似て非なるもの?「パンツ」と「ボトムス」の違いを解説!

FASHION

今履いているズボンは、「パンツ」ですか?「ボトムス」ですか?
意外と違いが分からないパンツとボトムス、そしておすすめコーデを徹底解説します。
春コーデを考えるその前に……まずは知識を身につけたいですよね♪

ボトムスとの違いって?「パンツ」とは

春コーデの女性出典:wear.jp

パンツとボトムスは、普段の会話の中で同じ意味で使用していることが多いですよね。でも実はそれぞれの単語に違いがあります。

まず「パンツ」とは、足を片方ずつ包む、二股に分かれた衣服のことをさしています。

1980年代までは、パンツというと下着をさすことが多かったのですが、一流ブランドが長ズボンにパンツという商品名を付けたことから、一気に洋服をパンツと呼ぶ風習が広まりました。

パンツとの違いって?「ボトムス」とは

春コーデの女性出典:wear.jp

パンツとの違いが分かりづらい「ボトムス」ですが、これは下半身に身に付ける衣服の総称を意味しています。

つまり、ボトムスはパンツのことだけでなく、スカートのことも含めているということ!

ちなみに、ストッキングやタイツなどもボトムスに含まれます。

【マメ知識】ズボンの歴史は古い=ダサい!?

春コーデの女性出典:wear.jp

前述の通り、1980年代までは、パンツをズボンと呼ぶことが主流でした。もともと、「ズボン」という言葉が使われるようになったのは江戸時代末期で、明治時代から徐々に広まっていきました。

つまり、「ズボン」という言葉の歴史は古いことが分かります。ズボンは長い間メンズのファッションアイテムでした。

約100年前に、屋外作業用として女性が男性もののズボンをサイズ直しして着用したことがきっかけで、レディースのズボンが浸透していきました。
このような古い歴史があるからこそ、「ズボン」という呼び方が“古い”“ダサい”と思われがちなのです。

トレンドのボトムスはパンツ!2020年春おすすめのコーデ▶シアーシャツを合わせる

春コーデの女性出典:wear.jp

パンツとボトムスの違いが分かったところで、次にマスターしたいのは、2020年春のトレンドコーデ♡

2020年春は、透け感がフェミニンなシアーシャツに注目が集まっています。色気を感じる女性らしいアイテムだからこそ、ボトムスにはパンツを選んで、カジュアルダウンするのが◎

春らしいブルーのシアーシャツに明るいベージュのセンタープレスパンツを合わせたら、バッグとシューズにはブラックを選んで、コーデを引き締めると◎
バランス良く仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね。