせるのかを考慮して選ぶと、グンとおしゃれに見えますよ♡

ここからは、様々なブラウスを使ったコーデをご紹介していきます。

①シフォンブラウス×Aラインスカート

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

まずご紹介するのは、ブラウスの中でも人気が高い、シフォンブラウスを使ったコーデです。

シフォンブラウスとは、ふんわりしたシルエットや、素材を使用したトップスのこと♡

すっりとした印象のAラインのロングスカートを合わせることで、大人可愛いコーデが仕上がります。

②シャツブラウス×ベージュースカート

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

ふんわりしたベージュのスカートに似合うのは、写真のようなシャツブラウスです♪

シャツブラウスとは、男性用ワイシャツに似せて作ったデザインの、活動的な印象のブラウスのこと。

ゆるっとオーバーサイズで着こなすと、旬な表情に仕上がります。

③チュニックブラウス×デニムパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

永遠の定番アイテムであるデニムを履くときには、チュニックブラウスを合わせるとおしゃれ♡

チュニックブラウスとは、腰から膝あたりまである着丈の長いトップスのことです。
それ以外にも、チュニックのような、直線断ちで筒状のブラウスのことを差す場合もあります。

着丈が長いので、パンツコーデと相性が良く、スタイルが良く見える優れものです。

④コクーンブラウス×爽やかスカート

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

トレンドのフロントボタンデザインの爽やかなスカートには、コクーンブラウスが相性抜群♡

コクーンブラウスとは、まるで繭の中にいるように身体が包み込まれるようなシルエットのトップスのことです。

大人見えするネイビーを選べば、ボトムスに選んだベージュを引き締めて見せてくれます。

⑤オフショルダーブラウス×ワイドパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

メンズライク&カジュアルな印象のワイドパンツを使ったコーデには、レディに見えるオフショルダーブラウスを合わせるとおしゃれ♡

オフショルダーブラウスは、肩から胸・背にかけての肌を多く露出したデザインのトップスを差しています。

デコルテラインを華奢に見せてくれるのが特徴で、特に夏におすすめしたいアイテムです。

⑥ノースリーブブラウス×ワイドパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

一方、サラリとした素材感のワイドパンツを履くときには、写真のようにノースリーブブラウスを合わせると、相性良く着こなすことができます。

フェミニンな印象のふんわりした印象のワイドパンツに合わせたノースリーブブラウスは、二の腕がすっきりと見えるのが嬉しいですよね。

写真のように、足元にはヒールのあるサンダルを合わせると、スタイルアップして見せることができます。

⑦フリルブラウス×ブルーパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

袖がフリルデザインになったVネックのブラウスは、爽やかな印象のブルーのワイドパンツが良く似合います。

夏に着たくなるグリーンのトップスはフリルデザインが可愛いですよね♡

ロゴがあしらわれたバッグをアクセントに、どこかスポーティーなテイストを取り入れると、よりおしゃれに着こなすことができます。

⑧ラッフルスリーブブラウス×タイトスカート

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

オフィスコーデにもおすすめしたいのが、ラッフルスリーブブラウスとタイトスカートを合わせたコーデです。

ラッフルスリーブブラウスの、ふんわりと広がる華やかな袖のデザインと、二の腕を華奢に見せてくれる絶妙な長さが、上半身の悩みをすべて解決してくれます♡

バッグやサンダルはベージュで統一いて、爽やかさを演出するのがおすすめです。

⑨フレアスリーブブラウス×デニムパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

フレアスリーブはフェミニンな印象のアイテムなので、ボトムスにはカジュアルなデニムパンツを合わせたコーデが良く似合います。

目を引くグリーンのフリルスリーブブラウスをデニムと合わせれば、それだけで華やかな印象の大人カジュアルコーデが完成します。

長袖を選べば、夏だけでなく初秋まで楽しむことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

⑩ビジューブラウス×柄パンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

まるでアクセサリーのように輝くビジューデザインが美しいブラウスは、柄パンツを合わせることで新鮮かつおしゃれなコーデを完成させるのに一役買ってくれます。

この時選ぶ柄パンツは、思い切って個性的なものが◎

写真のようにパイソン柄のパンツを合わせれば、周りと差のつくおしゃれ上級者なコーデが完成します。

⑪リネンブラウス×タイトスカート

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

真夏日が続く暑い日には、リネンブラウスを着て涼しげなコーデに仕上げるのがおすすめです。

リネンブラウスとは、その名の通り、リネン素材を用いたトップスです。
着用した肌触りがサラリとしているだけでなく、体感温度が下がるので、夏の必須アイテムとして人気を集めています。

リネンブラウスは、写真のようにVネックを選ぶことで、小顔効果が期待できます。
ボトムスには、サイドボタンがおしゃれなタイトスカートを合わせて、夏らしい爽やかなコーデに仕上げるのがおすすめです。

⑫ギャザーブラウス×ブラックパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

ふんわりとした印象のギャザーブラウスは、可愛らしいスカートと組み合わせるよりも、ブラックのスキニーパンツと組み合わせてシャープに着こなすのがおしゃれ!

