シミを隠せるおすすめコンシーラー10選|タイプ別の使い方とコツ教えて

BEAUTY

毎日ケアをしているつもりでもできてしまうシミは、女性にとってとても厄介な存在ですよね。
メイクで隠そうとして塗り重ねてしまう女性もいるかと思いますが、それでは厚塗り感が出たり、メイクが崩れやすくなったりしてしまうので逆効果かも!
そこで今回は、シミを隠せるおすすめのコンシーラーや使い方のコツをご紹介いたします。

シミを隠せるおすすめコンシーラー

微笑む女性引用:www.shutterstock.com

ファンデーションよりもカバー力が高く、シミ隠しに適したコンシーラーには、主に5つの種類があります。

スティック
口紅のようなスティック状になったコンシーラーのことで、しっかりしたテクスチャーであることからシミをピンポイントでしっかり隠すことができます。ただし、乾燥肌の女性はしっかり保湿ケアをすることがポイントです。
リキッド
液状のコンシーラーで、サラサラしたものからしっかりしたテクスチャーまであります。保湿力に優れているものが多いですが、スティックタイプよりもカバー力は弱めです。
ペンシル
スティックタイプに近いですが、鉛筆のようなスリムなコンシーラーで、適度な硬さがあるのでシミをスティックタイプ以上にしっかりカバーできると言われています。小回りもききますから、細かい部分のシミ隠しにも◎
パレット
何色かのコンシーラーをセットにしたタイプで、自分の肌色に調節しながら塗ることができます。スティックのようにしっかりめのテクスチャーなのでカバー力も抜群です。
クリーム
リキッドよりもしっかりしたテクスチャーですが、柔らかさがあります。薄付きで自然に仕上がりやすく、保湿力も高いのが嬉しいポイント。

(スティック)24 ミネラルスティックファンデ

24h cosme 24 ミネラルスティックファンデ引用:www.24h-cosme.jp

24h cosme(24hコスメ)の「24 ミネラルスティックファンデ」は、商品名の通りスティックタイプのファンデーションですが、コンシーラーが一体型になっているコスメなので、シミ隠しにも最適なアイテムなんです。
ファンデーションを塗りながら、同時にシミを隠せるので、メイクを早めに済ませたいときにもおすすめですよ。

天然ミネラルに天然保湿成分をプラスして作られているので、ケアしながらメイクができ、石鹸で簡単にオフできるのも嬉しいポイントです。

<24 ミネラルスティックファンデの基本情報>
商品名:24 ミネラルスティックファンデ
メーカー名:ナチュラピュリファイ研究所
価格:1,944円(税込)
購入URL公式サイト

(スティック)カラースティックモイストラスティングカバー

キャンメイク カラースティック モイストラスティングカバー引用:www.canmake.com

プチプラコスメで有名なキャンメイクにも、「カラースティック モイストラスティングカバー」というスティックタイプのおすすめコンシーラーがあります。
手に取りやすい価格でありながら、カバー力と密着力に優れているので、少量でシミをしっかりカバーしてくれる優れものですよ。

同時に保湿成分も含まれていますし、SPF50+/PA++++で紫外線からも肌を守ってくれます。
シミ隠しであれば、02、03、06番から選んでみてください。

<カラースティックモイストラスティングカバーの基本情報>
商品名:カラースティックモイストラスティングカバー
メーカー名:井田ラボラトリーズ
価格:626円(税込)
購入URL公式サイト

(リキッド)フィットミーコンシーラー

フィットミーコンシーラー引用:www.amazon.co.jp

リキッドタイプのコンシーラーを探しているなら、メイベリン ニューヨークの「フィットミーコンシーラー」がおすすめです。
ウォーターベースなので、広範囲のシミにもしっかり伸びてなじんでくれますし、潤いのある肌をキープしやすいのが魅力。

