たまご肌から遠ざかるNG習慣!夏だからこそ取り入れたい毛穴ケアとは?

BEAUTY

海やフェスなど、楽しみがいっぱいある夏ですが、夏になると毛穴が目立つと悩んでいる女性はいませんか?
黒ずみ毛穴やたるみ毛穴など、毛穴問題にはいろいろあるかと思いますが、夏は特に開き毛穴が目立ちがち……。
そこで今回は、夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア方法をご紹介いたします。

夏になると毛穴が目立つのはなぜ?

鏡を見る女性引用:www.shutterstock.com

そもそもなぜ夏になると毛穴が目立ってしまうのでしょうか。
他の季節では気にならなかった女性も、夏になると毛穴が気になって仕方ないという方が多くいるようです。

夏になると毛穴が目立つ理由として挙げられるのが、他の季節に比べて皮脂の分泌量が多いということ
毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺が存在し、毛穴は皮脂の出口ということになるのですが、高温多湿な夏は皮脂の分泌量が一番増える時期だといわれているんです。
テカリやベタつきを感じる女性がいるように、皮脂が常に出ていることで毛穴も開きっぱなしになり、目立つようになってしまいます。

そして夏は、強い紫外線から肌を守ろうとして角質が厚くなる傾向にあるのですが、これもまた毛穴を目立たせてしまう原因に。
溜まった角質と皮脂が混ざり合ってしまうことで毛穴に詰まり、白くポツポツとした角栓になってしまいます。
さらに酸化することによって、黒いブツブツとした黒ずみ毛穴へと変化してしまうので、注意したいところです。

夏は冷房による乾燥で肌のハリや弾力が低下し、たるみ毛穴を招く可能性もあるので、毛穴ケアを徹底していきたいですね。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア①クレンジングでメイクを丁寧に落とす

洗顔をする女性引用:www.shutterstock.com

開き毛穴ケアも黒ずみのような詰まり毛穴ケアもしていくためには、毎日のクレンジングから見直すことが大事!
一日の終わりに毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除き、清潔な状態を保つことが何よりも大切です。

女性は毎日メイクをすることが多いので、そのメイクをしっかり落とさないと毛穴に詰まったメイクがどんどん酸化して、夏はすぐに毛穴が目立ってしまいます。
とはいっても、肌への刺激も黒ずみの原因になるといわれているので、肌質やメイクの濃さによってクレンジング料を選ぶようにしてみてください。

アイメイクやリップメイクはポイントリムーバーで落とし、ベースメイクはオイルやジェルタイプ、敏感肌であればミルクタイプがおすすめです。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア②洗顔では極細ブラシを活用する

洗顔をした女性引用:www.shutterstock.com

メイクを丁寧に落としたら、次は洗顔でさらに清潔な土台を作っていきましょう。
W洗顔が不要なクレンジング料であれば、この洗顔のステップは省いて大丈夫ですが、そうでない場合は必ず洗顔をして毛穴ケアをしていってくださいね。

洗顔を行うときは、たっぷり泡立てた泡を転がすようにして洗っていく方が多いかと思いますが、夏の毛穴ケアでは洗顔用の極細ブラシを活用するのがおすすめです。
柔らかい極細ブラシが毛穴に入り込み、さっと汚れを書き出してくれるので、クルクルさせながら洗顔をしていくだけでざらつきのない肌にすることが期待できますよ。

毛穴が目立ちやすい小鼻やあご周りを中心に使ってみてください。
時間をかけて洗顔をするのは、かえって肌に負担をかけてしまうので、朝は30秒ほど、夜は1分以内に済ませるといいですよ。
洗顔後にタオルで拭くときは、ゴシゴシしないように気を付けてくださいね。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア③定期的なピーリングで角質を柔らかくする

クレンジングをする女性引用:www.shutterstock.com

夏は紫外線による影響で角質が厚くなりがちなので、定期的に角質を柔らかくして、古い角質を取り除いてあげることも毛穴ケアで欠かせません。

毛穴パックなどを使用する女性もいるかと思いますが、それだと肌に刺激を与えてしまうのでできるだけ控えたいところ。
肌に優しく、美容成分がたっぷり入ったピーリングなどを使って、週に1度のスペシャルケアをしてみてください。

