二重顎になぜなるの?日常のあの行動が原因かもしれない!?

BEAUTY

ふとした時に気になる二重顎。
二重顎のままでは太って見えたり、たるんでいるように見えたりするので何とかしたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。
フェイスマッサージなどを取り入れるのもいいですが、まずは二重顎の原因になる行動を見直すことがおすすめですよ。

二重顎の原因になる行動①姿勢が悪い

本を読む女性引用:www.shutterstock.com

二重顎の原因になる行動で一番影響が大きいといわれているのが、姿勢が悪いということです。
ストレートネック=けい椎の湾曲不足が原因で二重顎になることが多いのだとか。

けい椎は本来、横から見たときにS字カーブを描くようになっているのですが、姿勢が悪いと骨がまっすぐになった状態になり、首の前に余分な脂肪が蓄積しやすくなるといわれています。
脂肪がただ蓄積されることもありますが、痩せているのに二重顎になっているのであれば姿勢の悪さが関係しているといえそうです。

二重顎の原因になる行動②スマホを長時間使用している

スマホを使用する女性引用:www.shutterstock.com

二重顎の原因として姿勢が悪いことを挙げましたが、悪い姿勢になりやすい行動がスマートフォンやパソコンの長時間の使用です。
デスクワークの方はもちろん、普段からスマホが手放せないという方の場合、つい下を見るような姿勢になっていませんか?

このような状態が続くと、顎に脂肪がつきやすくなるだけでなく、顔全体のたるみにも繋がります。
長時間使用することは控えたいものですが、使用するときはできるだけスマホを持ち上げ、正面を見たときと同じ高さで使用するように心がけるようにしましょう。

二重顎の原因になる行動③表情筋が衰えている

頬杖をつく女性引用:www.shutterstock.com

運動をあまりしていないという方も、二重顎になりやすいといわれています。
体全体ではなく、顎周り、表情筋、舌の付け根など、顔の筋肉を使っていないとどんどん衰えてしまいます。

衰えた筋肉はやがて垂れて二重顎の原因になってしまうので、普段から顎の筋肉を使うような行動を心がけることをおすすめします。
顎のトレーニングや顔ヨガ、食事のときはしっかり噛んで食べるなど、日常でできることを取り入れてみてください。

二重顎の原因になる行動④塩分などの摂りすぎでむくんでいる

お酒を飲む女性引用:www.shutterstock.com

塩分を取りすぎたり、お酒を飲みすぎたりした翌日は、顔のむくみに悩まされている方が多いのではないでしょうか?
実はこの行動も二重顎の原因になるんだとか。

顔がむくむことによってリンパの流れが悪くなってしまい、老廃物がうまく排出できなくなってしまうようです。
結果、その部分が膨れるので、二重顎のように見えてしまうそう。

むくみの放置は脂肪に繋がるともいわれているので、食生活に気を付け、血行やリンパの流れが良くなるような生活を心がけてみてください。

 

二重顎の原因になる行動をご紹介させていただきました。
ただ単に脂肪がついたのではなく、日常生活のちょっとしたことが原因で二重顎に繋がっている可能性があるので、普段の行動を見直してフェイスラインをすっきりさせたいですよね。
行っている行動があれば、ぜひ注意してみてください。