重要なのは頰をほぐすこと。小顔体操ヨーイ始めっ!

BEAUTY

顔の大きさは骨格が関係しているのが事実ですが、脂肪や筋肉のついた頬のような部分であれば、自分で努力次第で小顔を目指すことができるんです。
小顔に見られることは、女性にとって永遠の憧れですよね。
そこで今回は、小顔を目指せるおすすめの小顔体操をご紹介いたします。

顔が太ったりむくんだりする原因は?

ロングヘアの女性引用:www.shutterstock.com

モデルさんや女優さんのような小顔に憧れる女性が多くいますが、そもそもなぜ顔が太ったりむくんだりしてしまうのかその原因はご存知ですか?
主な原因として考えられているのは、下記の3つが関係しています。

顔の筋肉が衰えている
顔にはいくつもの表情筋がありますが、この表情筋を使用しないことで筋肉が衰えてしまい、顔に脂肪がつきやすくなってしまいます。
全体的に太っている
太ももやお腹周りに脂肪がつけば、当然顔にも脂肪がつきます。特に頬は脂肪がつきやすいパーツであり、目立ちやすいのです。
血液やリンパの流れが悪い
冷えや筋肉の衰え、脂肪などによって血液やリンパの流れが悪くなると、不要な老廃物が溜まりやすく、むくみの原因に。

これらの原因を解決して小顔になるためには、血液やリンパの流れを良くしながら、表情筋を鍛えることがポイントです。
特に、太って見えやすい頬や頬周りの筋肉をほぐすことですっきりして見せることができるので、ぜひ簡単にできる小顔体操を始めてみてください。

頬をほぐす小顔体操のやり方①顔全体をほぐす

両頬を押さえる女性引用:www.shutterstock.com

小顔体操の効果を高めるために、顔全体をほぐすことから始めていきましょう。

<顔全体をほぐすマッサージ方法>

  1. 肩胛骨が動くのを意識しながら肩を後ろに10回ほど回したら、頭に手を添えて首を前後左右に伸ばします。
  2. こめかみを人差し指の腹で押し、かみ合わせを親指の腹で押しながら息を吐きましょう。
  3. エラと口角下は指の第2関節で3秒ほどもみほぐして、頬周りやフェイスラインの筋肉のコリをとります。

ここまでは準備。より小顔体操の効果をアップさせる為の準備運動です。
マッサージを行う場合は、フェイスオイルなどを使いながら滑りを良くしてくださいね。

頬をほぐす小顔体操のやり方②舌回し運動をする

唇を突き出す女性引用:www.shutterstock.com

小顔体操で有名な舌回し運動は、頬の筋肉はもちろん、その他のいろんな筋肉を刺激することができ、あごやフェイスラインもすっきりさせることができるので、小顔効果が絶大だといわれています。
この体操なら、二重あごもなかったことにできそう!

<舌回し運動のやり方>

  1. 口を閉じて、歯と唇の間に舌を置きます。
  2. そのまま歯をなぞるように舌を動かして、右回りに20回、左回りに20回行ってみてください。

舌を回すときは、顔の筋肉が刺激されていることを感じながら、2~3秒ほどかけてゆっくり行うと効果的です。
最初は朝晩の2回行ってみましょう。

頬をほぐす小顔体操のやり方③口角の上げ下げ運動をする

唇を触る女性引用:www.shutterstock.com

ダイレクトに頬の筋肉をほぐすことができる小顔体操としておすすめしたいのが、口角の上げ下げをすることです。
すっきりした頬周りになるだけでなく、老け顔の原因になるほうれい線を改善することも期待できますよ。

<口角の上げ下げ運動のやり方>

  1. 鏡の前に座り、人差し指を唇の中央に持っていきます。
  2. その中心を起点として、左右交互に口角を引き上げていきましょう。
  3. 2秒間隔くらいで、20回ほど繰り返してみてください。

