あなたはどのタイプ?毛穴タイプ別にケア&対策をチェック♪

BEAUTY

多くの女性が肌悩みで挙げるものといえば「毛穴問題」です。
赤ちゃんのようなつるんとした肌は、いつだって女性にとって憧れですよね。
そこで今回は、毛穴タイプ別に最適なケア方法や対策をご紹介します。
正しいケアを取り入れて、つるんとした肌を目指してみませんか?

毛穴ケアは毛穴タイプによって対策が異なる!

女性の頬引用:www.shutterstock.com

ふと鏡を見たときに気になる毛穴……。
毎日のケアで改善したいものの、良くなっていく実感がないと感じたことはありませんか?

それはもしかすると、毎日の毛穴ケアが間違っているのかも!
多くの女性が悩まされている毛穴問題ですが、毛穴といってもさまざまなタイプがあり、その毛穴タイプによってケアも対策方法も変わってくるんです。

自分の毛穴タイプに合ったケアでないと、日々の努力が無駄になってしまうこともありますから、今すぐ見直したいところ。
そこで今回は、皮脂毛穴、黒ずみ毛穴、赤み毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴の5つに分けて、それぞれの特徴、毛穴ケアと対策方法をご紹介いたします。

今すぐ目立つ毛穴を何とかしたいと思っている女性の皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

毛穴ケアと対策方法▶【皮脂毛穴タイプ】

笑顔の女性引用:www.shutterstock.com

まずは、皮脂毛穴タイプのケア方法や対策を見ていきましょう。
このタイプは名前の通り、皮脂の多さによって毛穴が目立ってしまうタイプです。

一年中潤い不足を感じるどころか、オイリー肌といわれ、皮脂で顔がテカってしまい、夏でなくてもメイク崩れが気になることが特徴。
オイリー肌ではなく、遺伝的に男性ホルモンが多い場合や、皮脂量が増える思春期のときにもこのタイプに当てはまります。

<皮脂毛穴タイプのケア・対策方法>
皮脂が毛穴に詰まってしまわないように、過剰な皮脂を取り除き、毎日清潔な状態を保つことがポイントになります。
それと同時に、水分と油分のバランスをコントロールして、オイリー肌を改善していくことが大切♪

家に帰宅したら、まずはメイクを丁寧に落とし、泡立てた洗顔料で皮脂が多いTゾーンから洗っていきましょう。
オイリー肌が気になるからといって、一日に何度も洗顔をしたり、時間をかけたりするのは禁物!
朝は30秒、夜は1分くらいの洗顔で大丈夫です。

洗顔をする女性引用:www.shutterstock.com

また、肌への負担が少ないノンアルコール化粧水を朝晩使うようにすることもおすすめ。
定期的にコットンパックでスペシャルケアをしてあげれば、肌のバリア機能を守りつつ、過剰な皮脂分泌をコントロールすることが期待できます。

オイリー肌だと保湿ケアをサボりがちですが、乾燥によって皮脂の過剰分泌に繋がることもあるので油断大敵です!
日中のテカりが気になったときは、油取り紙を使うのではなく、水で濡らしたコットンを絞ってから優しく肌に当ててみてください。

ちなみに、揚げ物や脂っこいものをはじめ、チョコレート、アーモンド、アボカドといった脂肪分の高い食品を多く摂りすぎると、皮脂の分泌が活発になりやすいので食べ物にも気を付けましょう。

毛穴ケアと対策方法▶【黒ずみ毛穴タイプ】

微笑む女性引用:www.shutterstock.com

毛穴悩みでよく挙げられるタイプとして有名なのが、黒ずみ毛穴です。
毛穴に皮脂やメイク汚れが詰まり、さらに汚れが重なって付着したり、詰まった皮脂が酸化したりすることで、ポツポツした黒ずみが目立ってしまうようになります。

主に、Tゾーンや小鼻を中心に黒い点々が目立ってしまうことが特徴。
汚れだけでなく、脂っこいものやジャンクフードばかり食べていたり、睡眠不足など不規則な生活をしているのも黒ずみ毛穴の原因になります。

<黒ずみ毛穴タイプのケア・対策方法>
黒ずみが気になる場合、溜まった汚れや皮脂を浮かせて洗い流す必要があります。
このとき、無理に手で絞るようなケア方法は絶対にNG!
肌に優しく、黒ずみをキレイに取り除くことが期待できる酵素洗顔やクレイパックを使うようにしてみてください。

最初にレンジや熱めのお湯で温めたホットタオルを使って、肌全体を柔らかくしてあげるとキレイに取り除きやすくなりますよ。

化粧水ボトルを持つ女性引用:www.shutterstock.com

さらに美白化粧水を投入すれば、肌に明るさが生まれ、黒ずみを目立たなくすることが期待できます。
ただし、毛穴に詰まった汚れを取り除くことができても、そのあとの毛穴は開いた状態になってしまうので、引き締め効果のある化粧水を使うか、冷蔵庫で冷やした化粧水を使うなどして、毛穴をきゅっと引き締めていく対策を取り入れることもポイントになりますよ。

