結婚できる人とできない人の違いって?気付かないポイントに要注意!

LOVE

結婚ピークを迎えるアラサー世代ですが、「どうして私は結婚できないの?」と悩んでいる人も、実は多いのではないでしょうか。
今回は、結婚できる人と結婚できない人の特徴をピックアップします。

結婚できる・できない人の違い①自信を客観視できているか

ペンを持つ女性引用:www.shutterstock.com

「もうアラサーなのに結婚できないなんて……。」と焦る一方で、「年齢で判断する男性なんて、こっちから願い下げ!」と思っていませんか?

どうしたら、結婚できるようになるのでしょうか。
まずは、自分の年齢と向き合い、現実と向き合うことから始めてみましょう。

諦めるのではなく、認め、そして客観視することが大切です。

これができて、初めてあなた自身を大切に思ってくれる男性と出会えるのではないでしょうか。

結婚できる・できない人の違い②“譲る”ことができるか

笑顔の女性引用:www.shutterstock.com

結婚できない人の大きな特徴として挙げられるのが、こだわりが多いということ。
決して大きなこだわりでなくても、小さなこだわりを捨てられず、“譲る”ことができない人は、結婚できない傾向にあります。

例えば、男性に対してもそうです。

「年収はいいんだけど、顔がね……。」や、「優しんだけど、年収が低くて……。」などという恋愛の悩みを口にした経験はありませんか?
結婚できる人は、意外とこだわりがなく、新しく出会った男性と早い段階で打ち解ける傾向にあるのです。

結婚できる・できない人の違い③笑顔で人の目を見て話す

笑顔のカップル引用:www.shutterstock.com

アラサー女子の中には、すでに婚活を始めている人も多いかもしれません。

「相手とうまく会話ができているかな?」と不安に感じていませんか。

うまく会話ができているかどうか、どのような内容を話しているかよりも、実は相手と笑顔で話し、目を見ていることの方が大切なのです。
結婚できる人とできない人の違いには、こうしたポイントも関係しているのですね。

結婚できる・できない人の違い④人の悪いところばかり見ていないか

悩む女性引用:www.shutterstock.com

デートのたびに、相手の男性を減点してしまう……。
これは、結婚できない人の大きな特徴の一つです。意外と、このタイプが多いようです。

結婚できる人は、相手を減点するのではなく、良い方向に考えを転換することができています。

「時間にルーズ」は、「ゆったりした時間を過ごせそう」に。
「ごはん代が割り勘でケチ」は、「生活力がある」に。
相手の悪いところばかりを見てしまう癖は、意識的に直していきましょう!