小さめのチップなので、細かいシミ隠しにも最適!肌色に合わせて、7色から選ぶことができます。

<フィットミーコンシーラーの基本情報>
商品名:フィットミーコンシーラー
メーカー名:メイベリン ニューヨーク
価格:1,080円(税込)
購入URL公式サイト

(リキッド)チップコンシーラー

the SAEM チップ コンシーラー引用:www.thesaemcosmetic.jp

the SAEM(ザ セム)の「チップ コンシーラー」は、リキッドタイプだけどカバー力が抜群のアイテムとして人気のあるコンシーラーです。
すーっと伸びて、肌にピタッと密着するので、べたつきがないのも嬉しいポイント。

ツボクサ葉エキスやアロエベラ葉エキスなどの保湿成分も配合されているので、プチプラでもしっかり乾燥からお肌を守ってくれますよ。
すぐに乾くので、一度くらい重ねても厚塗り感を感じさせません。

<チップ コンシーラーの基本情報>
商品名:チップ コンシーラー
メーカー名:インターナショナルコスメティックス
価格:842円(税込)
購入URL公式サイト

(ペンシル)ペンシルコンシーラー

ペンシルコンシーラー引用:www.micwelva.com

ミュウの「ペンシルコンシーラー」は、部分隠しに使いやすい鉛筆タイプのコンシーラーです。
細かいシミもピンポイントでカバーすることができ、重ねても崩れにくいので、朝の仕上がりを長くキープすることが期待できます。

汗や皮脂に強いだけでなく、保湿&美容液成分も配合されているので、乾燥によるメイク崩れも防ぐことができるでしょう。

<ペンシルコンシーラーの基本情報>
商品名:ペンシルコンシーラー
メーカー名:ミックウエルヴァ
価格:1,620円(税込)
公式サイト

(ペンシル)ビューティーカバーペンシル スリム1

ビューティーカバーペンシル スリム1引用:www.mitsuyoshi-make.com

三善(みつよし)は、演劇化粧や舞台化粧、バレエメイクなどのコスメを取り扱っているブランドです。
そこから誕生している「ビューティーカバーペンシル スリム1」は、舞台で使われることもあってカバー力に優れているコンシーラー!

肌になじみやすい色でシミやソバカスを自然にカバーしてくれるだけでなく、目元のくすみやリップラインの修正にも役立ってくれます。

<ビューティーカバーペンシル スリム1の基本情報>
商品名:ビューティーカバーペンシル スリム1
メーカー名:三善
価格:864円(税込)
購入URL公式サイト

(パレット)ミネラルコンシーラーパレット

ミネラルコンシーラーパレット引用:etvos.com

エトヴォスの「ミネラルコンシーラーパレット」は、天然ミネラルと植物由来オイルでできたパレットタイプのコンシーラーです。
使いやすいナチュラルベージュ、オレンジベージュ、オークルベージュの3色がセットになっているので、肌の色に合わせて組み合わせればシミを自然にカバーすることができます。

付属のブラシは、筆とスポンジの2wayタイプになっているので、シミの大きさや使う部分によって使い分けができるのも便利!

<ミネラルコンシーラーパレットの基本情報>
商品名:ミネラルコンシーラーパレット
メーカー名:エトヴォス
価格:4,860円(税込)
購入URL

公式サイト

(パレット)クリエイティブコンシーラーe

イプサ クリエイティブコンシーラーe引用:www.ipsa.co.jp

イプサの「クリエイティブコンシーラーe」も、肌色に合わせて3色をブレンドできるパレットタイプのコンシーラーです。
赤みをプラスした色になっているので、血色感のある肌に溶け込むようになじませることができますよ。

肌への高いフィット力を叶える「フレキシブルネット EX」を採用していることも特徴で、時間が経ってもメイク仕立ての美しさが続きます。

<クリエイティブコンシーラーeの基本情報>
商品名:クリエイティブコンシーラーe
メーカー名:イプサ
価格:3,780円(税込)
購入URL公式サイト

(クリ-ム)ラディアントクリーミーコンシーラー

NARS ラディアントクリーミーコンシーラー引用:www.narscosmetics.jp

クリームタイプのコンシーラーを探しているなら、NARS(ナーズ)の「ラディアントクリーミーコンシーラー」がおすすめです。
潤い感を与えるマルチアクションのスキンケアの働きと、光拡散テクノロジーを採用しているので、シミを自然にカバーしながら輝きのある肌へ導いてくれます。