また、皮脂の詰まりに気を付けようと過度な洗顔を行わないように注意してください。
肌の潤いが不足することによって、皮脂の分泌が過剰になり、より毛穴に溜まりやすくなるので気を付けましょう。

毛穴ケアと対策方法▶【赤み毛穴タイプ】

お花と女性引用:www.shutterstock.com

赤み毛穴とは、小鼻まわりに発生しやすく、ニキビに似たような赤みが出るタイプのことです。
皮脂による炎症が原因であると考えられていて、そのままケアや対策をせずに放っておくとニキビ菌が炎症を起こし、赤ニキビに発展する可能性があるといわれています。

<赤み毛穴タイプのケア・対策方法>
この赤み毛穴タイプの場合、肌内部で炎症が起きているということになるので、ベタベタ肌を触るのは禁物です。
気になるからといってむやみに触っていると、手についているばい菌が入り込み、さらに悪化したり治りが遅くなったりしてしまいます。

ですので、むやみに触れることはやめて、ビタミンCなどの抗炎症作用のある成分が配合されたスキンケアアイテムでケアをしていくようにしてみてください。

コスメと袋引用:www.shutterstock.com

とはいっても、日中の汚れを落とさないのも良くないので、洗顔をするときは低刺激の洗顔料をしっかり泡立てて、泡をクッションにして洗うようにするといいですよ。
スキンケアをするときも、肌への刺激を抑えるために、化粧水とクリームだけにするなどにしてシンプルなケアを続けるのもおすすめです。

メイクをするときは、なるべくナチュラルに!
化粧下地とフェイスパウダーのみで仕上げたり、肌に優しいミネラルファンデーションを使うようにしたりして、肌への負担をできるだけ減らしましょう。

毛穴ケアと対策方法▶【開き毛穴タイプ】

微笑む女性引用:www.shutterstock.com

開き毛穴という毛穴タイプも有名ですよね。
この開き毛穴は、別名「乾燥開き」といわれているもので、元から乾燥肌の女性はもちろん、肌への刺激、保湿ケア不足、職場の環境などによってキメが乱れることで毛穴が目立って見えてしまうことが特徴です。

また、皮脂の過剰分泌によって、余分な皮脂が毛穴を押し開いている状態であることも考えられています。

<開き毛穴タイプのケア・対策方法>
このタイプは、基本的なケア方法から見直してみてください。
丁寧なクレンジング、洗顔をした後は、潤い成分が含まれた化粧水で水分を与え、乳液やクリームでしっかり蓋をしてあげることが大切です。

開いた毛穴をきゅっとさせるためには、洗顔で毛穴汚れを落とした後に、手のひらで冷水パッティングをしてあげるのも効果的!
保湿力に優れ、引き締め効果もある収れん化粧水を使うのもいいでしょう。

スキンケアアイテムとお花引用:www.shutterstock.com

また、フェイスオイルを使ったリンパマッサージで、顔や顔周りの流れを良くしてあげるのもおすすめですよ。
首からデコルテにかけてリンパマッサージを優しく施せば、スキンケアアイテムや肌にいい栄養素をしっかり届けてくれるようになります。

普段のメイクでは、毛穴ケア効果のあるメイク下地を取り入れつつ、毛穴の凹凸をカバーする対策を取り入れることがおすすめです。

毛穴ケアと対策方法▶【たるみ毛穴タイプ】

頬に手を当てる女性引用:www.shutterstock.com

30代頃から気になり始める毛穴問題として注目されているのが、たるみ毛穴です。
頬にできやすく、毛穴が縦にしずく型に伸びていることが特徴で、頬を持ち上げると毛穴が目立たなくなるようなら、たるみ毛穴タイプといえるでしょう。

主に加齢が原因で、肌にハリや弾力がなくなっていることが考えられます。
また、糖質の多いものを食べすぎたことによって、糖化によってハリを保つコラーゲンやエラスチンの機能が低下することによって起こる可能性も。

<たるみ毛穴タイプのケア・対策方法>
たるみ毛穴に効果的なケアや対策は、リフトアップ効果のある美容液やハリをサポートするエイジングケア美容液を取り入れることです。
このとき、ただ浸透させるのではなく、肌を持ち上げるようにマッサージをしたり、リフトアップ効果のあるツボを押したりしてハリ感を取り戻す必要があります。

アボカドのサラダ引用:www.shutterstock.com

また、「あいうえお体操」などの表情筋を鍛えることができるトレーニング方法を取り入れて、顔のたるみを防いでいくこともおすすめです。
表情筋を鍛えることで、きゅっと引き上げることが期待できるので、たるみ毛穴ケアには効果的!

そして、規則正しく、バランスのとれた食生活を大事にしましょう。
過度なダイエットなどで肌の元気がなくなってしまうこともありますから、普段の食事からしっかり栄養を摂ってくださいね。

毛穴タイプ別に毛穴ケアと対策方法をご紹介させていただきました。
メイクでカバーするのも一つの手ですが、せっかくならすっぴんに自信が持てるように日々の毛穴ケアを徹底していきたいですよね。
目立つ毛穴にさよならして、至近距離でも自信が持てるつるんと美肌を作っていきましょう♪