効果半減かも?ハンドクリームの正しい塗り方をCHECK!

BEAUTY

手は年齢を表すといわれているからこそ、日々のハンドケアで若々しくしっとりした手を保っていきたいですよね。
そのためにはハンドクリームが欠かせないという女性が多いかと思いますが、その使い方では効果が半減してしまっているかもしれませんよ。
そこで今回は、意外と知らない効果的なハンドクリームの塗り方をご紹介します。

効果的なハンドクリームの塗り方①最初に手のストレッチをする

女性の手出典:www.shutterstock.com

ハンドクリームをいきなり塗るだけではせっかくの効果を引き出すことができません。
正しい塗り方をする前に、まずは手のストレッチをしましょう!

手の甲や手のひらをぐーっと伸ばしたり、手首を回したりする簡単なストレッチでOK。
軽くストレッチをするだけで手の血行を良くすることができ、ハンドクリームの成分も浸透しやすくなるそうですよ。

効果的なハンドクリームの塗り方②化粧水を浸透させる

化粧水を持つ女性出典:www.shutterstock.com

効果的なハンドクリームの塗り方としてここ最近注目されているのが、ハンドクリームの前に化粧水を浸透させることです。
普段使っている化粧水でいいので、軽く手のひら全体になじませてみてください。

化粧水を先に使うことで浸透力をアップさせてくれるんだとか♡
導入化粧水と同じで次に使うアイテムの通り道を作ってくれるようです。

保湿力もアップするそうなので、外出時はミスト化粧水を吹きかけるなどしてケアしてみてください。

効果的なハンドクリームの塗り方③適量を手全体に塗る

ハンドクリームを塗る女性出典:www.shutterstock.com

ここでやっとハンドクリームを手のひら全体に塗っていきます。
大切なのは、適量を出すこと。

チューブタイプであれば3~4cm、缶タイプであれば1.5~2cmを目安にするといいですよ。

そして両手をこすり合わせるように温めながらハンドクリームを塗っていくのが正しい塗り方です。
温まればハンドクリームの伸びも良くなりますし、浸透力の効果を高めることも期待できます。

効果的なハンドクリームの塗り方④指一本一本に塗り広げる

花と女性の手出典:www.shutterstock.com

手の甲を優しく押さえるようにプレスしてハンドクリームの成分をしっかりなじませたら、次に指一本一本にも丁寧に塗っていくのが効果的な塗り方です。
両手の指を組んで上下に滑らせるようにしてハンドクリームを伸ばしたら、片手でもう片方の指を一本ずつ掴み、根本から爪先に向かって滑らせましょう。

すべての指で繰り返せば終わりです。
このとき、爪の根本を軽く揉めばネイルケアも同時に行うことができますよ。

効果的なハンドクリームの塗り方⑤寝る前であれば手袋をする

クリームと女性の手出典:www.shutterstock.com

ハンドクリームは、基本的に乾燥が気になったときだけでなく、水仕事をした後や手を洗った後に使います。
そして寝る前に使う女性も多いでしょう。

寝る前にハンドクリームを塗るのであれば、効果を引き出すために手袋をするのがおすすめです。
手袋は、通気性の良い綿かシルクのものを選ぶとGOOD。
翌朝になればとってもしっとりしているので、ハンドクリームの正しい塗り方による効果を実感することができますよ。

 

効果的なハンドクリームの塗り方をご紹介させていただきました。
乾燥が気になる女性は保湿成分がたくさん配合されたハンドクリーム、美白ケアをしたい女性は美白成分が配合されたハンドクリームを選ぶのがおすすめです。
冬になると温感タイプのハンドクリームも出るので、好みに合わせてハンドクリームを選び、正しく使っていきましょう♡

[related][/related]