「色気」を演出できるヘアの定義って?一つでも意識して大人の女性へ

BEAUTY

色気のある女性は、男性はもちろん同じ女性から見ても素敵ですよね。
もしかすると、その女性は色気のあるヘアスタイルを取り入れているのかもしれません!
そこで今回は、女度を上げる「色気を演出できるヘアの定義」についてご紹介します。

色気を演出できるヘアの定義①緩やかな流れがある

かき上げバングのロングヘア出典:beauty.hotpepper.jp

色気を演出できるヘアの定義としてまず挙げられるのが、緩やかな流れがあることです。
ヘアスタイルに緩い動きがあるだけで、男性はドキッとしてしまうのだとか。

ゆるウェーブはもちろん、かき上げバングやフェザーバングなども色気を演出してくれるので、柔らかくて女性らしい動きを意識してつけてみましょう。

色気を演出できるヘアの定義②隙を感じさせる

お団子ヘア出典:beauty.hotpepper.jp

隙を感じさせるようなヘアも色気を演出するときに欠かせない定義だと言えそうです。
緩やかな流れだけでも隙を感じさせることができますが、もう少しちゃんとした隙があるとGOOD!

例えば、まとめ髪をしたときにおくれ毛をたっぷりめに残してみたり、うなじを大胆に見せてみたり、シースルー感を意識すると相手もドキッとしそうです。

色気を演出できるヘアの定義③髪にツヤがある

黒髪ロング出典:beauty.hotpepper.jp

色気を演出するなら、ヘアスタイルにツヤを出してみるのもいいですよ。
ツヤがある髪はきちんとお手入れがされていることを相手に印象付けることができるので、好感度が上がりやすいです。

さらに、ツヤを引き出すなら黒髪やダークトーンの方がアピールしやすいので、ヘアカラーに注目するのも◎
色気の定義を意識して髪にツヤを出すなら、暗めの色とセットにするといいでしょう。

色気を演出できるヘアの定義④ウェット感を出す

ラフなウェーブヘア出典:beauty.hotpepper.jp

最後にご紹介する色気を演出できるヘアの定義は、ウェット感を出すこと。
お風呂上りのような濡れ髪はとっても色っぽく、セクシーさを増すことができます。

ただ、ウェット感を出しすぎてしまうと、ギトギトした印象になってしまうので要注意!
ウェットヘア初挑戦の方は、セミウェットヘアあたりを意識してまずはセットするといいですよ。

 

色気を演出できるヘアの定義についてご紹介させていただきました。
色気のあるヘアスタイルって難しいイメージがありますが、ご紹介した定義を一つでも意識することで色っぽい女性に変身できます。
あとはそのヘアスタイルを自分のものにし、自信を持って街を歩いてみてください。