バランス良く見せるためには、足元にもブラックを選ぶのが◎レースアップデザインのサンダルが、コーデを引き締めて見せてくれていますよね。

バッグはラフなデザインを選んで、全体的にカジュアルに仕上げると、旬な表情で着こなせます。

⑬ボウタイブラウス×レーススカート

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

2019年秋冬の代表的なトレンドアイテムとして注目を集めているボウタイブラウスは、レーススカートと合わせてとことんレディな印象に着こなすのが◎

ボウタイブラウスとは、衿部分を蝶結びにしたり、蝶結び状のヒモが着いたトップスのことで、フェミニンなブラウスの代表的なアイテムといわれています。

肌馴染みの良いカラーを選べば、着回し力に優れているのもポイントです。
1着持っていると秋冬のコーデが華やぐので、まだゲットしていない人はぜひお気に入りを探してみてくださいね♪

⑭パフスリーブブラウス×パープル系デニムパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

ラフな印象のデニムパンツを可愛らしく見せてくれるのは、やっぱりパフスリーブブラウスです。

パフスリーブブラウスとは、肩先や袖口にギャザーを入れることで、膨らませた袖の形のことを差しています。
可愛らしい印象が強いアイテムは、ブラックを選ぶことで落ち着いた印象を演出してくれます。

ふんわりした袖のフォルムだけでも十分可愛らしいので、ボトムスはスカートではなく、写真のようにデニムなどのパンツと合わせるのがおすすめです。

⑮ウエストタックブラウス×テーパードパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

脚のラインを強調せず、すっきりの華奢に見せてくれるテーパードパンツは、オンでもオフでも活躍してくれるアイテムとして、人気を集めています。

テーパードパンツと相性の良いブラウスとしておすすめしたいのが、ウエストタックブラウスです。

ウエストタックブラウスとは、その名の通りウエスト部分にタックを施して、すっきりとしたシルエットを実現させたデザインのトップスのこと♡
ぺたんこのサンダルで、ラフに着こなすのが気分です♪

⑯カシュクールブラウス×ワイドパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

サラリとした素材感のワイドパンツに合わせたいのは、写真のようなカシュクールブラウスです。

カシュクールブラウスとは、胸元が着物のように打ち合わせになったデザインのトップスのことです。

トレンドのラベンダーのブラウスを選んだら、ボトムスはホワイトを選ぶのが◎
可愛らしい上にさわやかな印象に仕上がるので、様々な人から好感を持ってもらえること間違いなしです。

⑰バックコンシャスブラウス×デニムパンツ

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

デニムはシンプルだからこそ、様々なブラウスと相性が良く、ブラウスコーデの際に最も登場回数が多いボトムスです。

ここまででご紹介したブラウス以外にも、デニムと相性が良いのがバックシャンブラウスです。

バックシャンブラウスとは、その名の通り、バッグスタイルにアクセントになるデザインが施されたトップスのこと♪
前から見ると一見シンプルなのに、実はバックスタイルは凝ったデザイン、というギャップにキュンとするブラウスです。

ブラウスをクリーニングに出す頻度や注意点

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

皆さんは、手持ちのブラウスをどのようにケアしていますか?

デイリーに着用するアイテムなので、毎回クリーニングに出すのは難しいですが、ケアに関して着になっているという人も多いのではないでしょうか。

大半のブラウスは自宅で洗濯が可能ですが、洗濯表示の意味を理解しないまま選択を行ってしまうと、型崩れの原因になるので要注意です。
目安として、大体1万円以上するブラウスは、クリーニングに出してケアを行うと安心です。

頻度

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

お出かけ着やおしゃれ着は、一度の着用だけでは洗わない、という人も多いですよね。
しかしブラウスは、1回着たらその都度洗うのが基本です。

仮に2回着用しても洗濯をしていない場合は、クリーニングに出さなければ、汗などのシミが付いてしまう危険性があります!

必ず、着用したら、その都度洗濯をすることを心がけましょう。

注意点

ブラウスを着た女性引用:wear.jp

ブラウスを自宅で洗濯する場合には、くれぐれも洗濯表示を確認することを、お忘れなく!
中には手洗いはOKだけれども洗濯機はNGというケースもあるので、必ず確認してから洗うことが大切です。

自宅での洗濯の場合だけでなく、ブラウスをクリーニングする際には、クリーニング店に持って行く前に確認しておきたいことがあります。

それは、汚れやボタンの取れ、ほつれの有無です。
これらはクリーニング店に持って行くときだけでなく、クリーニング後も必ず自分でチェックしましょう。

ブラウスの種類の多さに、びっくりした人も多いのではないでしょうか。
さまざまなボトムスと相性が良いので、特別なコーデテクニックがなくても簡単ないおしゃれに見えるのも、ポイントが高いですよね!
いつものコーデに女性らしさをプラスしたい時には、トップスをブラウスにチェンジするのがおすすめです。
誰が着てもたちまちレディに変身できる、手軽で嬉しいアイテムです。