【ロング編】くせ毛に悩む女性のために。おすすめのヘアアレンジ5選

BEAUTY

くせ毛がひどくて朝のセットがなかなか決まらない、とお困りではありませんか?
特に長さがあるロングヘアだと、まとめるのが大変に感じてしまいますよね。
そこで今回は、ロングヘアでくせ毛に悩む女性のために、おすすめのヘアアレンジをご紹介します。

くせ毛とは?

くせ毛のロングヘア出典:beauty.hotpepper.jp

くせ毛とは、広がりやうねりのある髪質のこと。
4つのタイプに分けることができ、主な原因は遺伝による先天的原因、もしくは生活習慣やホルモンバランスの乱れなどによる後天的原因だといわれています。

<くせ毛の主な種類>

  • 波状毛……日本人に多く、湿度によって髪の毛が膨らむ
  • 縮毛……細かく縮れた状態である
  • 連球毛……ストレートのように見えるが、髪の内部が太くなったり細くなったり数珠状になっている
  • 捻転毛……縄のように捻れた状態である

ロングヘアのように、髪に長さやボリュームがあるとさらに扱いにくく感じてしまいますよね。
そのため、朝のヘアセットが上手にできないと悩むロングヘアさんも多いようですが、くせ毛を活かしたヘアアレンジであれば上手にカバーすることができるかもしれません♪

ロングヘアのくせ毛さんにおすすめのヘアアレンジ①ウェットヘアとスカーフで広がりをカバー

ロングヘア出典:beauty.hotpepper.jp

くせ毛の動きを活かしたヘアアレンジを楽しむなら、ウェットヘアにしてみましょう。
濡れたときほどウェーブ感が出るくせ毛であれば、ウェット感の出るスタイリング剤をなじませるだけでウェーブをかけたようなおしゃれヘアにすることができます。

ロングヘアで広がらないか心配……という女性は、おしゃれなスカーフをプラスしてボリュームを抑えるといいですよ。

ロングヘアのくせ毛さんにおすすめのヘアアレンジ②編み込みポニーテール

ポニーテールヘア出典:beauty.hotpepper.jp

簡単なヘアアレンジの定番であるポニーテールも、ロングヘアのくせ毛さんにおすすめです。
サイドの髪を残して低めの位置でポニーテールを作ったら、毛束をゴムの上から通してくるりんぱを作っておきましょう。

あとは、サイドの髪をねじったり、三つ編みを作ったりしてくるりんぱの下でピン留めすれば完成です。

ロングヘアのくせ毛さんにおすすめのヘアアレンジ③カジュアルで可愛いハーフアップ

お団子ハーフアップ出典:beauty.hotpepper.jp

ハーフアップなら、ロングヘアのくせ毛さんが悩みがちな広がり感を抑えながら、大人可愛いヘアアレンジを楽しむことができます。
シンプルに上下で分けてハーフアップにするだけでもいいですが、お団子ヘアと組み合わせるのが人気!

好みの位置で髪を上下に分けたら、上の髪で輪っかを作り、毛先をゴムに巻き付けてピンで固定するだけ。
お団子部分を少しほぐし、ヘアクリップなどを添えれば簡単なのにおしゃれなヘアスタイルになります。

ロングヘアのくせ毛さんにおすすめのヘアアレンジ④ラプンツェル風のダウンヘア

プリンセス風のダウンヘア出典:beauty.hotpepper.jp

くせ毛のうねりを活かしながら、華やかなヘアアレンジにトライ!
ロングヘアの長さも活かせば、ディズニープリンセスのラプンツェル風ヘアを楽しむことができますよ。

ハチから髪を分けてハーフアップのようにしたら、トップを2回だけ三つ編みにしてピンで留めておき、サイドの髪もねじってピンで固定しておきます。
あとは残った髪を3つに分け、それぞれの毛束で毛先を三つ編みにしていき、最後に3本の三つ編みを合わせるようにまとめれば凝ったように見えるダウンヘアの完成です。

ロングヘアのくせ毛さんにおすすめのヘアアレンジ⑤外国人風のフィッシュボーン

フィッシュボーンヘア出典:beauty.hotpepper.jp

ロングヘアなら、外国人風スタイルが楽しめるフィッシュボーンというヘアアレンジにチャレンジするのもおすすめです。
三つ編の要領でフィッシュボーンを作る部分の毛束を取ってその束を2つに分けたら、左右それぞれの毛束の一番端の毛を1/4程取り、クロスさせて隣の毛束と合わせます。
左の端の毛束は右側の毛束の内側に、右の端の毛束は左側の毛束の内側になるように毛先まで繰り返すと、キレイなフィッシュボーンが作れますよ。

1本だけでもいいですし、ツインテールにしても可愛いです。
フィッシュボーンをベースにお団子を作るのも◎
くせ毛でもいろいろなアレンジが楽しめるので、挑戦してみてくださいね。

 

ロングヘアのくせ毛さんにおすすめのヘアアレンジをご紹介させていただきました。
ロングヘア×くせ毛という組み合わせはまとめるのに大変さを感じてしまうかもしれませんが、長さがある分さまざまなアレンジができるのでおしゃれの幅を広げることだってできます。
ぜひ気になったヘアアレンジにチャレンジしてみてください。