ピーリングによる肌への刺激が心配な女性は、定期的にクレイ洗顔や炭酸洗顔を取り入れるのがおすすめです。
クレイも炭酸も毛穴に詰まった汚れをかき出しながら、古い角質も取り除いてくれるので、とってもすっきりしますよ。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア④保湿はしっかり行う

女性の横顔引用:www.shutterstock.com

クレンジングや洗顔で汚れや皮脂を洗い流したら、保湿をしっかりと行いましょう。
夏はスキンケアアイテムによるべたつきが気になって、ささっと済ませてしまう女性が多いようですが、毛穴ケアにとってはNG習慣!

乾燥してたるみ毛穴を招くだけでなく、乾燥した状態によって肌を潤そうと皮脂がたくさん分泌されてしまうので、開き毛穴や詰まり毛穴に繋がってしまいます。

角質が潤っているだけで肌のキメが整い、内側からふっくらさせることができるので、毛穴も自然と目立たなくなりますよ。
内側から潤いの持続を高めるヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合されている化粧水を選んでみてください。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア⑤引き締め効果のあるスキンケアアイテムを使う

クリームとお花引用:www.shutterstock.com

夏の毛穴ケアではしっかりと保湿をすることが欠かせないのですが、それと同じように必ず取り入れてほしいことがあります。
それは毛穴をきゅっと引き締めること!

開き毛穴が目立つ場合、その毛穴を引き締めることで目立たなくすることが期待できます。
皮脂の分泌量も抑えることが期待できますし、きゅっと引き締まってさっぱりした感覚を感じることができますよ。

最近では、高保湿でありながら引き締め効果のあるビタミンC誘導体などが配合された収れん化粧水が充実しているので、夏の期間だけ使ってみるのもアリです。

今の化粧水が気に入っているなら、冷蔵庫で冷やしてから使ってみてください。
火照った肌をクールダウンできますし、冷えていれば夏でも快適♪
あとはクリームや乳液で肌の潤いにしっかりと蓋をしてあげましょう。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア⑥毛穴から汚れを押し出したり、あぶら取り紙を使ったりしない

女性の横顔引用:www.shutterstock.com

夏の毛穴ケアでは基本のケアを徹底することが何よりも大切。
毛穴の黒ずみが気になるからといって、汚れを押し出すようなことはしないでくださいね。

無理やり汚れを押し出すことは、かえって毛穴を目立たせる原因になります。
落とす、潤す、引き締めるの3ステップをコツコツ継続していきましょう♪

また、夏は皮脂によるテカりが気になって、あぶら取り紙を使う女性も多いかと思いますが、必要以上の皮脂の取り除きは皮脂の過剰分泌に繋がるので要注意!
外出先で皮脂が気になったときは、そっとティッシュで押さえるようにしてみてください。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケア⑦何事もやりすぎないようにする

リップを塗る女性引用:www.shutterstock.com

夏でもたまご肌を目指すなら、何事もやりすぎないようにしましょう。
毛穴を目立たなくするためには日々の毛穴ケアが欠かせないのですが、毛穴が気になるからといってやり過ぎるのは逆効果なんです。

必要以上に肌を触りすぎないことも毛穴ケアに欠かせないこと!
1日に何度も洗顔をしたり、何分も洗顔をしたり、ゴシゴシと肌を強く擦るような洗顔をするのはNGです。
必要な油分まで奪われ、肌のバリア機能が低下してしまうので気を付けてくださいね。

また、メイクの油分は時間が経つほど皮脂と混ざり合って酸化し、毛穴を詰まらせてしまいますので、ベースメイクはなるべく薄く、そして早めに落とすようにしましょう。
薄く均一なベースメイクにすれば、夏のメイク崩れを防ぐことも期待できますし、クレンジング時による肌への負担も軽減できますよ。

夏だからこそ取り入れたい毛穴ケアをご紹介させていただきました。
夏は開き毛穴だけでなく、黒ずみ毛穴やたるみ毛穴も招きやすい季節ですから油断は大敵!
丁寧なスキンケアを心がけていきましょう。