いつも「なんでもいいよ」はNG!彼からの質問に答えるヒント♡

LOVE

彼から「何食べたい?」や「どこに行きたい?」と聞かれたときに、つい「なんでもいいよ」とばかり答えていませんか?
いつも「なんでもいいよ」だと、さすがに相手も困ってしまうのでNGです!
今回は彼からの質問に答えるヒントをご紹介します♡

なんでもいいよはNG!彼からの質問に備えよう①食事

食事出典:www.shutterstock.com

「なんでもいいよ」と答えがちなのが、彼に「何食べたい?」と聞かれたときではないでしょうか。
特に食べたいものが思いつかないときは、つい「なんでもいいよ」と言ってしまいますよね。

でもいつもそれだと、相手も困ってしまいます。
なので毎回その解答だとさすがにNG。

「これが食べたい!」というものが別になかったとしても「あっさりしているものが食べたいな」のように、はっきりした回答じゃなくても良いので、答えるようにしてみてください。

それか「あなたは何食べたい?」と、彼に質問してしまうのも◎

なんでもいいよはNG!彼からの質問に備えよう②デートの場所

カップル出典:www.shutterstock.com

次にデートの行き先についてです。
デートで行く場所も次第に「なんでもいいよ」になりがち。

デートを重ねていくと、どうしてもネタ切れになってきてしまいますよね。でも、それは彼も同じです。

NGワード「なんでもいいよ」を言わないためには、デートで行きたい場所をリスト化しておくことをおすすめします!

時々「ここに行ってみたいな」と思うスポットを調べて、スマートフォンのメモなどに箇条書きにしておきましょう。
そうすると忘れないですし、デートの行き先に困ることも少なくなるはず♡

なんでもいいよはNG!彼からの質問に備えよう③会う頻度や連絡の頻度

カップル出典:www.shutterstock.com

付き合い始めたばかりのときは、会う頻度や連絡の頻度を決めることもありますよね。

そういうときも「なんでもいいよ」ではなく、自分の希望を相手に伝えましょう。

丁度良いと感じる頻度は人それぞれ違います。
しっかり彼に希望を伝えて、二人の考えをすり合わせていくことが大切です。

「相手に合わせるのでOK!」という場合は「なんでもいいよ」がNGというわけではないですが、できるだけ自分の意見を伝えるようにすることをおすすめします!

 

彼からの質問につい「なんでもいいよ」と答えてしまう方は、この機会に自分の意見を言う練習をしてみてください。
本当になんでもいいと思っているときに「あなたが好きなものでいいよ」というのはNGではありませんが、あまりにも自分の意見を言わないと、相手もつまらなく感じてしまうもの。
付き合い始めなどはなかなか意見を主張するのが難しいかもしれませんが、少しずつ慣れていきましょう♡