多くのメイクアップアーティストたちも愛用しているコンシーラーなので、プロの仕上がりを経験してみたい女性にもおすすめですよ。

<ラディアントクリーミーコンシーラーの基本情報>
商品名:ラディアントクリーミーコンシーラー
メーカー名:ナーズ ジャパン
価格:3,888円(税込)
購入URL公式サイト

(クリ-ム)ソフトマットコンプリートコンシーラー

NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー引用:www.narscosmetics.jp

NARS(ナーズ)からもう一つおすすめしたいのが、「ソフトマットコンプリートコンシーラー」というクリームタイプのコンシーラーです。
ソフトフォーカス効果によってシミなどの気になる部分をぼかして、なめらかな肌へ整えてくれます。

軽やかなつけ心地なので、重ねづけをしても重く感じません。
ヒアルロン酸配合で保湿効果も抜群!NARSの数あるコンシーラーの中で、カバー力がもっとも高いタイプだといわれているので、しっかり隠したい方にぴったりです。

<ソフトマットコンプリートコンシーラーの基本情報>
商品名:ソフトマットコンプリートコンシーラー
メーカー名:ナーズ ジャパン
価格:3,888円(税込)
購入URL公式サイト

【タイプ別】コンシーラーを使ったシミの隠し方

コンシーラーを使う女性引用:www.shutterstock.com

コンシーラーを使って上手にシミを隠すためには、コンシーラーの種類別に使い方をマスターすることが大切です。

コンシーラーを使うタイミングとしては、リキッドファンデーションであればリキッドファンデーションを塗った後に、パウダーファンデーションであればパウダーファンデーションの前に使うといいですよ。

スティックタイプ

コンシーラーを使う女性引用:www.shutterstock.com

まずはスティックタイプのコンシーラーの使い方を見ていきましょう。

<スティックタイプのコンシーラーの使い方>

  1. スティックコンシーラーを用意したら、直接シミに塗ります。
  2. 隠したい部分よりひと回り大きく塗ったら、指先で肌とコンシーラーの境目をそっとぼかしながらなじませます。
  3. 仕上げ用パウダーを重ねれば完璧です。

直接塗ってなじませるだけでいいので、とっても簡単に使えます。
ただし、コンシーラーの色が合っていなかったりマットな質感だったりすると、肌から浮いて見えるので注意しましょう。

リキッドタイプ

コンシーラーを使う女性引用:www.shutterstock.com

自然なツヤ感を出しながらカバーすることができるリキッドタイプのコンシーラーは、肌の凸凹部分にも伸ばしやすいアイテムです。

<リキッドタイプのコンシーラーの使い方>

  1. 一度手の甲に出してから、量を調節します。
  2. カバーしたいシミ部分にピンポイントでのせたら、指の腹で優しく伸ばした後に、清潔なスポンジを使って優しく叩き込むようにポンポンとなじませましょう。

自然な仕上がりになるリキッドタイプのコンシーラーですが、カバー力が低いので濃いシミであればスティックやペンシルといった部分カバーに強いコンシーラーと組み合わせて使うのもおすすめです。

ペンシルタイプ

コンシーラーを使う女性引用:www.shutterstock.com

ペンシルタイプも直塗りでシミをカバーできる便利なアイテムですが、鉛筆タイプもあればくり出し式のものもあるので、好みのものを見つけてみてくださいね。

<ペンシルタイプのコンシーラーの使い方>

  1. ペンシルタイプで気になるシミ部分に、優しくポンポンとのせます。
  2. あとは指の腹を使ってなじませればOKですが、上手にぼかしたいときは綿棒を使ってぼかすとより自然な仕上がりを目指すことができますよ。

