黒髪に似合うメイク方法を紹介|透明感やナチュラル感をいかすポイントとは

BEAUTY

清楚な雰囲気が魅力的な黒髪ですが、なぜかあか抜けないと悩んでいませんか?
地味に見えたり、頑張りすぎて奇抜に見えたり……上手く黒髪の魅力を活かすのって難しいですよね。
そのときは黒髪に似合うメイク方法が解決してくれるかも!おすすめのメイク方法をご紹介いたします。

透明感やナチュラル感をいかすメイクのポイント

黒髪の女性引用:www.shutterstock.com

カラーをしていない黒髪は、まじめで清楚な印象を与えることができる日本人らしい髪色ですよね。
ここ最近は黒髪にするセレブが増え、黒髪ブームになっていますが、黒髪は一歩間違えると重く見えたり野暮ったく見えたりしてしまうことがあります。

黒髪の雰囲気を活かしながらあか抜けるためには、透明感やナチュラル感を意識したメイクを取り入れることがおすすめです。
ここでは、黒髪さん向けのメイクのポイントや基本的な方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

黒髪に似合うメイク方法を紹介

可愛い小物引用:www.shutterstock.com

黒髪さんにはどのようなメイク方法が似合うのでしょうか。
実は、自分のなりたい雰囲気や、自分の印象別で似合うメイク方法が変わってきます。

  • 黒髪に似合うかわいいメイク方法
  • 黒髪に似合う韓国メイク方法
  • 黒髪一重に似合うメイク方法
  • 黒髪に似合う色素薄い系メイクの方法
  • 黒髪に似合う垢抜けるためのメイク方法

この5つに分けてメイク方法やポイントをご紹介していきますね。

黒髪に似合うかわいいメイク方法

微笑む女性引用:www.shutterstock.com

知的で清楚な黒髪を、メイクでかわいらしい印象にしたいときもありますよね。
黒髪でかわいいメイクは、男性ウケ抜群のモテテクニック!

ポイントを押さえて、ぜひマスターしてみてください。

リップの色はヘアスタイルに合わせるのがオススメ!

ショートボブ引用:beauty.hotpepper.jp

黒髪ロング引用:beauty.hotpepper.jp

ブルーやパープルの下地を使って、透明感のあるベースメイクにしたら、ポイントメイクで使う色選びに注目してみてください。
リップの色はヘアスタイルに合わせて選ぶのが鉄則!

ボーイッシュな印象が強めのショートヘアにはピンク系のリップ、セミロングからロングヘアには赤系のリップがよく似合います。
清潔感を意識することで、大人の女性らしさを引き立てることができますよ。

ツヤのないマットリップもおすすめですが、この場合は保湿力のあるマットリップにして乾燥した唇を見せないように気を付けて!

アイメイクは、“ぱっちり”した目元を意識!

ショートボブ引用:beauty.hotpepper.jp

アイメイクでは軽やかさとぱっちりした目元にすることを意識してみてください。
黒髪に一番近いポイントメイクになるので、ここで色や影を入れすぎてしまうと、重たい印象になってしまうことがあるんです。

ですので、透明感と淡い陰影を与える程度のパールベージュやパステルピンクのようなアイシャドウカラーにして、目のキワが濃くなるような自然がグラデーションを作ってみてください。
その代わり、アイラインは細くしっかり引き、まつ毛はビューラーでしっかり持ち上げてからマスカラでボリュームを足して目の縦ラインを強調しましょう。

チークはふんわりした女の子らしい色をチョイス!

黒髪の女性引用:beauty.hotpepper.jp

黒髪でもかわいらしさを強調するためには、血色感をプラスするチークが欠かせません。
顔全体の印象をパッと明るく見せてくれますから、重たさも回避することができますよ。

このときのチークは、肌なじみが良くて血色感がしっかり出せるコーラル系の色味がおすすめです。
コーラル系なら色味が分かるくらい入れてもOK!
ただし、チークの色だけが浮いて不自然にならないように、自然にぼかすのを忘れないでくださいね。

黒髪に似合う韓国メイク方法

黒髪の女性引用:www.shutterstock.com

オルチャンメイクとして日本でも人気の韓国風メイクは、黒髪との相性が抜群!
黒髪の美人さと、オルチャンメイクの美人さがプラスされ、とっても魅力的な女性に変身することができるんです。

ぜひオルチャンメイクに近づけてみてください。

アイメイクでは、“柔らかさ”が感じられることがポイント!

シースルーバングヘア引用:beauty.hotpepper.jp

オルチャンメイクに近づけるためにアイメイクでは柔らかさを感じさせるメイク方法を取り入れましょう。
黒髪で重たくなってしまう分、目元には優しくて柔らかい印象を与える色をチョイスしてあげると素敵!

