後ろ姿、大丈夫!?背中のセルフケアをぬかりなく♡

BEAUTY

自分ではあまり見えない部分なだけあって疎かにしがちな背中ですが、きちんとケアはできていますか?
自分では見えなくても他の人からしっかり見られているパーツなので、日ごろからしっかりケアしていきたいところ。
そこで今回は、セルフでもできる背中のケア方法をご紹介します。

mana yuki
mana yuki
2020.01.03

背中のケアはできてる?

笑顔の女性出典:www.shutterstock.com

背中は面積が広いのに、自分では確認しずらいパーツの一つ。
そのため、つい背中のケアが後回しになってしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし、周りの女性や男性は背中をよく見ることがあるようです。
肌を露出する季節になると、自然と背中に目がいってしまうようですね。

このとき、背中ケアがきちんとされていると、「素敵な女性」「美意識が高い女性」だと好感を持たれることが多いので、セルフケアでキレイな背中を維持していきましょう。

背中のセルフケア方法①適度にムダ毛処理をする

エステ中の女性出典:www.shutterstock.com

脇や脚などのムダ毛処理をするのと同じように、定期的に背中のムダ毛処理もした方が良さそうです。
とは言っても、見えにくい部分ですから自分でやるのは大変ですよね。

セルフケアをするなら、背中専用のムダ毛処理アイテムを使ったり、家族やパートナーに手伝ったりしてもらうことがおすすめ!

毎日行うと逆に肌を傷つけてしまいますから、週に1度のペースや体調の良いときにするといいですよ。

背中のセルフケア方法②洗い残しがないようにする

湯船に浸かる女性出典:www.shutterstock.com

毎日お風呂に入るとき、背中もきちんと洗っているでしょうが、洗い残しがないように注意する方は少ないのでは?
あまり気にすることがない背中の洗い残しですが、実は洗い残しがあると毛穴から菌が入り、背中ニキビなどの原因になることがあります。

特にシャンプーやコンディショナーは残りやすいので、頭→顔→体というように上から下へ洗っていくことを意識し、最後に体全体をシャワーでしっかり流すことが大切です。

セルフケアをするなら、背中を洗うときもゴシゴシ洗いには注意して優しく洗ってくださいね。

背中のセルフケア方法③保湿も忘れない

女性の後ろ姿出典:www.shutterstock.com

セルフケアをするなら、背中のムダ毛処理をしたときだけでなく、お風呂上りに毎回保湿することを心がけることも大切です。
顔と同じように背中も乾燥することがありますから、適度に保湿をしていきましょう。

背中を保湿することは難しく感じてしまうかもしれませんが、大判のコットンやキッチンペーパーに化粧水をたっぷり染み込ませ、ペタッとつければ簡単にパックすることができますよ。

パックをする場合は、5分ほどで取るようにして放置しすぎないようにしてください。

背中のセルフケア方法④適度に汗をかく

ヨガをする女性出典:www.shutterstock.com

適度に汗をかくことはデトックスに繋がり、背中のセルフケアにも効果的です。
たくさん汗をかくことでニキビの原因になりそうなイメージがありますが、毛穴が詰まることで背中ニキビを招くので、不要なものを排出することはとっても大切!

ウォーキングやヨガ、半身浴などで汗をかいたら、できるだけ早めに流したりふき取ったりして清潔さも保つようにしましょう。

背中のセルフケア方法をご紹介させていただきました。
背中は自分で確認しにくいからこそ、気づかないうちに荒れてしまっている可能性があるので、鏡で定期的にチェックする習慣をつけたいですね。
そして、美背中を作っていきましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。