ウィンタースポーツこそ可愛く!スノボをするときの冬メイクのポイント

BEAUTY

冬になると、スノボやスキーといったウィンタースポーツが楽しみになりますよね。
ゲレンデに行く機会も増えるかと思いますが、そのときのメイクはどうしていますか?
ウィンタースポーツは時に出会いの場になったり、気になる彼との距離を縮めてくれたりするので、ウィンタースポーツを楽しむときこそ可愛くナチュラルなメイクに仕上げましょう!

mana yuki
mana yuki
2019.12.22

スノボをするときの冬メイクのポイント①保湿や紫外線対策をする

スキンケアをする女性出典:www.shutterstock.com

スノボやスキーなどのウィンタースポーツを楽しんでいるときは、真っ白な雪がレフ板代わりになって、いつもより3割増しで可愛く見えるんだとか!
ですが、メイク前の下準備を怠っていると、乾燥によってメイクが崩れたり、日差しによって日焼けしてしまったりすることがあるので要注意です。

まずは洗顔をしたら、化粧水やクリームなどで肌をしっかり保湿してあげましょう。
冬はただでさえ乾燥しやすいので、いつもより念入りにやるのがGOOD。

クリームで蓋をしたら、日焼け止め、もしくはUVカット入りの下地をトントンと優しく叩き込みましょう。
ムラになるのを防ぐため、少量を2回に分けてつけるのがおすすめです。
UVカット入りの下地を使う場合は、血色感が出せるようにピンク系のものを使うといいですよ。

スノボをするときの冬メイクのポイント②ファンデは気になる部分のみに使う

ファンデーションを塗る女性出典:www.shutterstock.com

日焼け止めやUVカット入りの下地をムラなく塗ったら、ファンデーションでベースメイクを仕上げていくのですが、冬のスノボメイクでは厚塗りNG!
厚塗りメイクは可愛さが半減してしまうだけでなく、メイク崩れの原因になってしまうことも。

ウィンタースポーツに欠かせないゴーグルやニット帽、ウエアなどが擦れて崩れることもあるので、ファンデーションは気になる部分のみでOKです。
目の下から頬にかけてや口周りなど、塗る部分を減らしてみてください。
ファンデーションではなく、コンシーラーで完成させてしまうのもおすすめです。

スノボをするときの冬メイクのポイント③アイメイクはナチュラル&落ちにくいものを

アイメイクコスメ出典:www.shutterstock.com

スノボやスキーなどをしているときは、ゴーグルが目元を守ってくれるかもしれませんが、擦れて崩れやすくなることもあるので、アイメイクもナチュラルに仕上げるのが基本です。

そして冬のメイクでは特別意識することはないかと思いますが、ウィンタースポーツ時は、汗や皮脂に強いウォータープルーフのような落ちにくいアイテムをセレクトしましょう。
パウダータイプは落ちやすいので、リキッドやジェルタイプのアイシャドウやアイライナーを使うのも◎

眉も落ちないように、アイブロウマスカラで丁寧に仕上げ、アイブロウコートなどを活用しましょう。

スノボをするときの冬メイクのポイント④チークやリップはほんのりプラス

メイクをする女性出典:www.shutterstock.com

スノボやスキーといったゲレンデで行うウィンタースポーツを楽しむ場合、真っ白な雪が肌に透明感を与えてくれる分、メイクの色が飛びやすくなるのでチークとリップで血色感をプラスしてあげることが欠かせないんです。
とはいっても、付けすぎてしまうと不自然になってしまうので、ピンクやコーラル系のチークとリップを全体のバランスを見ながらほんのりプラスすることのがポイントになります。

うるおい成分が含まれたクリームタイプを選ぶのがおすすめで、頬にも唇にも使えるものであればメイクの仕上がりに統一感も出せますよ。
薬指にとり、優しくトントンとなじませてみてください。

 

ウィンタースポーツのときに意識したい可愛いメイクのポイントをご紹介させていただきました。
冬といってもスノボやスキーをしていると身体が温まり、汗をかくこともあるのでがっつりメイクはせずにナチュラルを意識することが大切です。
ナチュラル&適度な血色感さえあれば、あとはゲレンデが可愛さを増してくれるので、ぜひご紹介したメイクを試してみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。