定番はかわいくなりすぎないヘルシーなオレンジ色です。
繊細なラメ入りのオレンジシャドウを薄く塗って、仕上げてみてください。

白くツヤのある肌づくりはマスト!

ウィッチズポーチ モイスチャーライズ カバー クッション引用:www.amazon.co.jp

黒髪に似合うオルチャンメイクでは、白くてツヤのある肌づくりをすることがマストですから、ブルーやパープルのコントロールカラーでトーンアップしましょう。
下地を塗ったら、ファンデーションが欠かせないかと思いますが、このときはツヤありタイプのクッションファンデをチョイスしてみて!

リキッドのような保湿力とカバー力、パウダーのような軽さを合わせ持ったファンデーションで、韓国女性のような白くツヤのある“水光肌”を手に入れることができます。
使うときは、ポンポンと優しく顔の内側から外側に向かって広げてみてくださいね。

リップは、ツヤのないマットタイプをチョイス!

リップグロス YOKINO 引用:www.amazon.co.jp

黒髪とオルチャンメイクを引き立てるポイントになるのが、リップです。
日本ではまだまだリップグロスが人気ですが、韓国メイクを目指すならあえてマットタイプのものを選んでみて!

アイメイクを薄くしているので、マットにしても重くならず、白い肌にパキッと映えておしゃれ度がぐんっと増しますよ。
さらにこのマットリップを使って、グラデーションを作ることが最近の流行り♡

唇をリップクリームなどで保湿したら、唇の周りをコンシーラーなどで色味を消し、マットリップを指に取って内側から外側に広げながらなじませれば完成です。

黒髪一重に似合うメイク方法

黒髪の女性引用:www.shutterstock.com

日本人に多いタイプが、黒髪であり一重であるということ。
すっきりした目元にコンプレックスを感じ、二重にするアイテムを使っている女性が多いかと思いますが、黒髪×一重はとても魅力的な大人の女性になることができます。

黒髪で一重だからこそ似合うメイク方法があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アイシャドウは肌なじみがよくナチュラルな色をチョイス!

ミネラルアイバーム引用:etvos.com

まず、一重さんはアイシャドウカラーの選び方がとても重要になります。
黒髪×一重の場合、重く見せるブラック、グレーはもちろん、腫れぼっく見えてしまうピンク系はNG。

肌なじみがよく、ナチュラルに仕上げることができるブラウン系や落ち着いたオレンジ系を選ぶことがおすすめです。
アイホール全体に薄くのばしたら、目のキワに細くアイシャドウをのせ、上に向かってぼかして自然なグラデーションを作ってみてください。

目の印象に合う自然な色味の眉毛

黒髪ショートボブ引用:beauty.hotpepper.jp

その人の印象を大きく左右する眉毛も、黒髪×一重メイクで重要なポイントになります。
黒髪で一重さんの場合は、眉毛もナチュラルな目元に合わせて描くことがおすすめです。

アイブロウの色は、ナチュラルブラウンがいいですよ。

ナチュラルブラウンのアイブロウパウダーで眉毛の形を作りながら、足りない部分はペンシルで描き足してください。
仕上げに同じナチュラルブラウン系のアイブロウマスカラで、眉頭を逆立てながら軽く塗っていきましょう。

クルンとカールした長いまつ毛で、クールな目元を強調!

女性の目元引用:beauty.hotpepper.jp

黒髪×一重の組み合わせは、クールビューティーな印象を引き立てることができる最高の組み合わせです。
この魅力を消さずにもっとアピールできるよう、アイメイクの仕上げにクルンとカールした長いまつ毛を作っていきましょう。

ビューラーでまつ毛の根本→中間→毛先の順番で挟みながら持ち上げることで、クルンとまつ毛をカールさせることができます。
マスカラを使うときは、目元を強調できるようにダークブラウンorブラックのロングタイプマスカラをチョイスすることがおすすめです。

マスカラ下地を使うことで、カールの持ちを良くしたり、仕上がりのボリューム感をアップさせたりすることができます。

黒髪に似合う色素薄い系メイクの方法

黒髪の女性引用:www.shutterstock.com

儚げで守りたくなるような雰囲気が魅力的な「色素薄い系メイク」は、明るい髪色でないと似合わないと思っていませんか?
確かに黒髪だと重く見えてしまい、色素薄い系メイクとバランスが取りにくいイメージがあるかもしれませんが、実は黒髪でも似合う「色素薄い系メイク」のやり方もあるんですよ!

黒髪に合うメイクのポイントを押さえて、ふんわりとした黒髪美人を目指してみましょう。

色素薄い系メイクには欠かせないカラコン選び。黒髪さんにはブラウン系がオススメ!

