ダイエット中の方必見!太りにくいパンの食べ方とは?

FASHION

ダイエットのために食事制限をしている方は少なくないと思いますが、とはいえ好きなものをずっと我慢するのは辛いし続かなくなってしまいますよね。
今回はパンが好きな方向けに「太りにくいパンの食べ方」をご紹介します!
「ダイエット中でも時々はパンが食べたい!」という方は参考にしてください♪

ダイエット中に◎太りにくいパンの食べ方①食べ過ぎない

パン引用:www.shutterstock.com

パンに限ったことではありませんが、まず「食べすぎないこと」が、食べ方としてはとにかく重要です!

いくら栄養が豊富な食べ物やカロリーが低い食べ物であったとしても、食べ過ぎてしまうのはNG。
ドカ食いはダイエットの大敵なので、しないように気を付けましょう。

またパンを食べるときにジャムやバターをつける方も多いと思いますが、つけすぎないように注意してください。
ジャムやバターはそれなりにカロリーが高いもの。
ダイエット中は控えめにしておきましょう!

ダイエット中に◎太りにくいパンの食べ方②低糖質のものをチョイス

パン引用:www.shutterstock.com

ダイエット中に「どうしてもパンが食べたい!でも糖質やカロリーが気になる!」となったときには、低糖質のものを選んでみてください。

最近では、低糖質のパンもコンビニやスーパーなどでも扱われているので、比較的買いやすいです。

低糖質のものなら、普通のパンよりも糖質が低くカロリーも抑えられているので、ダイエット中でも罪悪感なく食べられますよ!

ダイエット中に◎太りにくいパンの食べ方③おかずを先に食べる

ランチ引用:www.shutterstock.com

「ランチはパンだけ」のような食事は基本的にNG。
ダイエットのためにも、美容や健康のためにも、栄養はしっかり摂るようにしましょう。

パンを食べるときには、パンのみではなく、ぜひおかずも一緒に。
必要な栄養を摂取することができるだけでなく「おかず→パン」という食べ方にすれば、パンのドカ食いも防げます。

ダイエット中に◎太りにくいパンの食べ方④トレーニング前に食べる

トレーニング引用:www.shutterstock.com

パンやおにぎりなどの炭水化物は、トレーニング前に食べるのもおすすめです。
適度にカロリーを摂っておくことによって、トレーニング中のエネルギー切れを防ぐことができます。

とはいえ食べてすぐに運動をするのは身体に良くないので、トレーニング1時間前くらいに食べておくのが◎

ダイエットやボディメイクのためにジムに通っているという方なら「ジムに行く前にパンを一つ食べる」というような食べ方も良いでしょう。

 

ダイエット中のパンの食べ方のコツをご紹介しました。
どれも簡単にできることなので、ぜひ試してみてくださいね!