「入籍したら何をすればいいの?」夫婦になったら必要な事務手続き一覧

WEDDING

婚姻届を提出し、2人が同じ戸籍に入籍すると晴れて夫婦として認められます。
夫婦になったことを実感できる、幸福な瞬間ですよね♡
夫婦になると氏名が変わる人がほとんどです。新居に移って住所が変わる人も多いでしょう。
結婚後、すぐに必要な事務手続きについてまとめました!

入籍後に必要な事務手続き①運転免許証の住所氏名変更

運転免許を手にしている女性引用:www.shutterstock.com

車を運転している人にとって、免許証の氏名・住所変更は入籍して名前や住所が変わったら、すぐにでもしておきたい事務手続き。
免許更新センターや、自宅がある場所の所轄の警察署で手続きすることができます。

変更に必要な持ち物は、運転免許証と住民票です。

変更手続きを忘れてしまうと、免許証更新のお知らせが届かず免許を更新できなかったという事態になりかねないので、忘れないうちにやってしまいましょう!

入籍後に必要な事務手続き②健康保険証の氏名変更

体調不良の女性引用:www.shutterstock.com

健康保険証の変更手続きは、入籍後できるだけ早くやっておきたい事務手続き。
健康保険証は身分証として必要になるケースもありますし、いつ病気で必要になるかわからないのですぐに手続きしてしまいましょう!

会社員の場合は勤務先で、会社員以外は市役所で手続きします。

入籍後に必要な事務手続き③マイナンバーカードの氏名・住所変更

カードとスマホを手にする女性引用:www.shutterstock.com

マイナンバーカードを持っている人は、入籍後に市役所で氏名・住所変更の事務手続きをしましょう。

マイナンバーカードを持って、市役所の担当窓口へ行くだけなので簡単に変更できますよ。

カードを持っていない人は、通知カードと身分証明書を持参すれば交付手続きができるでしょう♪

入籍後に必要な事務手続き④印鑑登録

印鑑を押す女性引用:www.shutterstock.com

不動産や車の購入には実印が必要!
その他にも、銀行から融資を受ける時や、公正証書を作成する時にも必要になるでしょう。
これらの事務手続きに備え、実印の準備と印鑑登録をしておくことが必要です。

すぐに出番がなくても、入籍後しばらくたってから実印と印鑑証明書が必要になるケースもあるので、できるだけ早く市役所に行って印鑑登録の事務手続きをしておきましょう。

入籍後に必要な事務手続き⑤銀行・クレジットカード・保険の住所氏名変更

書類手続きをする女性引用:www.shutterstock.com

入籍して氏名や住所が変わると、銀行・クレジットカード会社・保険会社などへの届け出が必要です。
忘れてしまうと、必要な書類が届かなくなってしまいます。
必ず事務手続きを済ませておきましょう。

銀行での氏名変更と届出印の変更手続きに必要なものは、これまで使用していた届出印・新しい届出印・住民票の3つ!

クレジットカード会社や保険会社は、会社によって変更方法が異なります。
インターネットで変更に必要な書類を取り寄せて手続きができる場合もあるので、チェックしてみてくださいね。

入籍後に必要な事務手続きはけっこうあるので、驚いた人もいるのではないでしょうか。
後でやろうと考えていると、ついうっかり忘れてしまうので注意しましょう!
何度も同じ場所へ足を運ぶのは大変なので、市役所でやれる手続きはあらかじめピックアップしておいてまとめてやると良いですね♪