今さら聞けない?秋冬コーデ必須アイテムの「○○ネック」の違いとは

FASHION

秋冬は、温かくておしゃれに見える、首周りにデザインポイントがあるアイテムが大人気!
ところで、「タートルネック」と「ハイネック」の区別はつきますか?
今さら聞けない、「○○ネック」という名称について、掘り下げて説明します。

秋冬コーデに必須の「○○ネック」①タートルネック

ニットを着た女性引用:wear.jp

まず最初にご紹介するのは、トレンドに左右されず秋冬の定番として知られる、タートルネックです。

タートルネックは、首に沿って筒状に伸びた形状の襟のことを差しています。

ネーミングの語源は、亀が甲羅から首を出している姿から♪
長さがあるので、首元でクシュッとさせたり二重に折り返したりと、アレンジできるのが魅力です。

秋冬コーデに必須の「○○ネック」②ハイネック

ニットを着た女性引用:wear.jp

ハイネックも、先ほど紹介したタートルネック同様、首に沿って長く伸びた襟のことを差しています。

では、タートルネックとの違いはどこにあるのでしょうか?

それは、衿の長さです。
ハイネックは、折り返すほどの長さはないものを差しており、これが最大の違いといえるでしょう。

秋冬コーデに必須の「○○ネック」③モックネック

ニットを着た女性引用:wear.jp

ここ数年で人気が上昇しているモックネックは、どのような形状の襟を差しているかご存知ですか?

ハイネックと少し似ているので分かりにくいですよね。
モックネックのモックには、「偽の」という意味があります。

つまり、一見タートルネックのように見えるネックラインのことを差しているのです。
モックネックは、タートルネックのように折り返すほどの長さがないので、ハイネックとモックネックはほぼ同じ形状を差しているといえるでしょう。

秋冬コーデに必須の「○○ネック」④ボトルネック

ニットを着た女性引用:wear.jp

もう一つ区別がつきづらいのが、ボトルネックです。
ボトルネックは、瓶の口のように、首に沿って低めに立ち上がった形状の襟を差しています。

折り返さず、短めの立ち上がりが特徴で、首の面積の大半を覆うハイネックと比較すると、首元の露出が多いので、スッキリと大人っぽい印象で着こなすことができます。

秋冬コーデに必須の「○○ネック」⑤クルーネック

ニットを着た女性引用:wear.jp

良く耳にするクルーネックは、直訳すると「丸首」です。

様々なネックデザインのトップスが存在していますが、最も多いのがクルーネックといわれています。

カジュアルコーデの定番のデザインなので、秋冬コーデでも出番が多くなること間違いなしです。