ツーウィークゼル ブラウン(1箱6枚入り)引用:cinlib.jp

色素薄い系メイクに近づくためには、欠かせないカラコン選びから注目してみてください。
基本は明るめのカラコンですが、グリーンやブルー系にしてしまうと変に浮いてしまうので、黒髪さんにはナチュラルなブラウンやヘーゼル系のカラコンがおすすめです。

自然なグラデーションになっているものだと、よりかわいらしい雰囲気に仕上がりますよ。

カラコンを使用する際は、使用方法や使用後のお手入れ方法をきちんとチェックしておいてくださいね。

アイブロウの色は、ナチュラルな色をチョイス!

YuJiny アイブロウ ペンシル引用:www.amazon.co.jp

黒髪で色素薄い系メイクにチャレンジする際は、カラコンの次にアイブロウが重要になってきます。
普通のメイクであれば、明るめのブラウンカラーで太めに、そしてふんわりと仕上げることが多いのですが、黒髪の場合はほんの少ししっかりめに色を足していくことがポイントです。

そうすることで髪色とのバランスが取りやすくなり、野暮ったさを防ぐことができるからです。
ですので、使用する色はダークブラウン系やナチュラル系を選ぶことがおすすめ!

ダークブラウンのアイブロウパウダーやアイブロウペンシルで平行眉を意識して形を描き、ふわっと仕上げてみてください。
太くなりすぎないように注意しましょう。

ラベンダー系のベースカラーで透明感のある肌を演出しよう!

ベビーピンク ラベンダーマジックベース 引用:www.amazon.co.jp

色素薄い系メイクでは、ベースメイクづくりで透明感あふれる肌になるように意識してみてください。
そこでおすすめなのが、ラベンダー系の下地です。

透明感を出すためにはブルー系でもいいのですが、人によっては青白く見えてしまう可能性があるので、ラベンダー系でくすみを取り除くくらいでOK。
べったり塗ると厚塗り感が出てしまうので、薄く顔の中心から外側に向けて伸ばしてくださいね。

このとき、フェイスラインと首元もぼかして浮かないようにしましょう。

黒髪に似合う垢抜けるためのメイク方法

ロングヘアの女性引用:www.shutterstock.com

黒髪でも垢抜けたメイクにしたい!という女性の皆さんは、こちらのメイク方法をチェック♡
黒髪だとどうしてもきちんと感や重さが勝ってしまいそうですが、ナチュラル感やツヤ感を意識すれば、意外と簡単に抜け感のある素敵な女性に変身することができます。

黒髪に似合う垢抜けるためのメイクポイントを見ていきましょう。

リップの色は、髪の長さで選ぶ

黒髪の女性引用:beauty.hotpepper.jp

垢抜けたメイクにするためには、リップを主役にして色選びや質感選びに注目してみてください。
黒髪には赤リップがとてもよく似合うので、迷ったときやツヤ感のある赤リップをチョイスしてみましょう!
ショートの黒髪であれば、鮮やかなピンクもおすすめですよ。

リップクリームでしっかりと唇を保湿し、コンシーラーを使って唇の輪郭やくすみを整えたら、リップライナーで唇の輪郭を描いたあとにリップブラシで丁寧に塗っていくといいですよ。
ツヤ感をプラスしたいときは、唇の中央にトントンとのせることで立体的に仕上がります。

アイライナーでしっかり目元を強調!

リキッド アイライナー引用:www.amazon.co.jp

黒髪の女性が、垢抜けたメイクにするときは、アイララインを太くしすぎないことが大切です。
ラインを太くしてしまうと、メイクをしている感が一気に強くなり、かえってケバい印象を与えてしまう可能性があるからなんですよ。

まつ毛の間を埋めるように軽く細いラインを引きながら、目尻に向かってすっと2mmほどラインを伸ばしてみてください。
ブラウンやダークブラウン系のアイライナーを使って、細く、でも“クッキリ”とラインを入れるといいでしょう。

眉マスカラで、眉毛を少し明るくする

エクセル アイブロウマスカラ引用:www.amazon.co.jp

黒髪でも垢抜けたメイクにするためのテクニックとして欠かせないのが、眉毛の色です。
髪よりも少し明るい眉マスカラを使うことで、垢抜け度をアップさせることができますよ。

眉マスカラを使う前のベースも、ナチュラルなブラウン系がおすすめです。
眉頭から眉尻にかけて濃くなるようにグラデーションを意識したあとで、明るめの眉マスカラを使ってみてくださいね。

まとめ

黒髪の女性引用:www.shutterstock.com

黒髪に似合うメイク方法をご紹介させていただきました。
ポイントを押さえるだけで、なりたい自分や今の自分に似合う黒髪メイクにシフトすることができます。
ぜひ気になった黒髪に似合うメイクを参考に、チャレンジしてみてくださいね。