実は逆効果かも!?冬の乾燥対策にやりがちなNGなこととは?

BEAUTY

特に乾燥が気になる季節である冬は、色々と対策をしている方も多いはず。
でも意外とやってしまいがちなことの中に「実は乾燥対策としてNGなこと」が色々あるんです!
今回はついついやってしまいがちなNGポイントをご紹介します。

冬の乾燥対策で実はNGなこと①高めの温度のお湯につかる

お風呂引用:www.shutterstock.com

寒い冬は、一層お風呂が気持ちよく感じるもの。

お風呂にきちんと浸かって身体を温めるのはとても大事ですが、お湯の温度を高くしすぎてしまうのはNGなんです!
熱いお湯に長時間浸かってしまうと、お肌が乾燥してしまうことがあるからです。

なのでお風呂のお湯の温度は少しぬるめ(38℃前後くらいが目安)にするのがおすすめですよ。

冬の乾燥対策で実はNGなこと②ハンドクリームやリップクリームを過剰に塗る

リップクリーム引用:www.shutterstock.com

ハンドクリームやリップクリームなど、保湿系アイテムは乾燥対策に大活躍します。

でも、だからといって塗りすぎてしまうのはNGです。

保湿系アイテムは、たくさん塗れば良いというものではないんですよ。
なのでそこまでたっぷり塗りすぎる必要はありません。

適量塗ればそれで十分です!

冬の乾燥対策で実はNGなこと③日中の乾燥対策に化粧水だけを使う

ミスト引用:www.shutterstock.com

冬は日中お肌のカサつきが気になったときに、ミスト化粧水などで保湿する方も多いはず。

でも化粧水のみで終わらせるのは、実はNGなんですよ。

ミストローションなどの化粧水だけの使用だと、水分が蒸発してしまい、逆に乾燥が気になってしまうケースも……。
なので日中であっても保湿したい場合は、化粧水後にクリームやオイルなどで「蓋」をしてあげるようにしましょう!

冬の乾燥対策で実はNGなこと④高価なスキンケアアイテムをちょこっと使う

スキンケア引用:www.shutterstock.com

スキンケアアイテムは「適量」使うことが非常に大事なんです。

なので高価なスキンケアアイテムをケチケチ使うのはNG。
お高いものをちょっとずつ使うくらいなら、プチプラアイテムを惜しみなく使う方が◎

乾燥が特に気になる冬は気合を入れて高めのスキンケアアイテムを使いたくなるかもしれませんが、無理はしない方が良いです。

お肌のケアを継続してしっかり行うためにも、スキンケアアイテムは無理のない価格帯のものを選ぶことをおすすめします!

 

冬にやってしまいがちな乾燥対策NGポイントをご紹介してきました。
正しい乾燥対策をして、乾燥が気になる冬を乗り切りましょう!