ペンシルの先でグリグリ塗りつぶすと厚塗り感が出るだけでなく、肌に負担を与えてしまうので気を付けてくださいね。

パレットタイプ

可愛いコスメ引用:www.shutterstock.com

カバー力に優れ、自分の肌色に調節できるパレットタイプのコンシーラーを使う場合は、メイクブラシを用意しておきましょう。

<パレットタイプのコンシーラーの使い方>

  1. ブラシでとってコンシーラーを手の甲につけ、一度肌に近い色になるように調節します。
  2. 後はシミの上に塗り、肌との境目を指の腹で優しくぼかせば完成です。

顔の凹凸に合わせて色味を操れるようになると、とてもキレイな仕上がりになりますよ。

クリームタイプ

コンシーラーを使う女性引用:www.shutterstock.com

クリームタイプのコンシーラーを使うときは、伸ばすというよりもシミ部分に置く感覚で使った方がキレイにカバーすることができます。

<クリームタイプのコンシーラーの使い方>

  1. クリームコンシーラーを指にとり、隠したいシミ部分に軽く叩くようにしながら伸ばしてなじませます。
  2. 仕上げ用パウダーをその上から重ねれば、より自然に仕上げることができますよ。
  3. 指ではなく、ブラシにとってから使うのもおすすめです。

厚塗り感が出やすいので、少量ずつ塗るようにしてくださいね。

濃いシミを上手に消すコツ

鏡を見る女性引用:www.shutterstock.com

種類別にコンシーラーの使い方をマスターすれば、薄いシミはキレイにカバーすることができます。
しかし濃いシミがあると、どうしても気になってしまってつい何度も塗り重ねてしまうことも……。

濃いシミを上手に消すには、以下の3つのコツが重要になるので、ぜひ参考にしてみてください。

肌の色に近いものを選ぶ

ファンデーションと手の甲引用:www.shutterstock.com

濃いシミをカバーしたいときは、カバー力も大切ですが、まずは肌の色に近いかどうかを見直してみて!

肌より明るすぎても、暗すぎても不自然に見えてしまうからです。
テスターがある場合は、一度手の甲に出してから、肌の色と合っているか確認するといいですよ。

リキッドファンデーションを先に使う場合は、リキッドファンデーションの色に合わせて選ぶのもいいでしょう。

隠したい部分にピンポイントで使う

女性の口元引用:www.shutterstock.com

コンシーラーでシミをカバーしたいときは、広範囲に広げるのではなく、できるだけピンポイントで使うのが鉄則!
広く塗るとしても、シミのサイズよりもふた回りほどまでにして、軽いタッチでトントンとなじませていきましょう。

スティックやペンシルなら直接、パレットやクリームならブラシにとってからピンポイント使いをすることがおすすめです。
広範囲のシミにも、小さなシミにも対応できます。

指やブラシを使い分けてなじませる

メイクブラシを使う女性引用:www.shutterstock.com

指やブラシを上手に使い分けることも、濃いシミを上手にカバーするためのコツになります。

基本的には、ブラシでコンシーラーを取ってから肌にのせ、そのあとは指の腹を使ってポンポンとなじませていくことがおすすめです。

パレットやクリームのようなしっかりしたテクスチャーであれば、最初からブラシを使ってブラシでぼかすのもいいでしょう。
その際は、細かいシミに使うのではなく、広範囲のシミに使った方がカバーしやすいです。

まとめ

コスメを持つ手引用:www.shutterstock.com

シミを隠せるおすすめのコンシーラーと、種類別の使い方をご紹介させていただきました。
それぞれの特徴を知り、自分にとって使いやすいコンシーラーを見つけることができれば、初心者でも理想の仕上がりを目指すことができます。
好みの使用感、自分の肌に合う色のコンシーラーを見つけて、シミをなかったことにしましょう!