絶対禁句!男性に「お金目当て」と思われる女性の発言5つ

LOVE

幸せになりたい!とは誰もが思っていることですが、その幸せは人によってさまざまですよね。
中でも「年収○○以上じゃないと嫌だ」と金銭面で結婚条件を設定している女性が多くいます。
この場合、男性からお金目当てで近づいてきた女性だと思われないようにすることが大事♪
そんなときに気を付けたい発言についてご紹介します。

男性に「お金目当て」と思われる発言には気を付けて!

お金を持つ女性引用:www.shutterstock.com

結婚したあとは安定した生活をしたい、もしくは少し贅沢な暮らしがしたいと思う女性が多くいます。
そのため、結婚相手として考えている男性の金銭面について気になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、男性にお金目当てで近寄ってきたと思われてしまえば、そこで終わって先に進めなくなってしまいます。
好きな人に嫌われたくないと思うのであれば、発言に注意する必要がありそうです。

そこで今回は、お金目当てだと思われてしまう女性の発言についてご紹介します。
自分は何気なく言っていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

お金目当てだと思われてしまう女性の発言①いきなり年収を聞いてくる

会話をする男女引用:www.shutterstock.com

お金目当てだとすぐに分かってしまう女性の発言が、初対面でも年収を聞いてしまうことです。

いきなり「年収っていくらくらいなの?」と聞かれれば、男性側は「えっ」となってしまうはず。
その場が盛り上がっていても、一気にシラケてしまうデリカシーのない発言なので禁句ですよ!

お金目当てだと思われてしまう女性の発言②学歴や仕事に関する質問がしつこい

会話をする男女引用:www.shutterstock.com

年収を単刀直入に聞くのではなく、学歴や仕事に関する質問がしつこいのもお金目当てだと思われてしまうので気を付けましょう。

特に、どんな仕事をしているかで大まかな年収が分かってきてしまうので、遠回りに聞いてチェックしようとしていることが分かってしまいます。
男女の会話の流れで軽くどんな仕事をしているのか聞くくらいであれば問題ありませんが、深く聞き出そうとしたり、会うたびに聞き出そうとしたり……あまりにもしつこいと、「お金目当てなのでは?」という疑問が確信に変わってしまうかもしれないので気を付けたいですね。

仕事などに関する質問だけでなく、財布や腕時計、車などの持ち物について探りを入れようとするのも禁物です。

お金目当てだと思われてしまう女性の発言③ブランドものをおねだりする

ショッピングをする男女引用:www.shutterstock.com

プレゼントなどでブランドバッグなど、高価なものをおねだりする発言もお金目当てだと思われてしまう女性の発言です。

付き合っているもの同士や好意を寄せてくれている男性であれば、頑張ってあげたいと思うものですが、相手の負担を考えずに容赦なく高価なものをおねだりするのはよくありません。

その高価なもののおねだりが続けば、男性側は彼女のATM的な存在だと思い、傷つけてしまう可能性が!
プレゼントをくれることに感謝し、謙虚な気持ちを忘れないことが大切です。

お金目当てだと思われてしまう女性の発言④専業主婦になりたい発言をする

料理をする女性引用:www.shutterstock.com

「結婚したら専業主婦になりたい」という発言も、男性によってはお金目当てだと思ってしまうので気を付けましょう。
専業主婦になる=自分は働かずに安定した暮らしや収入を求めている、ということになります。

専業主婦になって夫を支えたい女性、支えてもらいたい男性もいますが、今の時代しっかりとした収入、年収がないと難しそうですよね。
玉の輿やセレブ生活を狙っている女性は、特に注意したい発言です。

お金目当てだと思われてしまう女性の発言⑤男性が奢るのは当然だと思っている

乾杯をする男女引用:www.shutterstock.com

「食事は男性が奢ってくれて当然」というような発言をしてしまうのもNG。
このように思ってしまうと、男性と食事をしたときにお財布を出さなかったり、感謝の気持ちが薄かったりします。

奢られるのは当たり前だという発言をしていなくても、お会計時にお金を出そうとしなかったり、すんなり「ごちそうさまでした」と言ってしまったりすると、男性側は「これからも自分が払わなければならないのか」と思ってしまいますし、お金目当てだと思われるかもしれないので、年収を聞いていなくても気を付けましょう。

お金目当てだと思われてしまう女性の発言についてご紹介させていただきました。
結婚する上でお互いの年収などを知ることは大切なことですが、急いでしまうとかえって関係が悪くなってしまうかもしれません。
婚活中で気になっている男性がいるなら、ぜひ気を付けてみてくださいね。