慣れてきたら指を離して唇のみを動かすのも◎
難しい動きではないので、テレビを見ながら実践することもできます。

頬をほぐす小顔体操のやり方④上を向きながら発声練習

上を見る女性引用:www.shutterstock.com

上を向きながら発声練習をしたり、頬を動かしたりする小顔体操もぜひ取り入れてみてください。

<上を向きながら行う小顔体操>

  1. 顔が地面と並行になるくらい上を向いたら、「ウー」と言いながら思いっきり唇をすぼめます。
  2. 限界のところまで行ったら、今度は「イー」と言いながら口角を上げて6秒ほどキープしてみてください。
  3. この繰り返しを、3分ほど行うといいですよ。

上を向きながら行うことで、ただ頬の筋肉をほぐすだけでなく、首周りも引き締めることができます。

頬をほぐす小顔体操のやり方⑤あいうえお体操をやる

声を出す女性引用:www.shutterstock.com

あいうえお体操も小顔体操の一つとして有名な方法。
頬、口、あごといった小顔を目指すために欠かせない顔の下半分を鍛えることができます。

<あいうえお体操のやり方>

  1. 鏡を見ながら口角を上げて笑顔を作りましょう。
  2. その状態をキープしたまま、「あ・え・い・う・え・お」としっかり口を動かしながらはっきりと発音してください。
  3. 10回ほど言うだけでもいいですが、慣れてきたら「か・け・き・く・け・こ」「さ・せ・し・す・せ・そ」というように続けるといいですよ。

口を動かすだけの簡単な小顔体操なので、家事をしているときや入浴中にも取り入れることができますね。

頬をほぐす小顔体操のやり方⑥舌を思いっきり上げ下げする

舌を出す女性引用:www.shutterstock.com

舌を使った効果的な小顔体操がもう一つ。
それが今からご紹介する舌の上げ下げ運動です。
フェイスラインをすっきりさせたいときにおすすめのやり方ですが、顔全体の血流を良くすることが期待できるので、頬をほぐして小さく細く見せることも期待できるんですよ。

<舌の上げ下げ運動のやり方>

  1. 下唇を上に突き出し、そのまま舌も思いっきり上に突き出します。
  2. 限界のところまで上げたら、今度は「べー」っという形になるように舌を思いっきり下に伸ばします。
  3. 何回か繰り返した後で、舌で円を描くように10回ほど回しましょう。

正面を向いた状態でもいいですし、顔を上に向けた状態で行うのもおすすめ。
どちらもやってみて、自分的に効果が感じた方で継続してみてください。

頬をほぐす小顔体操のやり方⑦ムンクの叫びポーズをする

驚く女性引用:www.shutterstock.com

有名な油彩絵画作品であるムンクの「叫び」を活用した小顔体操で小顔を目指すのもおすすめ!
頬の筋肉が伸び、気持ちよくほぐすことができます。

<ムンクの叫びポーズのやり方>

  1. 鏡を見ながら正面を見たら、ムンクの叫びのように思いっきり口を縦に開きます。
  2. 限界まで伸ばした状態で10~20秒ほどキープしてみましょう。

少しずつキープ時間を長くするのもおすすめですし、1日に何回か取り入れることがおすすめ。
このとき、目もしっかり開けながら行えば、ぱっちりした目元も目指すことができますよ。
ポーズだけではやりにくい場合、「オー」や「ホー」と叫びながら行うとやりやすくなります。

頬をほぐす小顔体操のやり方⑧ぷくぷく体操をする

頬を膨らませた女性引用:www.shutterstock.com

うがいのような動きで行うぷくぷく体操も、頬のコリをほぐしてすっきり見せるために効果的な小顔体操ですよ。
口回りの筋肉も鍛えることができ、むくみを改善したり口角アップに繋げることも期待できます。

<ぷくぷく体操のやり方>

  1. 鼻から息を吸ったら、思いっきり口の中に空気を含ませます。
  2. そのままうがいをするイメージで、リズミカルに空気を左右に動かしましょう。
  3. 10回ほど繰り返してみてください。

あまり表情筋を使っていないと、10回だけでも疲れてくるはず!
慣れてきたら回数を増やしてみてくださいね。

気軽に試せる小顔体操ばかり。
湯船に浸かりながら行ったり、お風呂上りの身体が温まっているときに行ったりすることが効果的です。
むくみが気になる朝も少し行うことですっきりした気持ちになることができるので、ぜひ気になった小顔体操を取り入れてみてくださいね。